スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーラーはもう要らない。ヘルシーでエコな「ひきこもり」生活のすすめ。

夏ですね。暑いですね。
バテバテじゃないですか?
クーラーで寒すぎですって?

そうでしたね。オフィスの冷房って超非人間的ですものね。
毎年毎年、アレで身体を壊す女性がいかに多いか。

冷え性になって、月経不順になって、イライラするし、
カップルで喧嘩にもなるだろうし、少子化も招く。

尾崎豊さんにお願いしましょうね。校舎の窓ガラスじゃなくて、
オフィスのクーラーを壊してくださいって。
ダメですか?器物破損ですか?
あの世にも、法律ってあるんですかね?

私、なんで高温多湿の日本で、涼しいヨーロッパ発祥の「洋服」、
着なきゃならんのじゃ?と常々疑問でした。

だって、常夏のハワイじゃアロハ着て、バミューダはいて仕事してるって
聞くじゃないですか。

身体にやさしい、動きやすい、快適な衣服って、
本来、その土地の風土に合ったもののはずでしょう?
まあ、だからといって、今更、着物や浴衣や甚平や作務衣では、
オフィスで働けないでしょうけどね。

特にオトコ物のスーツ、あれ着て、夏働くの、大変じゃないです?
外回りとか、拷問でしょ?

でも、だからって、公共施設とか、交通機関とか、オフィスのクーラー
冷え冷えにしないで下さいね。冷え冷え地獄も辛いんです。

クーラーの使いすぎ、身体にも、環境にも良くないです。
彼女の機嫌が悪いのも、子孫が繁栄しないのも、ひょっとしたら、
クーラーが原因かもしれないんですよ。

クーラーやめましょうよ。
ってココでいくら言っても多分仕方ないんですけどね。
職場や公共施設はともかく、せめて、家ではやめましょうよ。

ウチはね、クーラーありませんから。
買うお金がないだけだろう、って?
その通りですが、何か?

夏は、窓全開で、どーしても暑くて我慢できないときは、水浴びして、
扇風機つけて、氷食べます。十分です。

健康的で、人間的な暮らしは、意識しなくてもエコなんですよ。
別に「持続可能な生活」って難しいこと言わなくてもいいと思うんです。

でも、思い切って「ひきこもり」にでもならない限り、エコでヘルシーな
人間らしい生活ができない、今の世の中って、やっぱりどこか
間違ってますよね。

クーラーなんてもう要らない。
ヘルシーでエコな「ひきこもり生活」万歳!
スポンサーサイト

市販のゼリーはもう買わない。手作り寒天大作戦のすすめ。

暑い日は、つるんとした口当たりのいい、ちべたい物が
食べたくなりますよね。

でも、スーパーとかコンビニのゼリー。高いですね。
いろいろ訳のわからんモノも沢山入ってますね。
個別パックはゴミにもなりますね。
もちろん買いに行くのも面倒です。

はい、自分で作りましょう。
日本には、寒天という優れた食品があります。
カロリーは低く、繊維が豊富。
美容と健康に最適ですね。

私の作り方は例によってテキトーです。
200mlの果汁100%のジュースにティースプーン半分ほどの
粉寒天を混ぜて、火にかけて、3分くらい混ぜ混ぜしながら
煮溶かして、カップに入れるだけです。常温ですぐ固まります。

