スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先丸靴下はもう買わない。5本指ソックスのすすめ。

前回、化繊のストッキングはもう要らない宣言した、ひきこもりです。

「じゃあ、何をはけばいいんだ?」って誰にも聞かれていませんが、
自分で突っ込んでしまったので、とりあえず答えることにします。

基本的には靴下です。
でも、靴下は靴下でも、5本指ソックスがおすすめです。

ワタシ、普段、5本指ソックスしかはきません。
もう何年になるんでしょう?
一度履き始めたら、あまりの快適さに、やめられなくなっちゃったんです。
普通の先丸靴下だと、指の間が気持ち悪いんですね。

なので、靴も靴下着用で履けるモノしか履きません。
まあ、ほとんど外出なんてしないんですけど。
春夏はスニーカー、冬はショートブーツです。

ちなみに、靴下の素材は絹が最高。
通気性に優れていて、夏涼しくて、冬は暖かい。
肌に優しいんでしょうね。
踵のガサガサもいつの間にか治ってました。

ワタシの数少ない贅沢品です。

靴下ではあまりオシャレできないのが玉に瑕ですが、
オシャレする必要なんてない、ひきこもりですから。

将来、もしどーしても着飾らなきゃいけない機会があったら、
その時は、絹のストッキングでもはきましょうかね。
それも、ガーターで留めるヤツだとセクシーでいいですね。

まあ、そんな予定、全くないんですけど。
どうせオシャレするなら、そのくらいしないと、ね?

肌にも健康にも優しくて、耐久性はイマイチだから、お財布的には微妙だけど、
天然素材で地球にも優しい絹の5本指ソックス、本当におすすめです。

身体と心が求めるものを自由に選ぶことのできる、
ひきこもり生活、万歳!

そうそう、前回の記事をアップした後、思いついたんですけど、
パンスト破りのプレイをしたいカップルなんかは
化繊のストッキングがなくなったら困るかもしれないですね。
これまた、ワタシには関係のない話ですけど・・・。


スポンサーサイト

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

化繊のストッキングはもう要らない。

最近、若い女性の「パンスト離れ」が進んでいるらしい。

そりゃあれだけ、「モモヒキ」だの「スパッツ」だの「レギンス」だの「トレンカ」だの
似たようなモノを名前だけ変えて、さも最先端のモードみたいに扱って、
メディアを使って消費を煽ったんだから、当然の結果でしょうよ。

それとも、パンストの消費は以前のままで、さらにレギンスやトレンカを買わせようと
思ってたとか?有り得ないね。そんなお金のヨユーありませんから。

そもそも、ストッキング着用が義務の仕事って今、減ってるでしょう?
いわゆるOLとかでも、私服の所多いし、制服でもハイソックス可のとこ増えてるし。
靴下とかレギンスとかの方が、洗濯しやすいし、耐久性も上だし、結果的に経済的。

オシャレする時でも、ナマ脚でOKになってるみたいで。
ナマ脚の方が安くつくじゃない?

結局、お金です。

だって、ストッキングって結構簡単に破れるでしょう?
新品に脚を入れたとたんピーっと伝線した時のショックったらないよ。

しかも、ストッキングって着心地悪すぎ!

汗を吸わないから、肌とストッキングの間で蒸れて、かぶれるし、痒いし、べとつくし、
本当に不快なんですよ。

締め付けるから、血行悪くなって、余計冷え症が悪化。
健康にもよくないですね。

ワタシも昔、制服がスカートで、肌色ストッキングに黒のパンプスが規定のトコで働いてた
ことありますけど、もう嫌で嫌でしかたなかったです。

ひきこもりになって、よかったこと、いっぱいありますけど、
ストッキングをはかなくて済むことも、その一つ。

化繊のストッキングはもう要らない。

肌にも健康にも良くない。耐久性が低くて、お財布にも優しくないし、
天然素材じゃないということは地球にも優しくないでしょう。

化繊のストッキングよ、さようなら。

テーマ : 心と体にいいことはじめよう!
ジャンル : 心と身体

キ○ガイさんじゃダメですか?

