スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯磨き粉はもう買わない。手作り歯磨き粉のすすめ。

ほとんどの人が毎日使う歯磨き粉。

一体何が入っているんだろう?と思って出会ったのが
このサイト。
http://www.genkimura.info/hamigakiko.htm

正しい歯磨き粉の選び方とかが書いてあるんだけど、
入っていないほうがいいもの、として挙げられている
ラウリル硫酸ナトリウム。
市販の8~9割の歯磨き粉にこの成分が入ってるって
どういうことよ?
合成界面活性剤で発がん性も証明されている・・・って。
つまり毒じゃん!

ということで、時間だけはたっぷりある「ひきこもり」
ですから、私。調べましたよ。手作り歯磨き粉。
そして参考にしたのがこのサイト。
http://www.carati.jp/body.html

続いて某ネット通販で、手作り歯磨き粉のベースとなる、
ベーキングソーダとカオリンクレイを注文。
あと、塩とかドライハーブ、精油、スパイスは
すでに家にあるのでOK。

早速作りました。「歯が白くなる セージとミントの歯磨き粉」
使い始めてそろそろ2ヶ月ですが、全く不都合はありません。

泡立たないのも慣れれば別に平気だし。
歯を磨いた後は、それなりにスッキリするし。
特に口臭がきつくなったとかもないし。
(↑多分。あんまり人に会わないからわからないけど。)

うん。満足です。歯磨き粉はもう買いません。

スポンサーサイト

市販のきなこはもう買わない。手作りきなこのすすめ

きなこ。好きなんですよ。
あの香り。ほっこりする懐かしい味。
しかも健康にもいいらしい。

「きな粉には食物繊維が多く含まれているため、便秘改善に役立つ。
また粉にすることで消化が良くなり、大豆の栄養素を効率的に
摂取することができる。他にもカルシウム・マグネシウム・
カリウム・リン・鉄などのミネラルが多く含まれている。
その利便性から、近年ではプロスポーツ選手も牛乳に溶かすなどして、
よく摂取している。」

ウィキペディア きな粉 より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%81%AA%E7%B2%89


そして原材料は大豆。大豆こそ美味しくて身体にいい代表食品。

「大豆は低カロリーながらタンパク質やカルシウムを多く含むため、
栄養源として重要である。さらに大豆に含まれるイソフラボンは
弱い女性ホルモン作用を示すことから骨粗鬆症や更年期障害の
軽減が期待できる。」

ウィキペディア ダイズ より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%BA

きな粉、大好き!大豆、最高!
それなのに、きな粉のストックが切れていた・・・。
外に買いに行くのは嫌だし。ネットで注文すると時間がかかる・・・。

丸い乾燥大豆ならあるけど・・・。
よし、自分で作っちゃえ!
で、見つけたのがこのサイト。
「男の趣肴」のきな粉レシピ
http://www.ajiwai.com/otoko/profile.htm

いざ!作業は面倒だけど、意外に簡単。
そして、何より、うまい!!
市販のきな粉より断然味わい深いのです!!!

調子に乗って、ミルサーかコーヒーミルが欲しくなる
くらい、うまい。
朝のカフェオレに入れて飲むと本当に美味しいし、
もう市販のきな粉には戻れないかも・・・。

って言うか、市販のきな粉はもう買わない。
だって自分で作ったほうが旨いんだもん。





スーパーの「もやし」はもう買わない。自家栽培のすすめ

なるべく買い物に行かずに、新鮮な野菜・果物を食べたいと思ったら、
やっぱり自分で作るのが一番だと思う。

でも、庭や少なくても日の当たるベランダがないと何も育てられない
だろう。しかし、何もなくても、空き容器さえあればできる野菜が
あった!

それが、もやしである。いつも利用するオーガニック食品のネット通販の
お店で、緑豆(スプラウト用)というのを見つけた。500gで約230円
スーパーで買うのが35円とか40円とかだとして、7袋分くらい作れれば
元が取れる訳だけど。その位は十分ありそう。

それよりも、買い物に行かなくていい。添加物や漂白剤の心配もない。
超新鮮なもやしが食べられる喜び。もやしってこんなに美味しかったんだあ。
と再発見。味があるのよ、味が。

出来立て(?)のもやしをオリーブオイルとにんにくスライスで炒めて、
粗引き胡椒とタバスコなんかで和えた”もやしのペペロンチーノ風”。
これだけで立派なおつまみですよ。超うまい。

しかも、もやし栽培って、すごく簡単。豆を洗って、水に一晩漬けて、
水を切って、薄暗い所に置いて、一日一回水で洗って、3日か4日で食べられる。
たんぱく質やビタミンCも豊富らしい。もやし、最高。

市販のもやしは、もう買わない。

宅配ピザはもう買わない

ピザが無性に食べたくなった。
でも、電話かけるのさえ面倒くさい今日この頃。

自分で作ることにした。
(参考サイト COOKPAD http://cookpad.com )

すごいたくさんレシピあるし、あんまり難しくなさそう。
で、作った。食べた。・・・。 うまいじゃないか!

なんだ、ピザってこんなに簡単にできるのか!
びっくりした。

台は小麦粉と水とイーストと塩と油。
乗せる物はなんでもOK。
ケチャップとチーズだけでもうまかったっすよ。

って言うか、宅配ピザ、なんであんなに高いんだ?
原材料の値段を推定で計算してみた。
・・・。目が点になった。
ぼった栗だー!!!と、一人で叫んだ。

ということで。
宅配ピザはもう2度と買いません。


トイレ消臭剤はもう買わない。手作りスプレーのすすめ。

洗髪は湯シャンだし、衣服は洗濯ボールで洗うし、
日常的に人工香料を嗅がない生活してると、たまに
外に出て、柔軟剤の匂いバリバリの服着てる人とか
脇シューや香水の匂いぷんぷんの人とすれ違うと
思わずウェーってなっちゃう。

有名な室内の匂い消しファ○リーズとか、置くだけで
いい匂いがするヤツとかも、もう無理です。

でも、トイレの後とか、ちょっと臭いかもって時はある
ので、例によって調べてみました。

まず、トイレで大をした後は、マッチを擦ると嫌な匂いが消える
ということで早速トライ。

結果→十分許容範囲な感じ。

その上、さらにエッシェンシャルオイルでスプレーを手作りして
シュッシュとすれば、完璧。

色々レシピがあるようだけど、私は適当。スプレーの瓶に、
エタノールにユーカリとかティートゥリーとかの殺菌作用があるオイルと、
柑橘系のオイルを混ぜて、精製水で割ってシャカシャカ振って完成。

簡単で、安全で、毎回スプレー缶を買って、なくなったら穴あけて
つぶしてゴミに出して、って手間も省けるし、お金もそんなにかからない。
一石四鳥ですよ。

トイレ消臭剤はもう買いません。

コーヒー・紅茶はもう買わない。自家製ハーブティーのすすめ。

コーヒーって、何となく大人な飲み物で、仕事のできる人の
必須アイテムっぽいイメージがある。

でも、南米やアフリカなどの原産地では、生産者が不当に
搾取されていたり、大規模なプランテーションで生活が
脅かされていたりもする。

なので、フェアトレードコーヒーなるものも、何となく
偽善者的な匂いを漂わせながら出現し、疑うことを知らない
ちょっとお馬鹿だけど、根は善良な人たちに割高な値段で
売りつけている。

紅茶も、何となく女らしくて、外国っぽいハイソで優雅な
イメージがあって、なんちゃってセレブ気分を味わうのに
役に立ってたりする。

でも、パックの紅茶は超過剰包装だし、タバコもそうだけど、
乾燥葉モノは、何か混ざってそうで怖い。だから、オーガニック
の紅茶を探すけど、オーガニック紅茶って大半は中国製。

中国製の無農薬?アメリカ製のダイエット食品と同じくらい
信用できない。(本当に効果があるなら、いつまでも肥満大国な
訳ないじゃん?)

フェアトレードとかオーガニックとか、悪いとは言わないよ。
大量生産・大量消費で超低品質のクズよりマシだと思うし。

でもねえ。なるべく資本主義から距離を置きたい、ひきこもり
は考える訳ですよ。コーヒーとか紅茶、本当に必要なのかって。

実際、出来合いの惣菜とか、インスタント食品とか、コンビに弁当
とか、香料や保存料たっぷりモノを食べてた頃は、コーヒーも
紅茶も別に平気だった。(だって、働いてた時は自炊する時間なんて
なかったからね。)

なるべく菜食、豆食を心がけてる今、まあ、動機の半分以上は
買い物に行くのが面倒、とか、貯金切り崩しでお金がない、とか
なんだけど。いや、もちろん健康も大事だと思ってますけどね。

身体が、コーヒーや紅茶を求めなくなったんだよねえ。不思議。
替わりに飲んでるのが、ハーブティー。
ベランダで育ててるミントやセージ、タイムなんかのハーブを
ちょっと摘んで使ってる。

無農薬、フードマイレージ・ゼロ、使ったハーブはコンポストに
混ぜるのでゴミもゼロ。

あれ?ひきこもりって不健康で反社会的な存在なんじゃなかったっけ?

私、働いてた頃よりも、ストレスフリーで健康だし、ゴミの減量やら
省エネにも貢献しちゃってる・・・。

ヘルシーでエコな「ひきこもり」って、どうよ?

まあ、いいや。

とにかく、もう、地球の生態系を破壊し、誰かの労働力を
搾取して作られ、しかも膨大なエネルギーを浪費して運ばれてくる
コーヒーや紅茶には関わりたくない訳ですよ。

なので、コーヒー・紅茶はもう買いません。

個別パックのヨーグルトはもう買わない。手作りのすすめ

1.いかにゴミを減らすか。
2.いかに無駄な出費を減らすか。
3.いかにに外出の機会を減らすか。

ただいま、「3減キャンペーン実施中」です。

わたし、エコロジーでエコノミーなダブルECOを目指す、ひきこもりです。
ちなみに、キャンペーンに参加してるのは、わたしひとりですが、何か?

もちろん1よりも2の方が、2よりも3の方が重要かつ切実です。
出来るだけ人に会いたくない、貯金切りくずしのひきこもりですから。

わたし、一日一回ヨーグルト食べます。ヨーグルト。身体にいいですから。

でも、1リットルパックは食べきれないし、1人分の個別パック
は割高で、ゴミもたくさん出るじゃないですか。
だから、3減キャンペーン中は毎日ヨーグルト食べるのを止めようか
と思ったんです。

でも、ヨーグルトには整腸作用や、免疫力を高める働きがあるそうです。
わたし、ヘルシーなひきこもりですから。
便秘になって病気になるのは働いてた時だけで十分。
もう、こりごりです。

そこで、例によってネットで調べてみました。
わたし、今は、時間だけはたっぷりある、ひきこもりですから。

なんと、ヨーグルト。手作りできるじゃないですか。
ヨーグルトメーカーとか、訳のわからないものも不要です。
わたしが見つけたのは、炊飯器の保温機能を使うレシピですが、
魔法瓶でもできるそうです。

500mlのミルク暖めて、40度になったら、市販のヨーグルトを
大さじ2混ぜて、炊飯器に入る容器に入れて、お湯を張った
炊飯器にセット。「20分保温して3時間オフ」を3回繰り返す。

時間と手間は多少かかりますが、そんなの問題ではありません。
わたし、ひきこもりですから。

できたヨーグルトの真ん中辺りを大さじ2、別に取って置いて、
次のヨーグルト作りに使えるようですが、2・3回が限度のようです。

ので、永久にヨーグルトを買わなくて済むわけではないのです。
ちょっとタイトル詐称です。ごめんなさい。

でも、なるべく賞味期限の長い、殺菌されてないプレーンのヨーグルトを
時々買うだけで、毎日のヨーグルト生活を続けられるわけです。

ゴミも減るし、節約にもなるし、ヨーグルトがなくなったからって
買い物に行かなくても済むし。
ひきこもりの、3減キャンペーン、大成功。です。

ひきこもり、ひきこもりって、敢えてリピートしました。
耳障りでごめんなさい。

でも、わたし、ひきこもりな自分が大好きなんです。
今のひきこもり生活が、とっても幸せなんです。

それでは、また。

市販のゼリーはもう買わない。手作り寒天大作戦のすすめ。

暑い日は、つるんとした口当たりのいい、ちべたい物が
食べたくなりますよね。

でも、スーパーとかコンビニのゼリー。高いですね。
いろいろ訳のわからんモノも沢山入ってますね。
個別パックはゴミにもなりますね。
もちろん買いに行くのも面倒です。

はい、自分で作りましょう。
日本には、寒天という優れた食品があります。
カロリーは低く、繊維が豊富。
美容と健康に最適ですね。

私の作り方は例によってテキトーです。
200mlの果汁100%のジュースにティースプーン半分ほどの
粉寒天を混ぜて、火にかけて、3分くらい混ぜ混ぜしながら
煮溶かして、カップに入れるだけです。常温ですぐ固まります。

あっと言う間です。本当に簡単です。誰でもできます。

どこかで誰かの労働力を搾取して作ったかもしれない工場で、
大量に生産された、心のこもってない市販のゼリーより、
おいしいです。

お中元・お歳暮なんかで見かける、なんとかの名店、とか、
有名ブランドのゼリーも、所詮、ゼリーですから。
なんで、あんなに高いのか意味不明です。

無添加・無着色。手作りのおやつ、身体、一番喜びます。

ちなみに200mlで、私のおやつ2食分です。
どっちが安くて、安全か?
計算するまでもありません。

ジュース寒天が一番簡単ですが、豆乳あずき寒天とか、芋羊羹風寒天とか、
フルーツヨーグルト寒天とか、ココア寒天とか、いっくらでも
バリエーション可能です。

一家に一袋、粉寒天を常備しましょう。
エコでヘルシーな、ひきこもり生活、万歳。
市販のゼリーに、さようなら・・・。




カ○ピスはもう買わない。手作り乳酸菌飲料のすすめ。

暑い夏に、冷たいカ○ピス。いいですねえ。
カキ氷のシロップにしても、ソーダ割りにしても、おいしいですよねえ。
ワタシ、あれ、子供の頃、憧れてましたね。

ウチはびんぼーでしたから、そんな洒落た物なくて、友達の家に遊びに行った時、
初めて飲んだんですね。そこのお宅では、お中元にもらったとかどーたらこーたら。
ウチには縁のない話でしたけど・・・。

で、小さかったワタシは思った訳です。お金がいっぱいあれば、
こんな美味しいものが飲めるんだぁ、と。

今、ひきこもりで、お金はいっぱいありませんが、
カ○ピスもどきは好きなだけ飲めるようになりました。

なぜか?自分で作っちゃえるからです。
もちろん、似非カ○ピスですけどね。十分美味しいです。
レシピサイト万歳。
クックパッドで見つけました。
http://cookpad.com/recipe/374934

ワタシ、これの半分量で作りますけどね。
寒天ゼリーにしたり、ホットで飲んだり、本当に便利です。

これ程ネットが発達して、情報があふれていなければ、
買わなきゃ手に入らない、と思い込んでたモノ、たくさんあります。

でも、実は自分で作れちゃうんですね。
もちろん、完璧じゃないですけど、手軽さと安全さが手に入って、
しかも、節約になるんですから。

エコで、ヘルシーで、手作り大好きな、ひきこもりでした。

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

市販のドレッシングはもう買わない。自家製シーザードレッシングのすすめ。

玉さま、お忙しいみたいですね?
課金ブログでがっぽり稼いで、トンズラなんてコトはないですよね。

折角、ポータルサイト作ったのに、更新されてなくて残念です。
キチ○イ集団のブログを更新情報から、ピックアップしてお散歩するのが
楽しみだったのに。また、再開してくれることを願ってます。

