fc2ブログ

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法。その9 何とか生き延びられる程度働いて、隠れひきこもりになる。

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、論外とします。が、今後提案予定の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、っていう方法も出てくるかもしれません。その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

*************************************

働くひきこもり、第3弾。

何とか生き延びられる程度働いて、隠れひきこもりになる。

これね、結構多いと思うんですよ。

潜在的ひきこもり、とか。
ひきこもり予備軍、とか。

絶対いると思うんです。

経済的にどーしても不可能とか。
家族を養わなくてはいけないから無理とか。
ひきこもりに対する世間の目が怖くてできないとか。

ある程度割り切れて、ある程度環境に恵まれて、今、実際にひきこもっている人よりも、
ひきこもりたいけれど、ひきこもれない人の方が、より危険だと思うんですよね。

隠れひきこもり型の人って、新型じゃない方の従来のウツ病になりやすいタイプに
多い気がするから。真面目で責任感が強い、タイプAみたいな。

本当にギリギリのところで生きていて、精神的にも経済的にも余裕がなく、
もう後がない、どうしようもないところまで追いつめられている人。
・・・いるだろうなあ。

そして、こういうタイプが行き着く先は、カルトやマルチ系の有料先生だったり、
最悪の場合は、自殺だったりする。

実情に個人差はあるだろうけど、本当に支援が必要なのは、ひきこもりたいけれど、
ひきこもれない人かもしれない。

このタイプが家族や同僚など、周りにいたら、要注意です。
「人生には休養も必要なんじゃない?」って話してみて下さい。

自分がこのタイプだと思う人は、速やかに、ひきこもりになるための別の方法を探しましょう。

ちなみに、ひきこもりになる為の方法として有効じゃないなら、書くなよって言われそうですが、
短期間、移行期として活用はオススメなんです。

バリバリの働き人から、一気に100%ひきこもるよりも、移行期間を挟んだ方が、
スムーズにひきこもり生活を始めることができると思うので。

それと、やっぱり注意喚起ですよね。

必死で外面だけ取り繕って、ずっと隠れひきこもりでいるなんて、絶対無理ですから。

このタイプ、間違いなく多いはずです。
残念ながら、今後、ますます増えるはずです。

フツーの生活に意地になってしがみつかずに、ひきこもりになる方法を、
複数試してみて欲しいなと思います。手遅れになる前に。

優雅で快適なひきこもり生活を実現するためには、いろいろな方法を併用する。
これ、基本です。

今回のまとめ。
ひきこもりになる方法 その9 何とか生き延びられる程度働いて、隠れひきこもりになる。

長所・・・表面上はフツーに働いている一般人なので、世間の目を誤魔化せる。
短所・・・「ひきこもり」になりたくてもなれない人は、ギリギリまで追い詰められた時に、
     極端な行動に走りやすい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>鍵コメ さん

確かに、定職を離れると、いろいろと考えたり、学んだりすることがあると思います。
お互いボチボチ生きていければいいですね。

コメント有難うございました。

No title

はじめまして。
「何とか生き延びられる程度働いて、隠れひきこもりになる」私の事ですわ。事情があって快適な正社員の職を離れ見知らぬ土地でささやかに働いて知人がいないのでプライベートはひきこもっています。消費活動を削れば収入を得るために自分の時間をそんなに犠牲にしなくても…。(玄米を食べてりゃおかずは少なくても…。)
私達のような消費行動をとるものをサイレントテロというらしいですが、別に意図的にもくろんだというよりは長引く不況と雇用環境の悪化、社会の相互信頼の崩壊により、喰うか喰われるかで喰うのも喰われるのも堪忍と修羅場から生息場所を移したら『テロ』だった!?
今、凄い地震、人生一寸先はわからへんね…。

No title

>ぽめらにあん さん

はじめまして。

食べる量を減らして、消費を縮小すれば、収入が少なくたって、何とか生きていける
と思うんですけど、世の中、お金がないと幸せになれないと信じ込んでるヒトが多いですから・・・。

ただ質素に、ひっそりと暮らしてるだけなのに、「テロリスト」扱いされちゃうなんて
もう滅茶苦茶ですね。

地震の被害が大きくならないことを祈りつつ・・・。

コメント、有難うございました。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる