スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひきこもり療法

新型うつって流行ってるじゃん?
仕事中はウツで外では元気、とか。
「ひきこもり」も、甘えるな、働けってよく叩かれるけど、
この新型ウツはより性質が悪い気がするなあ。

(引用ココから)ソース文末
「仕事の時だけうつになる」「休職中なのに趣味の活動は活発」
「休職中も同僚や上司に迷惑をかけているという認識に乏しく、
権利ばかり主張する」「他罰的で、すぐ会社や上司のせいにする」
「自分はうつ病だと公言することに抵抗を感じない」などのケースが
人事労務管理の現場で増えてきているようなのです。
(引用ココまで)

ということは、ウツだって言いながら、同僚に迷惑かけながら、
給料もらって、休職中は手当てもらって海外旅行して、働きたくなったら
戻ってくるからポストはキープしといてね、ってことだよ。

それにくらべりゃ「ひきこもり」なんて、建設的な生き方じゃないかも
しれないけど、別に誰にも迷惑かけてないし、私の場合は自分の意思で
ひきこもることに決めたわけだから、そのメリットもデメリットも
自らの責任で引き受けてるし、かわいいもんじゃん?

っていうか、この新型うつ、従来のうつとは、もっと分けて考えるべき
だと思うんだよね。薬も効かないみたいだし、うつ病と言うよりは、
適応障害に近い気がする。

(引用ココから)
「新型うつ病」と呼ばれるケースが増えてきた背景には、性格形成や
精神的な発達の過程でつまずいていたり、不幸な家庭環境で育って
いたり(物質面では恵まれていても精神的な暴力を受けてきた人も
少なくありません)、葛藤経験が少なく精神的に未熟な人が増えて
きたことと無関係ではないでしょう。

しかし一方で、商品を偽装して消費者をだます企業や、二重派遣に
象徴されるような、労働力の搾取に対して何も感じない自己中心的な
企業が増えたことも、無関係ではないと筆者は考えます。社会規範や
倫理観が弱くなり、ずるく上手に立ち回った者ばかり利を得る社会
であれば、自分を見失ったり、自分の殻に閉じこもったり、はみ出よう
とする者がいても不思議ではないでしょう。

人と人との関係は「鏡」だと言う人もいます。つまり、相手に問題が
あるのは必ずしも相手の問題ばかりではなく、自分の反応を映し出して
いる部分があるというのです。「新型うつ病」の出現は、社会や企業の
問題を映し出す「鏡」なのかもしれません。
(引用ココまで)

つまり、異常なのは本人だけじゃなく、会社や社会という環境にも
責任があるのでは、ということだよね。「ひきこもり」との共通点が
見えてきた感じ?いずれにしろ、問題のある社会に対して意義を唱える
のは、逆ギレとは言わないでしょ。

新型うつの人って、結局公正に機能していない社会とか会社に馴染めない
人ってことでしょう?いっそ、新型うつの治療として、「ひきこもり」
を推奨してみませんか?新型うつの攻撃性って、他人から自分を守る
ための自己防衛の手段だと思うし、ストレスフルな環境から距離を
置いて、誰からも攻撃されない自分ひとりの檻の中でなら、
ゆっくり自分と向き合って、冷静に自分や他人や社会を見つめ直したり、
自分なりの生き方を発見したりできるんじゃないかな、と。

今、死に物狂いで守っている既得権が、実は大した物じゃなかった事に
気づくかも。自分探しとか自己啓発とか、一時流行してたけど、
最終的にたどりつくのは、他人からどう思われるかではなく、
自分で自分の人生に満足しているか、毎日の生活が自分にとって幸せか
どうかってことでしょう?
その答えを見つけるのに、ひきこもりという手段はアリだと思うよ。

「普通の人のように働けない」、「異性と恋愛できない」、「家族をもて
ない」といった者たちが、その「だめ」な有り様を否定的に捉えるのでは
なく、敢えてそのようなだめ人間であることを積極的に表に出し、
「だめぶり」を語り、そこを立脚地にして生き直そうとして誕生した
オルタナティブな「生き方模索集団」(byウィキ)みたいなのもあるみたい
だけどさ、自分にとっての答えは、自分の中にしか見つけられないし、
自分と向き合うことでしか前に進めないこともあると思う。

結局、いろんな宗教とか団体とかSNSとかツィッターとか、今みんな、
コミュニケーション性善説に捕らわれすぎてるんじゃないかな。
どうでもいいじゃん他人のことなんて。ぶっちゃけ人間、皆エゴイスト
だし。自分は自分、人は人。