あっと言う間です。本当に簡単です。誰でもできます。

どこかで誰かの労働力を搾取して作ったかもしれない工場で、
大量に生産された、心のこもってない市販のゼリーより、
おいしいです。

お中元・お歳暮なんかで見かける、なんとかの名店、とか、
有名ブランドのゼリーも、所詮、ゼリーですから。
なんで、あんなに高いのか意味不明です。

無添加・無着色。手作りのおやつ、身体、一番喜びます。

ちなみに200mlで、私のおやつ2食分です。
どっちが安くて、安全か?
計算するまでもありません。

ジュース寒天が一番簡単ですが、豆乳あずき寒天とか、芋羊羹風寒天とか、
フルーツヨーグルト寒天とか、ココア寒天とか、いっくらでも
バリエーション可能です。

一家に一袋、粉寒天を常備しましょう。
エコでヘルシーな、ひきこもり生活、万歳。
市販のゼリーに、さようなら・・・。




「もう買わない」シリーズのネタを提供してもらいました。


かっぱさんが、6月23日の、ある「ひきこもり」の呟き。のコメントで
ネタを下さいました。

増えるワカメはもう買わない、です。

私もワカメ好きです。蕎麦にワカメ、欠かせませんね。
玉ねぎやトマトとサラダにしても美味しいですね。

自分で作れば、割安で、国産ワカメで安全で、しかも、
おまけに塩までゲット。完璧です。

かっぱさん、貴重なネタの提供、ありがとうございました。
興味のある方、どうぞ、チェックしてみてください。

スルーするのは、もったいないし、ぜひ他の方にも
お知らせしたいな、と思って、記事にしてみました。

まずは、本人に確認すべきだろう、とか、でも
どうやって?とか、載せるにしても、コメント本文を
コピペした方が、いいのかな、とか、いろいろ考えましたが、
とりあえずアップしてみます。

(かっぱさん、もし不本意でしたら、すぐに記事を削除しますので、
お手数ですが、コメントからご連絡ください。)

「もう買わない」、「もう要らない」のシリーズ、なんか人気?
のようで、もし、みんなで共有したいネタがあって、お知らせ
カテゴリーで紹介しても、いいよ、という方、コメント欄への
ネタ提供、お待ちしています。

目覚まし時計はもう要らない。自然のリズムで健康生活のすすめ。


こんなこと言うとね、きっと気分を悪くされる方もおられると思うんですよ。

特にね、毎日毎日、決まった時間に起きて、ギューギューの満員電車に揺られて、
それこそ馬車馬のように働いて、でも手に入るお金はスズメの涙、みたいな
勤勉な労働者の方には申し訳ないなーと思ってるんですよ。

でも、書いちゃいます。

ひきこもりになってから、必要なくなったモノ、たくさんあるんですけどね、
その中の一つが、「目覚まし時計」なんです。

働いてたときはね、朝弱いんだ、って自分で思ってたんです。
目覚まし時計、携帯も加えれば、4つセットして順番に鳴らさないと
起きれなかったんです。

とっても、近所迷惑なヤツでした。ごめんなさい。
(ひきこもりの今の方が、周りに迷惑かけてなかったりするかも・・・。)

決まった時間に起きなくていい生活。好きな時に寝て、好きな時間に起きて、
っていう、ひきこもり生活を始めてね、最初は冬眠中の熊みたいに眠り続け
ました。

一日12時間以上ベッドで過ごすこともありました。
きっと疲れに疲れが溜まってたんでしょうね。
身体が休むことを欲してたんだと思います。

ある程度休んだら、今度は自然に目が覚める時間、というものがあるのに、
気が付きました。

夜型っていうのか、朝型っていうのかわかりませんけど、大体毎日、
夜の7時から8時くらいの間に眠たくなって、夜中の2時から3時くらい
の間に目が覚めます。勝手に目が覚めるんです。

身体が「もう十分休んだから活動を開始せよ」と言ってるかのようです。
だから、平均6時間から8時間眠ります。隣で掃除機かけても、洗濯しても
全く聞えないくらい、熟睡します。

目覚まし時計って、ストレスフルな現代社会の象徴なのかもしれませんね。
だから、ストレスフリーなひきこもりには必要ないんですね。

個別パックのヨーグルトはもう買わない。手作りのすすめ

1.いかにゴミを減らすか。
2.いかに無駄な出費を減らすか。
3.いかにに外出の機会を減らすか。

ただいま、「3減キャンペーン実施中」です。

わたし、エコロジーでエコノミーなダブルECOを目指す、ひきこもりです。
ちなみに、キャンペーンに参加してるのは、わたしひとりですが、何か?

もちろん1よりも2の方が、2よりも3の方が重要かつ切実です。
出来るだけ人に会いたくない、貯金切りくずしのひきこもりですから。

わたし、一日一回ヨーグルト食べます。ヨーグルト。身体にいいですから。

でも、1リットルパックは食べきれないし、1人分の個別パック
は割高で、ゴミもたくさん出るじゃないですか。
だから、3減キャンペーン中は毎日ヨーグルト食べるのを止めようか
と思ったんです。

でも、ヨーグルトには整腸作用や、免疫力を高める働きがあるそうです。
わたし、ヘルシーなひきこもりですから。
便秘になって病気になるのは働いてた時だけで十分。
もう、こりごりです。

そこで、例によってネットで調べてみました。
わたし、今は、時間だけはたっぷりある、ひきこもりですから。

なんと、ヨーグルト。手作りできるじゃないですか。
ヨーグルトメーカーとか、訳のわからないものも不要です。
わたしが見つけたのは、炊飯器の保温機能を使うレシピですが、
魔法瓶でもできるそうです。

500mlのミルク暖めて、40度になったら、市販のヨーグルトを
大さじ2混ぜて、炊飯器に入る容器に入れて、お湯を張った
炊飯器にセット。「20分保温して3時間オフ」を3回繰り返す。

時間と手間は多少かかりますが、そんなの問題ではありません。
わたし、ひきこもりですから。

できたヨーグルトの真ん中辺りを大さじ2、別に取って置いて、
次のヨーグルト作りに使えるようですが、2・3回が限度のようです。

ので、永久にヨーグルトを買わなくて済むわけではないのです。
ちょっとタイトル詐称です。ごめんなさい。

でも、なるべく賞味期限の長い、殺菌されてないプレーンのヨーグルトを
時々買うだけで、毎日のヨーグルト生活を続けられるわけです。

ゴミも減るし、節約にもなるし、ヨーグルトがなくなったからって
買い物に行かなくても済むし。
ひきこもりの、3減キャンペーン、大成功。です。

ひきこもり、ひきこもりって、敢えてリピートしました。
耳障りでごめんなさい。

でも、わたし、ひきこもりな自分が大好きなんです。
今のひきこもり生活が、とっても幸せなんです。

それでは、また。

ある「ひきこもり」の呟き。


たくさんの拍手、暖かいコメントを頂戴し、引き続き困惑気味のひきこもりです。

人から親切にされると、何かオカシイゾ、何かウラがあるんじゃないか、と疑心暗鬼に
陥る、私、ひきこもりです。

おだてられて、調子に乗って、いい気になってる所をズドンとやられるんじゃないか、とか、
実はみんな周りで失笑しながら見てるんじゃないか、とついついスキゾフレニー化してしまう、
ちょっとヤバめのひきこもりです。

なので、個人的にコメントを下さった方に、お礼の返事、書くことができません。とっても
嬉しいし、ありがたいなと思いつつ読ませていただいているので、心苦しいのですが、
まだ、自分から人と直接コンタクトを取る勇気を見つけられないんです。

推定読者ゼロだと思っていた時は、好き勝手書き散らしてたくせに、ごめんなさい。

ただ、ちょっと小心者で、怖がりなだけなんですが。
今まで散々周りの人を傷つけて、自分もいっぱい傷ついて、臆病になってるだけなんですが。

でも、金玉軍団の皆様と出会って、少しずつ変われるような気がしています。

他人の生き方を自分の物差しで測らない。
自分の価値観を人に押し付けない。
自分の基準で他人を批判しない。

そんな、素晴らしい魂の持ち主である、金玉軍団の皆様を尊敬しています。

いろんな方のサイトにお邪魔しては記事を拝読させていただいていますが、
コメントを残すなんておこがましくてできません。
変に誤解されたらどうしようとか、ひきこもりからのメッセージなんて、
相手を嫌な気持ちにさせてしまうんじゃないかとか、余計なことを考えて、
いつも、こっそり覗いて、こっそり帰って来てしまいます。

でも、最近、拍手することを覚えました。遅すぎるだろうというツッコミは
当然でしょうが、私的には、一歩前進です。

顔の見えない、口調のわからないネット上のコミュニケーションは、本当に
苦手です。ミクシーとかのSNS系、一歩も足を踏み入れたことありません。

まだ、ひきこもりじゃなかった頃、知り合いから誘われたこともありましたが、
家のパソコン壊れてるから、とか、実はパソコン苦手で、ちょっと文章書くのに
1時間くらいかかっちゃうんだ、とか、未だにダイヤルアップ接続で超大変なの、
とか、意味不明の言い訳を並べて避けまくっていたのを思い出します。

金玉軍団の皆様の記事を読みながら、心が安らかになるような、どこからか
力が湧いてくるような、そんな不思議なエネルギーを感じています。

金も地位も名誉もない、ないない尽くしの、リアル社会では後ろ指さされまくりの
単なるひきこもりに、貴重な気づきの機会を与えてくださった皆様に、感謝。
素晴らしい軍団の皆様との出会いの場を作ってくださった玉様に感謝。
様々な、困難や痛みや苦痛を乗り越えて、気づきの機会を得ることが出来る
この世の中と、無限の可能性を秘めた人間という存在に感謝。
感謝。感謝。感謝。いくら言っても足りないくらい。

日本って本当に住みにくい国だなあ、ますます閉鎖的になってるなあ、
「ビョーキ」もここまで悪化すると手の施しようがないんじゃないかなあ、
と不安でいっぱいでしたが、所々で芽生えている、「人間らしい生き方がしたい」
っていう声を大事に育てることで、今後、日本が進む道を良い方向に変えることが
できると信じています。

皆さんと共に希望の種を蒔き、丁寧に育てて生きたいと思います。
すべての出会いと気づきに、感謝。

ちょっとナイーブに、過剰にセンシティブになっても、誰に迷惑をかけることなく、
自分の気づきをトコトン追求できる、ひきこもり、万歳。

次からは、以前のようなテンションで、「もう要らない、もう買わない」シリーズ
を再開させたいと思います。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

ひょっとして、私、一人じゃない?


なんか最近、このブログを見てくださってる人がいるようです。
推定読者0人のはずだったのに・・・。
金玉軍団の仲間入りをしようとテキトーに作ったブログだったはずなのに・・・。

読んで、拍手してくれて、コメントを残してくれる人まで出てきてしまいました。

毎回、コメントがあると、「めっちゃボロクソに貶されてたらどないしよー、こわいよー。」
と思うのですが、怖いもの見たさにコメントを見てみると・・・

あれ?なんか好意的なコメントがたくさんあるじゃないかい?
まさか、ひきこもりの戯言に同意してくれる奇特な人がいるのかい?
と、びっくらこいてる今日この頃です。

もう1年以上まともなコミュニケーションをとってなかったので、
ひさしぶりに人様からメッセージを受け取って、嬉しいやら、恥ずかしいやら、戸惑っとります。

リアルで、「頭洗うのにシャンプー使ってませんねん。メイクも基礎化粧品も全部捨てましてん。
髪の毛も自分で切りますねん。」とか言った日にゃあ、確実に変人の烙印を押されることでしょう。

さらに、陰謀説なんか唱えようものなら、変人を通り越して、「あの人アタマおかしいんとちゃう?」と
病院に連行されることでしょう。

その点ネットは素晴らしいですね。どんなにマイナーなことでも、どこかに同じ趣味の人が見つかるし、
どんなに奇妙な発言をしても、どこかに誰か理解してくれる人がいる。

自分と異なる意見や価値観を持つ人を、闇雲に批判したり攻撃したりするのではなく、
ただ「へー、こんな人もいるんだ」と、ありのまま、ひきこもりの戯言に耳を傾けてくれる
寛大な訪問者さんたちに感謝。