ひきこもりになって、外食もあんまりしなくなって、普段割りと
質素な食生活ですけどね、たまにはオシャレなモノも、食べたくなったり
するじゃないですか。

イタリアーンな横文字系ね。

単純なワタシ的にとっては、イタ飯と言えば、

シーザードレッシングのサラダとトマトソースのパスタ。

え?ダメ?十分でしょ。

昔は、シーザードレッシングとか、レストランに行かなきゃ食べれないものだと
思ってましたよ。

スーパーで瓶詰めを見つけたときには、これで家でも食べられると喜んだものですよ。

今や、自分で作ります。本当に、ネットって便利。作り方とか、本当に何でも
見つかるじゃないですか。

食べるラー油とか、流行ってるみたいですけど、数日後には、自分で作る為の
レシピ、上がってましたし。情報を共有する力って言うんですか?すごいですねえ。

と、言うことで、今日のお題は、シーザードレッシング。
ウチは、なんちゃってレシピで十分なので、

カレースプーンに1杯分の、マヨネーズとヨーグルト
カレースプーンに半分の、レモン汁とオリーブオイルと蜂蜜
さらに、おろしにんにくと粉チーズと塩胡椒を適量加えて混ぜるだけ。

超簡単。でも、美味しいですよ。

水菜とかルッコラとか、ちょっとクセのある葉物が合いますね。
ウチでは、ベランダで育ててる二十日大根と、自家製の貝割れも一緒に
トッピングしますけど。

そうだ、ベランダ栽培とかスプラウト栽培の話も今度しましょうね。
あ、もやしについてはもう書きましたっけ?

ヘルシーでエコで、幸せなひきこもり生活。
とっても豊かで、気づきに満ち溢れてるので、
書きたいネタがありすぎて困っちゃいますね。

でも、ネットばっかりだと、肩凝るし、目が疲れるので、
ぼちぼち、のんびり、更新しますね。
仕事じゃないわけですから。

では、また。

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

出来合いのパスタソースはもう買わない①。簡単トマトパスタのすすめ。

なんちゃってシーザードレッシングのレシピを載せたのでね。
イタリアーンの続きも書いちゃいましょうね。

パスタソース、出来合いのもの、インスタントなもの、いろいろありますね。
値段も味もピンきりで、どれにしようか迷うほどです。
ワタシも、昔はいろいろ常備してました。
便利ですからね。

でも、何が入ってるかわからないし。
ゴミも出るし。
買い物にも行かなきゃいけないし。
できるだけ節約したいし。

3減キャンペーン実施中のひきこもりと、出来合いのパスタソースは相容れないようです。

なので、自分で作ります。

ワタシ、昔はね、パスタは大きなお鍋で、たっぷりのお湯で茹でるのが一番と思ってました。
っていうか、実際それが正しいんでしょう。

でもね、ウチ、レストランじゃないですし。
ワタシ、シェフじゃないですから。

そこそこ美味しくて、簡単な方が有難いです。
と、言うわけで、パスタは圧力鍋一つで作ります。

まず、にんにくと玉ねぎのみじん切りを油で炒めます。

夏ならズッキーニやナス。冬ならキャベツやセロリを入れると美味しいですが、なくてもOK。
家にある季節の野菜を使えばなんでもあり、ということです。

ツナ缶かシーフードミックスかソーセージかベーコンか、どれか一つダシになるものを入れて、
フレッシュトマトをミキサーにかけたものか、トマト缶と水もしくはブイヨンを入れる。

しばらく煮込こんでパスタと豆乳もしくはミルクを入れる。冷凍のブロッコリーやカリフラワーが
あれば一緒に入れる。

ふたをして、圧力がかかり始めたら、パスタのゆで時間の半分火にかけて、火を止めて同じ時間待つ。
食べる時に塩と胡椒で味を調えれば完成。

スパゲッティでも出来ますが、ウチはショートパスタで作ります。4食分くらい作って、
なくなるまで毎日食べます。

あ、ワタシ、毎日同じ食事で平気な人です。
だって、その方が経済的にも、時間的にも、合理的でしょ?

サラダと具沢山パスタ。もしくは、具沢山パスタとデザート。

ヘルシーでエコで、簡単で美味しい。
ひきこもりレシピでした。

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

先丸靴下はもう買わない。5本指ソックスのすすめ。

前回、化繊のストッキングはもう要らない宣言した、ひきこもりです。

「じゃあ、何をはけばいいんだ?」って誰にも聞かれていませんが、
自分で突っ込んでしまったので、とりあえず答えることにします。

基本的には靴下です。
でも、靴下は靴下でも、5本指ソックスがおすすめです。

ワタシ、普段、5本指ソックスしかはきません。
もう何年になるんでしょう?
一度履き始めたら、あまりの快適さに、やめられなくなっちゃったんです。
普通の先丸靴下だと、指の間が気持ち悪いんですね。

なので、靴も靴下着用で履けるモノしか履きません。
まあ、ほとんど外出なんてしないんですけど。
春夏はスニーカー、冬はショートブーツです。

ちなみに、靴下の素材は絹が最高。
通気性に優れていて、夏涼しくて、冬は暖かい。
肌に優しいんでしょうね。
踵のガサガサもいつの間にか治ってました。

ワタシの数少ない贅沢品です。

靴下ではあまりオシャレできないのが玉に瑕ですが、
オシャレする必要なんてない、ひきこもりですから。

将来、もしどーしても着飾らなきゃいけない機会があったら、
その時は、絹のストッキングでもはきましょうかね。
それも、ガーターで留めるヤツだとセクシーでいいですね。

まあ、そんな予定、全くないんですけど。
どうせオシャレするなら、そのくらいしないと、ね?

肌にも健康にも優しくて、耐久性はイマイチだから、お財布的には微妙だけど、
天然素材で地球にも優しい絹の5本指ソックス、本当におすすめです。

身体と心が求めるものを自由に選ぶことのできる、
ひきこもり生活、万歳!

そうそう、前回の記事をアップした後、思いついたんですけど、
パンスト破りのプレイをしたいカップルなんかは
化繊のストッキングがなくなったら困るかもしれないですね。
これまた、ワタシには関係のない話ですけど・・・。


テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

市販のプリンはもう買わない。

突然プリンが食べたくなった、ひきこもり、です。

産地直送産みたてタマゴを入手したからです。
これで作ったプリンとか、おいしそーだなーって。
無性に食べたくなったんです。

でも、わざわざスーパーやコンビニには行きたくない、ひきこもりです。
はい、自分で作りましょう。

例によってレシピサイトで探しました。
本当に便利です。何でもあります。
あまりにも色々ありすぎて、一つのレシピを探すのにものすごく
時間がかかってしまうのが玉に瑕かもしれませんが。

で、見つけました。

牛乳240ml と タマゴ2つ と 砂糖大さじ3 をよく混ぜて
バニラオイルか、バニラエッセンスか、ラムかブランデーをちょと垂らして、
耐熱容器に入れます。ウチでは小さめのジャム瓶3つ分でした。
蓋付きの鍋かフライパンに瓶の半分くらいが浸かるくらいまで
お湯をそそいで、そーっと瓶を置いて、蓋をして、火にかけて10分。
火を消してそのまま10分放置。

書くと長いですが、超簡単です。
ぶっちゃけ、「え?プリンってこんな簡単にできるの?」
拍子抜けしました。

まさか、こんな簡単にプリンが出来る訳ないっしょ・・・とちょっと疑っていたワタシです。
ごめんなさい。

火を消した後、ちょっと忘れてて、20分くらい放置してましたが、ちゃんとできてました。

ついでに砂糖を焦がして、なんちゃってカラメルを作って、上に流せば・・・
お店で食べるようなプリンになりました。

そして、お味は・・・「美味いじゃないか!!」

誰だ、「プリンは買うものだ」ってワタシに教えたのは!!
答え・・・ウチのハハです。

誰だ、あそこのプリンがどーたら、こっちのプリンがどーたら、って講釈垂れて、
「やっぱりプロが作るプリンじゃないとね」って思わせてるのは!!
答え・・・マスゴミです。

これまでも、「食べたい!でも、外には出たくない!」という、生きるか死ぬかの瀬戸際(?)まで
追いつめられて、いざ自分で作ってみたら、意外と簡単に安くて、安全で
美味しいものができる、ということを発見してきたワタシ、ひきこもりです。

「ピザは買うものだ」、「ゼリーは買うものだ」、「ドレッシングは買うものだ」などなど、
「○○は買うものだ」という洗脳から解放され、今は何でも来い !って感じです。

大量生産・大量消費・大量廃棄のサイクルから脱出しよう!
脱洗脳できる、ひきこもり生活、万歳!

市販の梅干はもう買わない。アンズ干しのすすめ。

バレンタインと言えば、チョコレート。
あれ、洋菓子屋の陰謀らしいですね。
すっかり定着しちゃってますけど。

塩漬け果実と言えば、梅干し。
とにかく、梅干。
何ででしょう?
これも誰かの陰謀?

ウチはね、たまたま無農薬のアンズを入手できるルートが
あるので、梅の代わりにアンズを塩漬けにしてます。

ワタシ的には、別にフツーだと思ってたんですが、
あんまり梅干の話する機会もないし。

アンズ干しって、珍しいらしいですね?
大概、ものすごく驚かれます。

え?何で?
果実を塩漬けにして、酢があがって、しばらくしたら干して、
それだけでしょ?どーして梅じゃなきゃダメなの?

昔ながらの白米&梅干が好きな人にはイマイチかもしれませんが、
はちみつ梅干とか、練り梅とかが好きな人にはおすすめです。

アンズ干しって、梅干より、果肉が分厚くて、フルーティで、甘いので、
ドレッシングにしたり、パスタソースにしたり、チャーハンにしたりするには
最適です。

ちなみに、作るのも本当に超簡単ですよ。
紫蘇で色をつけないので、一次漬けとか、
本漬けとか関係ないし。

アンズの重量の15%から20%の塩と、焼酎かホワイトリカーを少々瓶に詰めて、
重石をして、酢があがってきたら全体が浸かるようにして、1週間から10日くらい
放置して、晴れた日に2日か3日干して、ウチの場合はまた酢の中に戻して、
冷蔵庫で保存。

簡単だし、味も十分美味しいし、もう市販の梅干とか買う気がしない。

脱構築中というか脱洗脳中のひきこもりにとっては、
なんで、みんな梅にこだわるのかがわからない。

生のアンズが手に入る方、ぜひ一度お試しください。

誰にも干渉されずに、好きなものを食べられる。
ひきこもり、万歳!

缶詰のあずきはもう買わない。乾燥豆貯蓄のすすめ①

いつ何が起こるかわからない、今日この頃。
多少、食料を蓄えておこうと思う人もおられるかと存じます。

ワタシ、ひきこもり歴数年の経験から言わせていただくと、
米より豆です。単にワタシが、あまり米を食べないからかもしれませんが。

豆をいろいろ活用できるようになると、買い物の回数を減らせる上に、
お財布にも優しいし、結構ダイエットにもなるようです。

豆乳やきなこにも変身する大豆はもちろん、
もやしになる緑豆、ヒヨコ豆にレンズ豆、金時豆なども便利です。

そして、今回のおすすめは、小豆。
作るのはもちろん、あんこ。

缶詰のゆでアズキもいいですが、美味しいものは高いし、場所も取る。
自分で作れば、250gの乾燥小豆から約900gのあんこができます。

250gの小豆をお米みたいに研いで洗って、下湯でを2分。再び洗います。
圧力鍋に水800ccを加えて、落し蓋をして、圧がかかってから15分。
火を消して、バスタオルに包んで一晩放置。
翌日火にかけながら、180gの砂糖を3回か4回に分けて、混ぜながら煮詰める。
汁が少なくなってきたら、適当なところで、塩少々振って完成。

月に一度作って、200gずつくらいに分けて冷凍しておけば、
毎週手作りあんこのデザートが楽しめます。

食物繊維にビタミン、ミネラルも豊富。

ジャムの代わりにヨーグルトと混ぜて食べても美味しいし、
牛乳と混ぜて冷凍すれば、アイスキャンディーになるし、
片栗粉と豆乳でブラマンジェ風にするもよし。
寒天で固めて、なんちゃって水羊羹にしてもよし。
ちょっと手を加えて、抹茶と小豆のパウンドケーキというのも美味。

それにしても、人間変われば変わるもんなんですね。
ワタシ、和菓子とか全く、興味なかったですから。

「どこそこのパティシエのケーキがぁ」とか
「コンビニの新作デザートがぁ」とか
「雑誌で紹介されてた、お取り寄せがぁ」とか

昔は、そんなのばっかりだったもんなぁ・・・遠い目。
まさか、自分であんこ練るようになるとは・・・。

ひきこもりになって、なるべく買い物に行きたくなくなって、
常温で長期保存できる食材に目覚めて、
しかも、できるだけ安くて、手作りで、簡単に、美味しいもの食べたいとか、
思わなければ、こんなに「あんこ大好き」にならなかったと思うんですけどね。

時間だけはたっぷりあって、ネットで好きなだけレシピ調べ放題の
ひきこもり、万歳!

パセリはもう買わない。

いろんなところで、田舎に移住だとか、農業に就けとか、言われてますね。
「夢は、自給自足」って人も結構多いんじゃないですか?

実際には、今すぐ仕事やめて田舎に住めないし。畑を買うお金もない。
都会のアパート暮らしじゃ、なかなか野菜なんて作れるもんじゃありません。

でも、諦めないで。

狭いベランダでも作れるものがあるし。
小さな植木鉢一つくらい、置く場所、作れるでしょ?

もちろん、それだけで食べていけないけれど。
「庭がない」「田舎に住めない」って愚痴ってるだけより、
ほんの少しでも、緑のある生活、始めましょうよ。

自分で育てて、自分で消費するのは楽しい。
命の循環を感じるっていうか、心から「いただきます」って気持ちになる。

今日のおすすめは、パセリ。
レストランとかお惣菜とかで、お飾りのように付いてる、パセリ。
プラスチックみたいで食べない人も多いですよね。

普段良く見るのは縮れたパセリだけれど、
ワタシが育ててるのは、平べったいイタリアンパセリ。

まあ、この子が雑草並みの生命力で、一度植えたら、
こぼれ種で、毎年生えてくる。しかも年々雑草っぽくなっていく。
生命力が強いんだろうなあって思う。

プランターを一つパセリ専用にしてるんだけど、
わさわさ育ってます。

お飾りや脇役じゃなく、バンバン食べてます。
イタリアンパセリは独特の香や苦味もそんなに気にならない。

パセリって、ビタミン、ミネラルを多く含む緑黄色野菜なんですよ!
サラダに入れるし、スープに入れる。
ハーブティーにするという手もある。

放置しても勝手に育ってくれる上に、美味しくて、栄養満点の万能選手。
見てるだけで元気になれる気がします。

できることから少しづつ。
パセリに癒される、
ひきこもり生活、万歳!

市販のジャムは、もう買わない。


ワタシね、ジャムって高級品だと思ってたんですよ。

どこそこのブランドのが美味しいとか、雑誌に「お取り寄せ」の記事が
載ってたりするじゃないですか。

旅行のお土産に、ジャムをもらって喜んでた昔のワタシ、お馬鹿ですね。

ジャムなんて、果物を砂糖で煮ただけのものでしょ?
生で消費しきれない果物を、保存できるように加工しただけのものでしょ?

そもそも、日本って、果物が高すぎると思う。
放置して実がなる木って、たくさんあるのに。
農家の人しか、果樹を植えてはいけないという決まりでもあるんだろうか?

しかも、ジャムにするなら、色も形も味も、テキトーで十分でしょ?

遠くの国から、船や飛行機で運ばれてきた、農薬たっぷりのフルーツなんて、
別に食べなくても生きていけると思います。
気候の違いで、日本では収穫できないものは仕方ないだろうけど。

庭がある人は、果物のなる木をどんどん植えればいいと思う。
日本中の山や空き地に、果樹を植えまくりたいくらいです。

国産のさくらんぼとか、桃とか、異様な値段の高級品ばかり出回ってるけど、
アレ、勝手に実がなる種類もあるらしいですよ。

柿とか無花果、林檎に梨、柑橘系の果物、栗や胡桃。
植えて放置したら数年後、いっぱい収穫できる木が沢山あるらしいですよ。

都会に住んでると「果物は買うもの」そう思い込んでますけど、
田舎に住んでても「果樹は専門の農家の人しか育てられない」と思ってる人多いようですが、
どうも、違うらしいです。

果樹を植えましょう。
季節の果物を食べましょう。
それが余ったら、自家製ジャムを作りましょう。

庭なんてなくて、近くに実のなる木もないなら、
自分の家では消費しきれないほど果物がなってる人を探して、分けてもらいましょう。
毎年、大量に収穫できるのに、全部消費できなくて、腐らせてる人、結構たくさんいるはずです。

もしくは、果樹農園とコンタクトをとって、規格外の形が小さかったりする果物を
箱で売ってもらえないか交渉しましょう。格安で手に入れられるかもしれません。

贅沢品っていうのは、どこかの有名ブランドの高級ジャムのことじゃなくて、
自分の家の庭で収穫した果物から、自分で作った、自家製ジャムのことなんじゃないか
と思う、今日この頃。

家の庭のほったらかし農法なら、無農薬の果物だろうし、自分で作れば保存料無添加。
費用も砂糖代+多少の光熱費のみ。

市販のジャムは、もう買わない。

果樹を植えまくる庭が欲しい。
ひきこもり、万歳。

市販のベーコンは、もう買わない。

ワタシ、野菜がメインの少食主義ですが、肉も食べます。
特に燻製した肉が、好きです。
ベーコンとか、リゾットやトマトシチューにちょっと入れるだけで、格段に美味しくなりますね。
固形ブイヨンとか必要なくなります。
CF. 肉は、ダシだ

スモークした肉があると簡単に美味しい料理が食べられるので、便利です。
でも、市販のスモークベーコンとか、スモークハムとか、あまり買う気になれません。
なんで、あんなにピンク何でしょう ?
肉以外の味、燻製以外の味が気になるのは、ワタシだけですか?

そこで、ワタシ、自分で固まり肉をスモークします。
スモークチップと鍋でもできますが、塊肉をスモークしたかったので、
簡単なスモーカーを段ボールで作りました。

温度調節できないので、本当に適当ですけど。
スモークサーモンみたいな冷燻はできないですけど。
ベーコンとかハムは、十分美味しいのが出来ます。

肉を塩漬けにして熟成させて、塩抜きして乾燥させて、煙で燻るだけ。
3ステップ、簡単でしょ?
4~5日かかりますけどね。

本当に、美味しいですよ。
小さく刻んで、小分けにして、冷凍しておけば、1ヶ月くらい平気ですしね。

ワタシ、別にグルメな訳でも、マメな訳でもないんです。
面倒くさいことはなるべく避けたい、へたれな、ひきこもりですから。
でも、仕方ないです。

安くて、安全で、美味しいものを食べたいと思ったら、自分で作るのが一番。
今、心からそう思ってるので。

毒は食いたくない。

ただ、それだけなんですけど。

ひきこもり、万歳。

ヘアケア用品は、もう二度と買わない。

ワタシ、洗髪はお湯だけです。シャンプーは使いません。
(cf.シャンプーはもう要らない。湯シャンのすすめ。

ワタシ、美容室には行きません。
髪はアタッチメントを付けたバリカンで自分でカットします。
(cf.床屋はもう要らない。セルフカットのすすめ。

湯シャン&セルフカットも、そろそろ1年。

これだけ馴染めば、前みたいにケアの必要なロングヘアには戻らないと思うので、
未練がましく取って置いたヘアケア商品、すべて処分しました。

まあ、出てくる、出てくる。ワンサカ出てきます。

シャンプー
リンス
コンディショナー
洗い流さないトリートメント
スカルプケア用のマッサージオイル
ヘアマスク
ヘアパック
ヘアエッセンス
ヘアコロン
ヘアクリーム
寝癖直しウォーター
スプレー
ムース
ジェル
ワックス
毛染め

カーラー
ヘアアイロン
ドライヤー
ウィッグ
バレッタ
シュシュ
カチューシャ
ピン
ゴム
ブラシ

よくも、こんなに集めたなあ、って、自分でも呆れるくらい持ってました。
スプレーやクリームなんて、用途別に複数あったりして。
スーパーやドラッグストアに行くと、膨大な種類のヘアケア商品がありますからね。

これまで美容院とヘアケアに費やしてきたお金と時間を考えると、気が狂いそうになりますが、
まあ、昔はワタシも、フツーに働いて、フツーの生活してたってことです。

それが、今や、プラスチックのクシが一本とバリカンだけ。

いくらシンプル・ミニマムが信条と言っても、捨てられないモノはあるし、
欲しいモノもあったりする。
完璧には程遠く、未だに、いろんな矛盾を抱えているけど、
ヘアケアに関しては、それなりに極めた気がします。

洗面所が本当にスッキリした。
バスタイムが短くなって、使う水の量も減って、
環境にも、もちろんお財布にも優しい。
髪の調子も悪くないし、別に頭皮も臭くない(ハズ)。

不要なモノ、無駄なモノ、捨てられるモノ、まだまだ沢山あるけれど、
少しずつ片付けていきたいです。

本当に必要なものって、実はそんなに多くないと、今は知っているから。
どれだけ沢山のモノに囲まれていても、幸せになれないと、今は知っているから。
荷物が減ると、身も心も軽くなるというのは事実だと、今は知っているから。

いろんな所で、いろんな事が画策されていて、キナ臭い空気が流れてて、
自分には何が出来るんだろうって考えたりもする、今日この頃。

まずは、自分の生活をできるだけシンプルにして、地道に足元を固めて生きたい。

とりあえず、ヘアケア商品は、もう二度と買わない。

ひきこもり、万歳。

ドライイーストは、もう買わない。天然酵母のすすめ。

これね、前々から書きたかったんですけど、
なかなかドライイーストから卒業できなくて、書けなかったんです。

「天然酵母」は果実や果汁などを培地とし、自然の力で育ちますが、
「イースト」は、サトウキビ等から砂糖を作った後の残り汁である廃糖蜜と
呼ばれる砂糖液に、リン酸塩や窒素、アンモニアや硫酸など複数の添加物を
加えて純粋培養されます。つまり、製造過程で化学物質が使用されるという事です。

だから、パンやピザには出来るだけ天然酵母を使いたいなあと思ってたんですけど、
レーズンや林檎、ヨーグルトや紅茶など、これまでひたすら失敗してるんですよね。

でも、最近また挑戦して、今回は結構うまくいっているので書いちゃいます。
相性とか、時期ってものがあるのかもしれませんね?