枯れ井戸さんと玉さんのバトルはどうやら終結したようですね。  
まあ、もともと大騒ぎするようなことではなかったですし。
いきなり課金記事を書き出したことに反対してブロ友をやめるというのは一理あると思うし。

ブログって今や、ものすごく影響力の大きなものですからね。
ウチみたいに閑古鳥が鳴いてる推定読者2.3人のブログならともかく、
訪問者が多くなると、書く記事の内容やら、貼るリンク先の内容やら、注意しないといけないことも
多くなるようで大変ですね。

枯れ井戸さんはきっと、生真面目で責任感の強いタイプなのかもしれませんね。
余計なお世話でしょうが、あまり深刻に考えすぎて、自分を追いつめすぎないよう気をつけてくださいね。
従来のうつ病になりやすいタイプとも言えるでしょうね。

もう一つだけ、外野でブツブツ呟くとすれば、キ○ガイという言葉の使用についてでしょうかね。
ワタシは別に構わないと思うんです。
なぜなら、自分でキ○ガイです、と名乗ることが、あらゆる常識的ではない言動の免罪符になるからです。

昔、働いてた職場に、ものすごく自分勝手な人がいました。

協調性ゼロ、というか、その人のミスでみんなが残業しなくちゃいけなくなっても、自分だけ定時で帰宅する
ような人でした。他の人は、楽な仕事、目が疲れる仕事、腰が疲れる仕事、歩き回らなきゃいけない仕事、
などを順番にローテーションしてるのに、その人は、ローテーションに加わらず、楽な仕事しか、
していませんでした。

ワタシ、当時、まだ若い新人さんでしたので、周りの人が黙ってるなら、自分も黙ってようと、
大人しくしてましたね。で、ある日、こっそり古株のオネーサンに聞いたんですよ。役員の娘とか
重要な取引相手の親戚とか、そういうコネでもあるのか、と思ったんですね。ところが、そのオネーサン、
何て答えたと思います?

「ああ、あの人、変わってるから。」

確かにね、ロッカールームでも雑談とかしないし、っていうか挨拶もしないし、従業員食堂でもいつも一人だし、
仕事に関係のあることですら、まともに口をきかない人でしたけどね。

「あの人、変わってるから。」

それで、すべて許されるんですか!?まだ初々しい頃のワタシには驚きでした。

「変わり者」と認識されることによって、彼女は人間関係的に排除されてましたけど、楽な仕事ばかりして、
定時に帰宅してっていう、自由を手に入れていた訳です。

日本のように、集団意識が高く、協調性が異様に評価される文化の中で、みんなと違う意見を言ったり、
みんなと違う行動をしたりすることって、なかなか難しいと思うんです。

それが、「あの人、変わってるから。」の一言で、自由に、あるがまま生きられるなら、それも悪くない
と思うんですけど、ダメですか?

キ○ガイさんというグループに加わることで、ワタシはある意味ラクになりましたけどね。

坊主で湯シャンでスッピンで、身体もお湯で拭くだけ、ムダ毛処理もしないし、寄せて上げてのブラもしない、
着る服は流行なんかクソ食らえで、いつも一緒。
そんな人が周りにいたら、「変わった人だな」と思うのが、人情ってモンでしょう?

やれ、エコだ、オーガニックだ、人工地震だ、細菌テロだ、西洋医学は嘘っぱちだ、一般市民は洗脳されている、
地球が乗っ取られるぞ、人類滅亡だ、とか、騒いでる人が周りにいたら、「あの人、大丈夫かな。」
って思うでしょ?

新しく引っ越してきた近所の人が心配して、ケーサツやビョーインに通報されちゃうかも、って時に、
前から住んでる人が、「心配しなくても大丈夫よ。あの人、キ○ガイなひきこもりだけど、害はないから。」
って言ってくれれば、ワタシは強制送還を免れるわけですよ。

他人をむやみにキ○ガイさん扱いしちゃ、勿論ダメですけどね。
自分でキ○ガイさんと名乗るのは、別に構わないと思うんです。

学生時代、心理学の授業で習いましたね。
「正常と異常の境目は時代や文化によって左右され、非常に曖昧である。」
今、異常だと思われてることが、何年か後には正常だと言われるようになるかもってことですよ。

標語でも作りましょうか?
「今日のキ○ガイ、明日のフツー」

キ○ガイなひきこもり、万歳!

余計な食器はもう要らない。洋風家庭料理のすすめ。

ワタシ、和食作らないのは、品数が複数必要だから、メンドクサイし、時間かかるからなんですけど、
もう一つ、器がたくさん要るっていうのも問題ですね。

今、「お家ごはん」だの何だのって、レシピサイトわんさかありますね。
ブログでレシピアップしてる人もものすごくいますね。
今日の夕食、なんて記事、掃いて捨てる程ありますからね。

料理研究家もいっぱいいますね。猫も杓子も、膨大な量のレシピ本が出版されてますね。
あの手のオンナ(オトコもいるけど)たちって、一体何がしたいんでしょうね?
単にワタシってお料理上手でしょう?とか、ワタシって料理センスあるわよね、って
知識や技術を披露したいっていうだけじゃないような気がするんですよ。