何千万ものブログの海の中に漂っている、このブログに共感してくれる人がいる奇跡。
私一人がどんなに悪足掻きしても、何も変わらないと思っていたけど、ささやかな反抗が
たくさん、たくさん集まれば、ひょっとしたら大きな変化をもたらすかもしれない、と
インターネットというコミュニケーション手段の可能性をちょっと期待してみたりして・・・。

リアルでの人間関係は上手く築けなくても、ネットでは同じ志を持つ人たちと
つながることのできる、ひきこもり、万歳。




コーヒー・紅茶はもう買わない。自家製ハーブティーのすすめ。

コーヒーって、何となく大人な飲み物で、仕事のできる人の
必須アイテムっぽいイメージがある。

でも、南米やアフリカなどの原産地では、生産者が不当に
搾取されていたり、大規模なプランテーションで生活が
脅かされていたりもする。

なので、フェアトレードコーヒーなるものも、何となく
偽善者的な匂いを漂わせながら出現し、疑うことを知らない
ちょっとお馬鹿だけど、根は善良な人たちに割高な値段で
売りつけている。

紅茶も、何となく女らしくて、外国っぽいハイソで優雅な
イメージがあって、なんちゃってセレブ気分を味わうのに
役に立ってたりする。

でも、パックの紅茶は超過剰包装だし、タバコもそうだけど、
乾燥葉モノは、何か混ざってそうで怖い。だから、オーガニック
の紅茶を探すけど、オーガニック紅茶って大半は中国製。

中国製の無農薬?アメリカ製のダイエット食品と同じくらい
信用できない。(本当に効果があるなら、いつまでも肥満大国な
訳ないじゃん?)

フェアトレードとかオーガニックとか、悪いとは言わないよ。
大量生産・大量消費で超低品質のクズよりマシだと思うし。

でもねえ。なるべく資本主義から距離を置きたい、ひきこもり
は考える訳ですよ。コーヒーとか紅茶、本当に必要なのかって。

実際、出来合いの惣菜とか、インスタント食品とか、コンビに弁当
とか、香料や保存料たっぷりモノを食べてた頃は、コーヒーも
紅茶も別に平気だった。(だって、働いてた時は自炊する時間なんて
なかったからね。)

なるべく菜食、豆食を心がけてる今、まあ、動機の半分以上は
買い物に行くのが面倒、とか、貯金切り崩しでお金がない、とか
なんだけど。いや、もちろん健康も大事だと思ってますけどね。

身体が、コーヒーや紅茶を求めなくなったんだよねえ。不思議。
替わりに飲んでるのが、ハーブティー。
ベランダで育ててるミントやセージ、タイムなんかのハーブを
ちょっと摘んで使ってる。

無農薬、フードマイレージ・ゼロ、使ったハーブはコンポストに
混ぜるのでゴミもゼロ。

あれ?ひきこもりって不健康で反社会的な存在なんじゃなかったっけ?

私、働いてた頃よりも、ストレスフリーで健康だし、ゴミの減量やら
省エネにも貢献しちゃってる・・・。

ヘルシーでエコな「ひきこもり」って、どうよ?

まあ、いいや。

とにかく、もう、地球の生態系を破壊し、誰かの労働力を
搾取して作られ、しかも膨大なエネルギーを浪費して運ばれてくる
コーヒーや紅茶には関わりたくない訳ですよ。

なので、コーヒー・紅茶はもう買いません。

化粧品はもう要らない。「何もつけない」のすすめ

そう言えば、湯シャンについては書いたけど、化粧品も何もつけない、
についてはまだ書いてなかったなー、と思って。

働いていた時はともかく、ひきこもりになってからは、化粧しないので、
年中すっぴんって超ラクーとか思ってたんだけど、なんせ、貯金切り崩し
生活なので、なるべく余計な出費はしたくないなー、基礎化粧品代
(クレンジング・洗顔石鹸・化粧水・乳液・美容液・パックなど)も
馬鹿にならないしなあ、何かいい方法ないかなーって、見つけたのが
コスメプロデューサー・牛田専一郎なる方が提唱している「何もつけない」美容法 。