今、ウチにあるのは、フランボワーズとイチジク。

まだまだ安定してないし、好みの粉の配合も模索中だけど、
とりあえず、みんな元気です。

自分で起したオーガニックフルーツの酵母を使って、じっくり、じっくり発酵させた、
パンって、もっちりしていて、本当に味わい深いんですよねぇ。

日持ちもいいし、酵母が働くのか、日ごとに味が変化するのも、おもしろい。

自家製酵母、楽しいですよ。
生き物を育ててる感がお気に入り。

ドライイーストは、もう買わない。
手作り大好き、ひきこもり、万歳。

化粧品各種、もう二度と買わない。

ワタシ、化粧しません。
顔は水で洗うだけ、髪は湯シャン、
ボディーソープや石鹸類も使わない。
(cf.化粧品はもう要らない。「何もつけない」のすすめ

かれこれ1年になるので、髪に続いて、肌についても、ちょっと経過報告を。

拍子抜けするくらい、何の問題もありません。
多分、マメにお手入れしてた頃より、今の方が調子いいと思います。
カサカサしたり、痒くなったりしないし。

やっぱり、ムダ毛処理を止めたのがよかったのかも。
え?生えっぱなしですが、何か?
(cf.ムダ毛処理不要論

もう、美に関しては、シルクの手ぬぐい一枚あれば、十分だと
わかったので、これまで当たり前のように使っていた化粧品類、
全部処分しようと、部屋中探して回りました。

ヘアケア用品も、呆れるくらい沢山ありましたが、
まあ、化粧品も出てくる、出てくる。

次から次へと出てきます。
これまでも少しずつ捨てたりしていたのに、それでもまだある。

フェイスクリーム。
アイクリーム。
ボディークリーム。
ハンドクリーム。
リップクリーム。
ひじ・ひざ・かかと用クリーム。
無駄毛処理後用クリーム。

バスト用ジェル。
スリミングジェル。
ネイルオイル
ボディオイル。
化粧水。
美容液。
制汗スプレー。

全部、全部、もう要らない。

今、ウチの洗面所にあるのは、
歯ブラシと手作り歯磨き粉。
白色ワセリン。
シルクの手ぬぐい。

以上。

身軽になったわー、本当に。

これまで化粧品と美容に費やしてきた金額から年間出費平均を割り出して、
今後○年生きた場合、化粧品を全く買わないとしたら、
いくら節約できるか計算してみました。

ものすごい額になるんですけど。

少食の人が増えて、みんなが健康になってしまったら、
医者、病院、保険、医薬品関係、倒産するかもしれないなあ、と妄想してますが、
すっぴんの人が増えて、何もつけないでも美しくなってしまったら、
今度は、化粧品・美容関係にお勤めみなさんが、失業しちゃうかもしれないですね。

今の世の中、本当に要らないモノが多すぎるんです。

化粧品会社から、エコノミックヒットマンが送られて来ないことを祈りつつ・・・。

すっぴん、万歳。

白砂糖は、もう買わない。(できるだけ・・・)


白砂糖、止めた方がいいらしいです。

黒糖やきび糖と違って、何のミネラルも残ってない、ただ甘いだけの白砂糖。

毒にも薬にもならないなら、まだ許せますが、
この白砂糖、薬にはならないくせに、毒にはなるらしい。

血糖値を急激に上げたり下げたりするので、疲れやすくなるし、
体内のカルシウムやビタミンB1などを奪うし、白砂糖を毎日大量に摂取するのは
カラダにとって、ものすごく危険なことらしいです。

しかも厄介なのは、ほとんどの加工食品に入ってるって事。
お菓子やパンだけでなく、お惣菜や冷凍食品、ケチャップなどの調味料にも。

カラダに良いと言われる和食、基本の味付けは、砂糖と醤油と酒です。
ほうれん草のおひたしや根菜の煮物。一見ヘルシーですが、
スーパーやコンビニで買う、お弁当や出来合いのオカズに使われているのは
まず間違いなく白砂糖。値段も安いし、色も付かないから。

白砂糖を摂取したくないと思ったら、覚悟を決めて、自炊するしかないです。
ワタシ、料理には黒糖かきび糖、蜂蜜を使います。
だから、ウチの煮物のカブは、ちょっと茶っぽいです。

でも、タイトルにコッソリ(できるだけ)と書いたのは、ウチに白砂糖があるからです。

なぜかというと、ワタシ、プリンが好物でして。月に一度くらい食べたくなるんですよ。
特に、産直卵が届いたりすると、まずプリン、とりあえずプリン、プリン、プリン、プリン。
頭の中プリンでいっぱいになります。

で、プリンに欠かせないカラメルソース。
コイツがなかなか曲者でして、いえ、結構簡単に作れるんですよ。
白砂糖を使えばね。

一番最初に、黒っぽいテフロン鍋で、きび糖を使ってカラメルソースを作ろうとした時は、
悲劇でした。全然、目安がわからない。

ワタシ、一通り料理もお菓子作りもしますけど、別にプロじゃないので、匂いだけでカラメル
ソースを作れるほどの技術はありません。だから、プリン用に白砂糖置いてます。

月に一度しか使わないから、なかなか無くならないけれど、無くなったら・・・
また買っちゃうかもしれません。

ワタシ、基本は少食・菜食を心がけてますが、たまには肉も食べるし、お酒も飲むし、
白い砂糖も小麦粉も米も使います。

矛盾してるかもしれませんが、自分で作ったルールに、ガチガチに縛られるのは窮屈だし、
たまには、好きな物を好きなだけ、楽しんで食べればいいじゃないかと思うので。
たとえ、それが健康的でなくても。

パーフェクトなんて目指してないし、自分で自分を縛り付けたくない。
理論や建前で雁字搦めされて、身動きが取れなくなることの利点なんて思いつかない。
強いて言うなら、不自由な自由?
でも、ワタシは、もっと柔軟に臨機応変に対処できる人でいたい。

ワタシ、めちゃくちゃ矛盾だらけの人間です。
理論が一貫していなかったり、間違った選択をしたり、
矛盾した行動をとったり・・・。

そもそも矛盾だらけの社会に生きてる人間が、矛盾せず生きていけるわけない
と思うんですけどね。まったく矛盾してない人の方が、不自然な気がします。

誰しも、多かれ少なかれ、何らかの矛盾を抱えて生きているのではないでしょうか。

いい加減で、テキトーで。
でも、だから、生きていけるのかもしれない。
この矛盾だらけの世界の中で。

ひきこもり、万歳。

出来合いのお節は、もう買わない。

何か、大変なことになってたみたいですね。
某クーポンサイトから注文したお節。
スカスカだっけ?カスカスだっけ?

って言うか、ワタシ、出来合いのお節を注文する意味がわからないんですけど。
家で作る時間ないくらい忙しいなら、わざわざお節食べなくてもよくない?

そもそも、「専業主婦」っていう存在が多くの家にいて、その人たちが、
お年始をゆっくり過ごすために、日持ちのする酒のツマミを作り置きして、
それを詰めたものがお節でしょ?

昔は、仕事を休むのは正月だけ、酒を飲むのも正月だけって人も多かったらしいし、
そりゃ、年に一度のお節ぐらい美味しいもの食べても罰は当たらないでしょう。

けど、今や専業主婦なんていないし、正月にしか酒を飲まないなんて殊勝な働き人も稀。
それにもかかわらず、「お節」という贅沢で豪華な習慣だけ、伝統の継承なんて名の下に
ビジネス化してるのに違和感があるんだよねえ。

どーしてもお節を食べたいなら、年末にお節が作れる環境を整えるとか、一年間ひたすら
倹約して、工場で大量生産されたものじゃない、どこぞやの料亭系のお節を奮発するとかさ。

忙しいのも、お金がないのも棚に上げて、クーポンで半額叩き売りされてるお節を買うことに
何の意味があるの?