健全な社会において、人間関係を築くことはプラスに働くだろうけど、
正常に機能していない社会におけるコミュニケーションは、メリットより
デメリットの方が大きいと思う。どっかのカリスマに盲目的に依存したり、
負け犬同士でキズの舐め合いしたところで、たいした慰めにはならないよ。
後になってから、集団マスターベーションの虚しさに気づくんじゃないのかな。
だから、だめ連の活動も長期に渡って停滞し、衰退してるんだと思う。

まあ、私もこのブログで色々吼えてる訳だけど、基本的に自分で自分を
正当化するための記録的ブログなので、何を言っても許してやって。
推定読者1名か2名の超マイナーブログなんだからさ。

超長文になってしまったけど(って言うか誰か本当に読んでるのか?)
「蛭頭に始まり、ユンケルに続く・・・」の記事にコメントを下さった
先物太郎さんに昨日の「ひきこもり」という生き方と今日のこの記事を
捧げます。(宮崎、実際にヤバいし、畜産農家の人に感情移入して心を
痛め、混乱しているブロガーを野次るなよ。マジで。)

納得いかないコメに真摯に対応できる、時間と余裕のある
ひきももり生活、万歳。


(参考・引用)
職場のメンタルヘルス最前線
増加する“新型うつ病社員”への対処法
涌井美和子
http://jinjibu.jp/GuestBizgArticle.php?act=dtl&id=23
スポンサーサイト

「ひきもり」という生き方

今、学校でも職場でも、自分が本当に正しいと思うことを「正しい」
間違っていると思うことを「間違っている」って言えないですよね。
ポロっと言ってしまったら、KYだとか、イジメられて、叩かれるし。

だから、みんな必死で空気読んで、目一杯周りに気を使って、
自分がどう思うかじゃなくて、他人にどう思われるかってことだけを
考えて生きてる。私も昔はそうでした。

でも、それってすっごいストレス溜まるし、疲れる。どす黒い鬱憤が
自分の中に溜まりに溜まって、ぐるぐる渦巻いて、いつか爆発するん
じゃないかってヒヤヒヤしてました。

で、とうとう「ひきこもり」になった訳ですが、私みたいに開き直らずに、
たくさん我慢も努力もして、ものすごく頑張っている人にとっては、
人間関係の問題を全部放棄して、自分の生き方を正当化してる「ひきこもり」が
羨ましく(ウザったく?)見えるのも当然でしょう。

いわゆる「フツーの生き方」にしがみついている人たち。
ご苦労様です。でも、その生き方、本当に幸せですか?

「ひきこもり」の私は、地位も名誉もお金もないし、社会にも経済活動にもほとんど
貢献していないけれど、ただ、あるがままに生きる毎日に満足しています。
誰かを無意識に傷つけてしまうリスクに怯えることもなく、理不尽に傷つけられる
こともない今の生活。私は、幸せです。

言い訳三昧のひきこもり人生、万歳!

蛭頭に始まり、ユンケルに続く・・・

私は、お塩の蛭頭事件から、今の社会への疑問が膨らんで、このブログを始めた。
しかし、2012年地球滅亡とか、陰謀論とか、いろいろ調べても、嘘か本当か
微妙な部分もあったりして、できれば未来が明るければいいな、という
希望的観測も含めて、これまでは割と距離を保って接してきた。

だが、ユンケル(こうていえき)事件が起きて、私は混乱している。

人災だとか、計画的にウィルス持ち込まれたとか、報道規制が敷かれていたとか、
宮崎は嵌められたとか、いろいろ噂はあるけれど、牛が、豚が大量に
殺されているのは現実だから。

PCの画面から、畜産業に携わる人たちの無念さが、悲しみが、くやしさが
伝わってくるようで、本当に泣けてくるから。

政治やカネの駆け引きによって、何の罪もない家畜が処分され続けていることが
事実ならなら、絶対に許されることではない。

もしも、噂で流れているように、某基地を宮崎に押し付け、アメ産肉の輸入を
増やすことを目的に、政府が意図的に、日本が世界に誇る和牛を壊滅の危機に
陥れたのだとしたら、日本の国民は反政府組織を作り、革命を起こさなければ
ならないだろう。

真実はどこにあるのだ?茶番は御免だ。もうウンザリだ。
政府もマスコミも嘘をつくのなら、一体何を信じればいいのだ?





プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。