肌を傷めるものとの接触を断ち、健康な素肌を取りもどす方法、ということで、
基本8項目っていうのがあって、それがコレ。

(1)乳液、美容液、クリームなどしっとりするものを使わない
(2)お肌の調子が悪いときはファンデーションを使用しない。
(3)日常生活では日焼け止めを使用しない
(4)メイクをしたときは、クレンジングは部分的に使い、
   ファンデーションはお湯と手ぬぐいのみで落とす。
   メイクをしていないときはお湯のみで洗う
(5)シャンプー・リンスの使用をせず、お湯洗髪や小麦粉シャンプーに挑戦する
(6)身体にボディソープや石けんを使わない(入浴剤なども含む)
(7)石けんや重曹などのアルカリ剤や、 柔軟剤、蛍光増白剤の
   入った洗剤での洗濯をしない
(8)クリーニングに出した衣類や、除菌・消臭スプレーを
   したものは直接お肌に触れないようにする

詳しくは「秘密の化粧品」のサイトまで。
http://himitsu-cosme.com/

ぶっちゃけ年中すっぴんで、日中めったに外に出ない、ひきこもりにとっては
そんなに難しくないんだよね。で、そろそろ実践して半年。
「めっちゃ肌キレーになったわ。10年前のプリプリ・ピチピチ肌よー。」

と、までは言いませんが。トラブルは減ったし、調子も悪くない。
なにより、洗面所に手ぬぐい1枚あればOKというシンプルさ。

そして、もう化粧品会社の陰謀に踊らされて、時間もお金も無駄にしなくて済む
っていう点がメリットですねえ。

消費社会・資本主義から距離を置く具体的方法は、あらゆる情報を吟味して、
できるだけシンプル且つミニマムな生活を送ること、だと信じているので、
この「何もつけない」は私にマッチしたわけですな。

それにしても、ひきこもりで、すっぴんで、顔は手ぬぐいで拭うだけ、
自分でバリカンで丸刈りにした髪はお湯で洗うだけ、ムダ毛処理もしないし、
ブラジャーも着けない。あれ、ひょっとして私、キ○ガイさんですか?

いえいえ、某○玉軍団の末席をほんのチョビット汚してる、単なる
ひきこもりですぅ。

ただ、あれも買え、これも買え、こっちも使え、次はこれだーと
「美」という曖昧なものを餌に、オンナだけでなく、最近は
オトコにまでターゲットを広げて、複雑な思考能力を停止させ、
ただひたすらに消費を煽る、化粧品業界のやり方にウンザリなんですぅ。

何もつけずに、そこそこキレーでいられるなら、
化粧品なんてもう要らない。
そう思いませんか?

トイレ消臭剤はもう買わない。手作りスプレーのすすめ。

洗髪は湯シャンだし、衣服は洗濯ボールで洗うし、
日常的に人工香料を嗅がない生活してると、たまに
外に出て、柔軟剤の匂いバリバリの服着てる人とか
脇シューや香水の匂いぷんぷんの人とすれ違うと
思わずウェーってなっちゃう。

有名な室内の匂い消しファ○リーズとか、置くだけで
いい匂いがするヤツとかも、もう無理です。

でも、トイレの後とか、ちょっと臭いかもって時はある
ので、例によって調べてみました。

まず、トイレで大をした後は、マッチを擦ると嫌な匂いが消える
ということで早速トライ。

結果→十分許容範囲な感じ。

その上、さらにエッシェンシャルオイルでスプレーを手作りして
シュッシュとすれば、完璧。

色々レシピがあるようだけど、私は適当。スプレーの瓶に、
エタノールにユーカリとかティートゥリーとかの殺菌作用があるオイルと、
柑橘系のオイルを混ぜて、精製水で割ってシャカシャカ振って完成。