こんなに家族に尽くす自分をアピールしたいのか。
ワタシって、こんなにいい母、ヨメなのよって言いたいのか。
こんなに頑張ってるワタシを認めて、もっと褒めてって言いたいのか。

料理に時間を費やせるゆとりを自慢したいのか。
食材や器などにお金を費やせる豊かさを自慢したいのか。
リッチな団塊世代を親に持った、特権階級である自分を自慢したのか。
今時珍しい、甲斐性のあるオトコを捕まえて、専業主婦になれた自分を自慢したいのか。

何なんでしょうね。一体。

昔みたいにね、専業主婦が食事の用意する時間があった時代はいいですけどね、
時代が変わって、ライフスタイルが変われば、食生活も順応するべきだと思うんですよ。
妙に、ハレの料理ばっかり取り入れて、洋食は健康に悪い、和食がサイコーとか言うんじゃなくてね。

昔はよかった。伝統的な和食が日本人には一番合っている。それも嘘じゃないと思いますよ。
でもね、今のライフスタイルにそれが合致するかどうかという点を見過ごしてはいけません。

だいたいね、現代の働き人、料理に何時間もかける暇ありませんから。
安い狭い部屋に、こまごまとした和食器を仕舞う場所ありませんから。
っていうかその前に、食器を揃えるお金、ありませんから。

洋食だって、レストランで食べるような、クリームにバターたっぷりのカロリーの高い食事ばっかりじゃないでしょ。
昔ながらの、質素な家庭料理なら、どこの国の料理でも、たいてい野菜たっぷりで、豆たっぷりでとかで、
健康にも家計にも優しいですよ。

メニューも、食器もワンパターンで、何か悪いですか?
もっと、シンプルに、ミニマムに生きましょうよ。

仮に二人暮らしで、たまにカップルのお客さんを招くとしましょう。4人分食器があればいいわけです。

洋食なら、必要なのは、
大皿4枚。デザート皿4枚。グラス4脚、コーヒーカップ4脚。 フォーク・ナイフ・デザートスプーン4セット。
それだけです。

大皿に盛ってテーブルに出さなくても、台所で一人づつ皿盛りにして配膳すればいいことでしょう?
サラダボールくらいはあってもいいですけどね。

あと、ヨーグルトを食べたり、スープやカフェオレを飲んだりできるような、兼用どんぶりが2つあれば十分じゃないですか?

モノが増えることが「豊かさ」だと信じられていた、のか、信じ込まされていたのか、は微妙ですが、
そんな時代もありましたよ、確かにね。
でも、そろそろ大量生産、大量消費、大量廃棄のお馬鹿なサイクルから抜け出しましょうよ。

絶対、どーしても必要な、大切なモノだけ厳選して選びましょう。
本当に、本当に、本当に、必要なモノってそんなに沢山ないことに気づくでしょう。

シンプル・ミニマムな
ひきこもり生活、万歳。

ひきこもりの食卓。

ワタシね、あんまり和食、作らないです。
和食って健康にいいらしいですけど、メンドクサイんですよね。
何品も用意しないといけないし。器も沢山必要だし。

っていうか、みんな料理に手間ヒマ掛けすぎじゃないですか?
あれこれメニューも工夫しすぎじゃないですか?

レシピサイトとか、ワタシも利用しますけどね、頑張りすぎじゃないのって人、結構いますよ。
もっとシンプルでいいんじゃないのかなあ、っていつも思います。

毎日違うもの作らなくたっていいでしょう?
毎週同じメニューで、何か問題ありますか?

食べるものが決まっていた方が、買い物もラクだし、食材も無駄にならないし、
何を作ろうか悩まなくて済むし、いいこと尽くめですよ。
家族のいる人は、家族の理解と協力が必要でしょうけどね。

ちなみに、前回紹介した、圧力鍋ひとつで具沢山パスタ。

同じ手順で、トマトを抜いて、チーズを足せば、チーズパスタになるんですよね。
その場合はの具材はシーフードとほうれん草の組み合わせがおすすめかな。
あー、なんて横着な、ひきこもりレシピなんでしょう。

限られた食費で、手間を省いていった、ひきこもりの食卓。
トマトパスタかチーズパスタか、順番に、ほぼ毎週作ってます。
さらに、さらに、パスタの代わりにお米を入れればリゾットですよ。
あー、なんて適当な、ひきこもりレシピなんでしょう。

だって、美味しいし、簡単だし、野菜と炭水化物がいっぺんに摂取できちゃうのって便利なんですもの。

ヘルシーでエコで、簡単で美味しい。
ひきこもりの食卓、万歳。


出来合いのパスタソースはもう買わない①。簡単トマトパスタのすすめ。

なんちゃってシーザードレッシングのレシピを載せたのでね。
イタリアーンの続きも書いちゃいましょうね。

パスタソース、出来合いのもの、インスタントなもの、いろいろありますね。
値段も味もピンきりで、どれにしようか迷うほどです。
ワタシも、昔はいろいろ常備してました。
便利ですからね。