「心がこもってない代わりに、保存料、添加物、着色料、香料は、たっぷりサービス」
そんな、工場で大量生産されたお節、本当に食べたいですか?

人々の生き方も、生活の仕方も、考え方も、社会のシステム自体が変わってるのに、
ビジネスになるであろう「伝統」だけ守りましょうって言われても、ねえ?

受容すべきモノ、保存すべきモノ、変えるべきモノが、全部ぐっちゃぐちゃ。

パラダイム転換が必要であることを利用して、大衆をよくない方向に先導しよう
としてる人たちがいるような気がする。気のせいであるといいんだけど。

守られるべき大切なモノが守られず、保障されるべき最低限のモノが保障されていない今、
ただ単に金を巻き上げるための手段に成り下がっている、出来合いのお節を買う意味がわからない。

伝統を守るのも結構。
でも、今はもっと大事なことがあると思う。

スカスカのお節を買って食べたいと思わない。
ひきこもり、万歳。

化繊の「あったかインナー」は、もう買わない。

寒い日が続いているようですが、風邪などひいていませんか?
ワタシ?ワタシは、家でぬくぬくしてるだけの「ひきこもり」なので
いつも元気です。

さて、冬になると毎年出てきますね?手を変え品を変え、アチコチの
メーカーから「新開発」とか「新技術」とか言いながら、
「あったかインナー」という名の下に、「化学繊維の下着」が。

「ヒートなんちゃら」とか、
「サーモうんちゃら」とか、
「ホットかんちゃら」とか。

機能素材を使って、薄手で、発熱・保温・保湿・吸汗速乾・静電気防止
なんかの効果もあって。
赤外線がどーの、とかイオンでどーの、とかいうのもありましたね。

ワタシも昔は、イロイロ試してみたものです。
でも、もう、やめませんか?
毎年、毎年、アレコレ買い換えて。
いい加減ウンザリしませんか?

マイナス何十度の北極に行くわけでもないし。
外は寒くても、室内は暑かったりするでしょう?

ワタシ、ひきこもりになってから、見かけより中身、量より質を
目指している人なので、化学繊維の下着は一掃しました。

で、何を着ているかっていうと、「絹」。
まあ、一週間着まわすと、引き出しが空っぽになるような量しか
持ってませんけど。それで十分です。

インナーはね、余計なことゴチャゴチャ考えずに、とりあえず
シルク100%を選べばいいと思います。
薄いし、軽いし、あったかいし、肌も痒くならないし。

シルクインナーは、よく探せば、訳のわからない化学繊維下着と同じくらいか、
それ以下の値段で手に入るでしょう。あとは、手洗いの手間を惜しまないことくらい。

え?忙しいって?なら、洗濯ネットを大量に買ってきて、洗濯機の
ウールかオシャレ着か手洗いコースで洗いましょう。

化学繊維のあったかインナーは、もう買わない。

天然素材が一番。
ひきこもり、万歳!

(今度は本当に)白砂糖は、もう買わない。

「健康の維持」と「消費の縮小」という点から生活を見直すと、
身の回りのものすべて、本当に無駄ばっかりだな、ということに
気づく毎日ですが、特に、深刻なのは、「食」だと思います。

当たり前のように家にあるけれど、実はなくても生きていけるもの、
たくさんありますね。白砂糖もその一つ。

前に、白砂糖は、もう買わない。(できるだけ・・・)
なんて、へたれな記事を書きました。

白砂糖じゃないとプリンのカラメルソースを作れないので、
できるだけ食べたくないけど、白砂糖、ウチにあります・・・。
っていうような、矛盾万歳の記事でした。

ワタシ自身は、相変わらずいい加減で、テキトーな人間で、
まあ、それでもいいか、と思ってますが、それでも、やっぱり白砂糖は、
なるべく使いたくないなあ、と思い続けてた訳です。

で、カラメルソースの代わりになるもの、
とうとう、見つけました。

知っているヒトも多いでしょうが、ワタシは、初めて食べたんですよ。
本物のメープルシロップ。

高いし。100%オーガニックの商品はあまり見かけないし、
ずっと買うのを迷ってました。

でも、砂糖よりもカラダにいいって聞くし、一度くらい食べてみたいなあ、
と思っていたら、たまたま通販で見つけたので、ついに買っちゃいました。

コレ、本当に美味しいです。

100均のホットケーキミックスに付いてるような、なんちゃって
メープルシロップしか食べたことなかったワタシには、
ものすごく衝撃的でした。

そして、試しに、プリンに掛けてみたら、いつものカラメルソースよりも、
メープルシロップの方が好みだということを発見。

メープルシロップ、久しぶりに贅沢したなあ、という感じで、
確かに出費は痛いですが、量より質がモットーのひきこもり。
デザートの頻度を減らせば大丈夫なはず。

そして何よりも、カラメルソースから卒業できれば、
もう他に白砂糖の用途はないので、これで堂々と宣言できるようになりました。

ということで、改めて「白砂糖は、もう買わない。」

たまーの贅沢は、メープルシロップ!?
ひきこもり、万歳。

豆の加工食品は、もう買わない。乾燥豆貯蓄のすすめ②

ワタシ「ひきこもり」になって、自炊するようになるまで、
豆は好きじゃないんだって、ずっと思ってました。

でも、実は、すでに加工されている豆が好きじゃないだけで、
自分で乾燥豆を調理したものは、ちゃんと美味しいと感じるんです。

豆の水煮缶や真空パックのミックスビーンズ、確かに便利です。
お惣菜コーナーの五目大豆や豆入りのサラダも、ヘルシーで
美味しそうに見えます。

でも、加工食品の原材料や添加物って、必ずしも全部表示されて
いる訳じゃないみたいだし、どんな塩を使ってるのか、
どんな砂糖を使ってるのか、どんな醤油を使ってるのか
全くわからないのって不安じゃないですか?

自分で作ることの最大の利点は、何が入っているのか、
どんな材料を使っているのか、明白だということでしょう。

そう考えると、市販の豆加工食品って、本当に安全して食べられる
ものなのかどうか、わからなくなる。

だからワタシは、豆くらい自分で煮ましょうよって思います。

ワタシ、自分で煮る豆は、小豆も大豆もヒヨコ豆もレンズ豆もみんな、
調理前に発芽させてるんですが、そうすると調理時間が短縮できるだけ
じゃなく、栄養価も上がるらしいです。

市販の豆の水煮や加工食品って、そんな手間なことしてないですよね?

豆を発芽させるのって、一晩水に漬けた後、2,3日の間、朝晩洗い流すだけ。
決して難しいことじゃありません。

世の中の働き人(はたらきびと)は、毎日毎日忙しくって、
豆の調理なんて時間のかかることしてるヒマないのかもしれません。

でも、自炊もできないほど朝から晩まで働いて、クタクタになってるのって、
一体何のためですか?

日本経済に貢献するため?

まさか、ね?

本気で、今の日本社会に、自分の時間や、健康を犠牲にするだけの価値が
あると思ってるんですか?