簡単で、安全で、毎回スプレー缶を買って、なくなったら穴あけて
つぶしてゴミに出して、って手間も省けるし、お金もそんなにかからない。
一石四鳥ですよ。

トイレ消臭剤はもう買いません。

ひきこもり的エコ生活

「生ごみ用ゴミ袋はもう要らない」って、段ボールコンポストの話したけど、
実は燃えるゴミも何とかなんないかねえって思ってて、チマチマ試してることがある。

ウチは新聞も取ってないし、雑誌も買わないし(ネットでチェックすれば十分でしょ)
生ゴミを除けば、燃えるゴミなんて、メモ帳とかの紙くずと、ティッシュや
キッチンペーパーくらいのもんだ。

この裏技(?)は、ネットで何となく「サザエさん」を見ていて思いついた。
サザエさん家、庭で焚き火をしてたのよー。
火遊び好きなコドモだった私は思った。私も何か燃やしたいかも(←チョット危険)

そして思いついたのが、あんまり出ない燃えるゴミとウチにあった七輪。
そうです。わざわざ他人の手を煩わせるまでもないじゃん。
自分で燃やしちまおう。と、週に一回くらい、夜中にベランダで燃えるゴミ、
燃やすようになった訳です。

あ、ちゃんと花火の時みたいに、水の入ったバケツが横にあるから安心してね。
ちなみに、このバケツは雨水を貯めたりもする植木の水遣り用だけど、全然OK。
そして、燃えカスは段ボールコンポストの中に一緒に混ぜ混ぜ。

ということで、現在ウチのゴミ事情は、3週間に一度(どんどん出不精なので、
買い物もとうとう3週間に1回・・・)買い物に行くときに持っていく、牛乳パックとか
ビンとか缶とかのリサイクルゴミの他は、堆肥にもならず、燃えもしない、
プラスチックとかビニールとかのゴミだけになりました。

燃えないゴミのいい所は、ギューって押し込めば、嵩張らないってことかな。
おかげで、悩みの種だったゴミ出しは、月1でも十分な今日この頃。
買い物する時も、なるべくゴミが出ないような商品を無意識に選ぶように
なったしねえ。

ということで、ひきこもりは提案する。
「一家に一台小型焼却炉とコンポストを設置する」。

もちろん、焼却炉は七輪でもバーベキューでも暖炉でも何でもいいんだけどさ。
コンポストとついでにニワトリ一羽あればいいねえ。ヤツは何でも食うからねえ。
これで、生ゴミと燃えるゴミ対策は万全さね。

ゴミの減量に貢献する、ひきこもり的エコ生活、万歳。

生ゴミ用のゴミ袋はもう要らない。ダンボールコンポストのすすめ。

改めまして、私、「ひきこもり」です。
なるべく部屋から出たくありません。
人に会うなんて論外です。

そんな私の最近の悩みは、ゴミです。

ウチは今のところ早朝回収なので、夜中にこそっとゴミを出しに
行ってますが、もし、ゴミを出す時間が通勤・通学の時間に
指定されてしまったら、とーっても困ります。

ゴミ捨て場で近所のオバサンたちが井戸端会議なんか
してた日にゃあ、ゴミ、出しに行けません・・・。

なので、ゴミを減らす方法をネットで色々調べてみました。

ゴミの中でも一番ウザいのは、臭いし、置きっぱなしにすると
腐ってしまう、生ゴミでしょう。

でも、この生ゴミ、ゴミにせずに、ベランダ菜園の肥料に変えちゃう
ことができるんですね。

ネットで見つけた、段ボールコンポスト。早速作ってみました。
ベランダの片隅に設置して、日々生ゴミを入れては、混ぜ混ぜすること約1ヶ月。

順調に生ゴミが消えています。玉ねぎの皮は土に還りにくいんだなあ、とか
あら、バナナの皮に貼ってあったシールを剥がし忘れてたみたい、とか、
ほのぼの観察しながら、混ぜ混ぜしてます。

生ゴミ処理の問題が解決したので、ちょっとぐらいゴミ出しをサボっても
ゴミが腐る心配がなくなりました。

ゴミ捨てに行くのが面倒な、ひきこもり的エコ生活。

エコロジーや自然保護のキレー言、環境問題の大義名分も
よろしいですけどね、ひきこもりにとっちゃあ、
「部屋に腐って臭いだしたゴミがあって、すぐ捨てに行かなきゃ
いけないけど、ゴミ捨て場にはウザい近所のオバサン連中が
たむろしてる、さあ、どうする!!!」
っていう状況の方が死活問題なんスよ。

すまんネェ。自己チューのエゴイストで。
でも、結果的にゴミの減量に貢献してるんだから、動機はどうでも
いいじゃんね?

生ゴミ君、さよーならー。

段ボールコンポストの詳細は以下のリンクからどうぞ。
http://www.shiojiri.ne.jp/~fukuzumi/jean/konpo.html

私は、ウチにあったもので適当に作りましたが、
NPO法人循環生活研究所では土や炭、温度計などとセットで
販売もしているようです。
http://www.jun-namaken.com/index.htm

「だから私は・・・」

糸井重里氏のサイト、「ほぼ日刊イトイ新聞」のダーリンコラムに
「で、きみは?」という歌詞が載っていた。
(元ネタリンク)
http://www.1101.com/darling_column/index.html

自分の殻にひきこもって何もアクションを起こさないくせに
傷つくことには敏感でネットの掲示板等では吼えまくる
オタクやひきこもりを批判してるっぽくて。

ひょっとしたら私の深読みしすぎで、実際は単なる自省
なのかもしれないけれど。

なんとなく、反論したいモヤモヤが頭から離れなかったので、
アンサーソングっぽいのを作ってみた。

全部ひらがなってとこが馬鹿にされてる気がするので、
敢えて表現を変えて漢字にしてみたり。

大体、糸井さんって、基本的に頭のいい人だと思うし、
特に時代を読む力と人を動かす力が抜群に優れている人
だと認識している。(知り合いではないのでもちろん憶測)

けど、黒い噂が絶えない某パチ屋の社外取締役でもあるらしいし、
蛭頭事件で連日名前の挙がっていた某下着メーカーの
社長との対談で彼女のことベタ誉めしてたし、
何となく胡散臭いなあと思いつつ。
でも、今回は、まあとりあえず乗せられてみた。

昔、吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」って本を読みながら
「何言ってんだこのオッサン。上から目線で他人事かよ。」
って思ったひねくれ者の自分は、
今、生き辛さの真っ只中にいる当事者なので、
むしろ「我々はどう生きるか?」っていう方が現実味がある。

バブルや終身雇用や接待就活など、高度経済成長時代の恩恵を
全く受けてない我々の世代と、少なからず甘い汁を吸ってきた世代が
どんどん分かり合えなくなってる気がする。

古きよき時代の蓄えも思い出も持たない我々にとっては、
日々息苦しくなっていく今の社会だけが現実で、
逃げる場所も頼る人もないまま、
今後の社会の動きが、速攻で我々の生死を左右するのだから。

ひきこもりながら、今日も私は吼える。
ひきこもりを侮るな。
ひきこもり、 万歳。

___________________________________________________

「だから私は・・・」

間違った世の中。
愚かな人間たち。

だけど私は貢献したい、公正な社会の実現に。
だから私は発信し続ける、自分の頭で考える人たちが増えるような情報を。

誰も信じられない世の中。
平気で嘘をつく人間たち。

だけど私は生きたい、少しでも、息苦しくない人生を。
だから私は行きたい、できるだけ資本主義と消費社会から距離を置いた所に。

汚れきった世の中。
悪魔に魂を売り渡した人間たち。

だけど私は悪足掻きする、流されないように最期まで。
だから私は見守っている、ある日目覚めて真実を知ろうとする人たちを。

卑怯者が得をする世の中。
良心を失くした不愉快な人間たち。

だけど私は話し続ける、偽りのない誠実な言葉で。
だから私は生き続ける、誰にも邪魔されない所で自然と共に。

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。