ワタシは、一度きりの人生、自分で豆を煮る時間すらないような、
あわただしい生活を送るのは、もったいないなーと思います。

だから、「ひきこもり」なんですけど。

「ひきこもり」にでもならなきゃ、安心・安全・ヘルシーな食事に
ありつけない社会って、一体どーなの!?って感じです。

今は、完全自炊で、豆も大好き。
発芽させた豆って、ホコホコで本当に美味しいんですよ。

穏やかで健康的な毎日に感謝。
ひきこもり、万歳。

牛乳は、もう買わない。

ワタシは「ひきこもり」なので、なるべく外に出たくなりません。
だから、買い物はいつも億劫です。

でも、こうも寒い日が続くと、「ひきこもり」じゃなくても、
買い物に行きたくないと思うヒトが多いと思います。

冬野菜って結構日持ちするので助かります。
肉や魚も冷凍してしまえばOK。
問題は・・・「牛乳」です。

常温で日持ちする牛乳なんていうのも試してみましたが、
あんまり美味しくないんですよね。高いし。場所取るし。

牛乳って健やかな成長の為に欠かせないって思われてて、
実家の冷蔵庫には、いつも当たり前のようにあったし、
毎日給食にも付いてたけれど、
本当に、カラダにいいモノなのか、実は疑問らしいですね?

いろいろ調べてみたら、「牛乳はむしろ害になる」と
言っているヒトもいるようです。

確かに、牛乳アレルギーのヒトも結構いますし。

牛乳飲んだら背が伸びるとか、キョニューになるとか、
骨が強くなるとか、っていうのは嘘なのかも?

カラダへの影響や環境への影響など、賛否両論ある牛乳ですが、
とりあえずワタシの場合は、買い物に行くのが面倒なので、
飲むのを止めようと思います。

で、最近は、牛乳の代わりに、豆乳やアーモンドミルクなんかを
作ってるんですが、これがとっても美味しい。

豆乳はちょっと手間がかかるけど、アーモンドミルクなんて、
一晩水に漬けて置いて洗った後、ミキサーにかけるだけ。
超簡単です。

穀物や豆、ナッツやドライフルーツは、通販で買えるモノも多いし、
常温で長期間保存できるので、健康志向のヒトだけじゃなく、
なるべく外出したくない「ひきこもり」
にとっても、便利な食料だということですね。

本気で食餌療法に取り組んでいるヒトや、健康に気を使っているヒトには
申し訳ないくらい不純な動機で脱牛乳。

どんどん菜食化する、
面倒くさがりの
ひきこもり、万歳。

(今度は本当に)ヨーグルトは、もう買わない。


ワタシ、なるべく外に出たくない「ひきこもり」なので、
鮮度が大事な「牛乳」を買うのを止めました。

ワタシ、実はもともと牛乳をほとんど飲まないヒトで、
いつもヨーグルトを作るために買ってました。
(cf. 個別パックのヨーグルトは、もう買わない。)

だから、牛乳を止めると必然的にヨーグルトも食べなくなる訳です。
牛乳がなくても別に困らないけれど、ヨーグルト食べられないのは
困るかも、とちょっと思いました。

だって、ヨーグルトってカラダにいいんでしょう?
乳酸菌って健康の為に取った方がいいって言うじゃないですか。

でも、ワタシ、どうやら勘違いしていたみたいです。
乳酸菌って乳製品にしか含まれないわけじゃないんですね?

そんなの当たり前ですか?
ごめんなさい、お馬鹿で。

味噌や醤油にも乳酸菌が含まれるって、ワタシ、知らなかったです。

ということは、ヨーグルトに拘って、わざわざ牛乳買い続けなくても、
味噌汁飲んで、漬物食べて、ついでにキムチやザワークラフトでも
作ってれば、バッチリ乳酸菌を摂取できるってことですよね?

なーんだ。じゃあ、牛乳止めても別に問題ないじゃない?

とうことで、改めて「ヨーグルトは、もう買わない。」

シンプルに生きましょうよ。シンプルに。
ひきこもり、万歳。

ドレッシングは、もう買わない。

ワタシ、乳酸菌が乳製品にしか含まれないと思い込んでたお馬鹿ですが、
さらに恥を忍んで暴露しましょう。

ワタシ、長い間ドレッシングって買うものだと信じてました。

ゴマドレッシングとか、シーザードレッシングとか、
○○亭のドレッシングとか、そんなのが「ドレッシング」なんだと
思い込んでました。

ひきこもりになって、やっと目が覚めたんですけど、
「ドレッシング」ってもっと単純なものなんですよね?

極端な話、塩と油と酢を混ぜればいいだけ。

塩の代わりに醤油使ったり、味噌使ったり、梅干し入れたり。
油も、オリーブオイルやごま油や、いろんな種類があるし。
酢だって、米酢でもワインビネガーでもレモン汁でもいいわけで。

それに、ニンニクやショウガや胡椒やハーブやスパイスなんかを
適当に足したり引いたりすればいいんでしょう?

基本的な原理がわかれば、超簡単。

なのに、なんでワタシは、ドレッシングは買うものだなんて、
思ってたんでしょう?

なんで、材料がたくさん必要な、複雑なドレッシングばかりを
美味しいと思ってたんでしょう?

思い込みって怖いですね。

最近は、ドレッシングの作り置きしないで、
サラダボールに直接、塩と油とレモン汁を掛けてます。

とってもシンプルで、とっても美味しい。
なんで、今まで気づかなかったんだろう?

情報を吟味し、意識してシンプルな生活を送っていると、
これまで「より手間がかかるもの」、「よりお金がかかるもの」を
好んで選んでたのが自分自身だということに気づいて、
愕然とすることがあります。

だって、それが「豊かさ」であり「贅沢」なのだと思ってたんだもん。

その頃は、高級な有名シェフのお取り寄せドレッシングこそが、
一番美味しいと、本当に本気で信じてたんです。

ハイ。とっても大馬鹿者です。
思いっきり洗脳されてました。

「ひきこもり」になって、やっと目が覚めました。

今のワタシにとっては、シンプルな生活こそが「豊かさ」です。
今のワタシにとっては、ミニマムな生活こそが「贅沢」です。

ひきこもり、万歳。

漬物は、もう買わない。

自分で作ろうと思えば、作れるはずなのに、
なぜか、「買うもの」だと思い込んでいたモノ。

漬物。

スーパーに行くと、いろんな種類のお漬物、ありますね?
お取り寄せのサイトや雑誌なんかでも、あちこちの有名な
「お漬物屋さん」紹介されてますよね?

実家の冷蔵庫には、いつも市販の漬物が数種類ありました。

確かに、スーパーで買えば、便利で手っ取り早いし、
名人が作ったものは美味しいと思う。

時々は、ラクして、プロの味を楽しむのも悪くないでしょう。

でも、日常的に「自分で作れるもの」を、わざわざお金を出して買うのって、
改めて考えてみると、なんか変。

特に、なんで、あえて着色料や保存料や、わけのわからない食品添加物が
使われているものを買い続けてるのか、意味不明。

浅漬けなんて、別に市販の「浅漬けの素」がなくても、
ぶっちゃけ塩振って揉んで放置すりゃ、それなりに食べられるモノができる。
ネット上には、ありとあらゆる漬物のレシピが溢れてる。

なんで、みんな家で自分で作らないんだろう?

確かに、ぬか床は冷蔵庫の中で邪魔になるし、キムチ作ったら家中臭うし、
野菜を洗ったり、切ったり、混ぜたり、漬けたり・・・手間もかかる。

でも、余計なお金は使いたくないし、白砂糖や精製塩を使った、
カラダに悪そうな市販の漬物なんか、絶対買いたくない。

だからワタシは、自分が食べる漬物を自分で作るようになりました。

自分で作れるはずのモノを、お金を出して買うヒトがいるから、
それを作って金儲けしようとするヒトが出てきて、
ビジネスが成り立っている。

資本主義や新自由主義に巻き込まれたくないなら、
「なるべくお金を使わない」とか、「自分で作れるものは自分で作る」とか、
自分自身の毎日の生活を変えていく覚悟が必要だと思う。

自分が食べるものは、食べたい時に、食べたい分だけを、
安全な材料を使って、自分好みの味で作りたい。

ネットで色々レシピを調べて、アレコレ挑戦してみることができる、
自由な時間とココロの余裕がある、今の生活に感謝。

ひきこもり、万歳。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。