でも、何が入ってるかわからないし。
ゴミも出るし。
買い物にも行かなきゃいけないし。
できるだけ節約したいし。

3減キャンペーン実施中のひきこもりと、出来合いのパスタソースは相容れないようです。

なので、自分で作ります。

ワタシ、昔はね、パスタは大きなお鍋で、たっぷりのお湯で茹でるのが一番と思ってました。
っていうか、実際それが正しいんでしょう。

でもね、ウチ、レストランじゃないですし。
ワタシ、シェフじゃないですから。

そこそこ美味しくて、簡単な方が有難いです。
と、言うわけで、パスタは圧力鍋一つで作ります。

まず、にんにくと玉ねぎのみじん切りを油で炒めます。

夏ならズッキーニやナス。冬ならキャベツやセロリを入れると美味しいですが、なくてもOK。
家にある季節の野菜を使えばなんでもあり、ということです。

ツナ缶かシーフードミックスかソーセージかベーコンか、どれか一つダシになるものを入れて、
フレッシュトマトをミキサーにかけたものか、トマト缶と水もしくはブイヨンを入れる。

しばらく煮込こんでパスタと豆乳もしくはミルクを入れる。冷凍のブロッコリーやカリフラワーが
あれば一緒に入れる。

ふたをして、圧力がかかり始めたら、パスタのゆで時間の半分火にかけて、火を止めて同じ時間待つ。
食べる時に塩と胡椒で味を調えれば完成。

スパゲッティでも出来ますが、ウチはショートパスタで作ります。4食分くらい作って、
なくなるまで毎日食べます。

あ、ワタシ、毎日同じ食事で平気な人です。
だって、その方が経済的にも、時間的にも、合理的でしょ?

サラダと具沢山パスタ。もしくは、具沢山パスタとデザート。

ヘルシーでエコで、簡単で美味しい。
ひきこもりレシピでした。

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

ひきこもりが考える、引き寄せの法則をめぐる議論について。

引き寄せの法則って危ないらしいですね。
どうやら、その危険な引き寄せの法則を安易に利用しようとした
玉さんを枯れ井戸さんは批判したみたいですね。

確かにね、使い方を誤ると危険なものってたくさんあると思います。

メディアが消費を煽るために流す広告も洗脳なら、
「あなたは価値のある人なんだよ」とクライアントを励ますカウンセリングも一種の洗脳。

歴史の教科書を改ざんして行うのも思想操作なら、
「あなたはとても恵まれている幸せな人なんですよ」と気づきを促すのも思想操作。

ヨガの瞑想とか、断食とか、精神に影響を及ぼす危険なものって実は身近にいろいろあるんですよ。
音楽やダンスなど一見、害がなさそうなものも含めてね。

脳や神経の機能が少しずつ解明されていますが、まだまだ神秘としか説明できないような作用もあり、
我々の潜在能力は相変わらず未知数という現状で、発展途上の力を使うのは、確かに危険なことかもしれません。
でも、すべてが解明されるまで、何もせずに待つことだけが、本当に正しい選択なのでしょうか?

引き寄せの法則に似た様なモノも、いろいろありますね。
欲しいものをリストアップする「夢ノート」とか、
なりたい自分をイメージする「口ぐせ理論」とか、
それらが全部だめってことになると、それこそ夢も希望もあったもんじゃないですよ。

綺麗になりたい、とか。成功したい、とか。幸せになりたい、とか。
そういう気持ちって大事でしょ?
自分にとって、良いものだと思えるもの、必要だと思うものを引き寄せようとするのは悪いことですか?

お金と一緒でね、引き寄せの法則、そのものが悪いわけじゃない、と思うんです。
問題なのはそれを悪用する人であって、それそのものが危険なわけじゃない。

だからね、ワタシは別に構わないと思います。
引き寄せ理論、使いたい人は使えばいい。

もちろん誰かを攻撃したりとか、他人に迷惑をかける使い方はしちゃダメですよ。
でも、個人が個人の責任で、自分が良いと思うことに使うことまで禁止する必要はないんじゃないですか。

ただ、枯れ井戸さんが危惧するように、カリスマ性をもった人物が、一見正しそうに見える目的のために
多くの心優しい「いい人」たちを煽って、引き寄せの法則を使うのは微妙かなとも思います。

やり過ぎると危ないのも事実でしょうから。
そのことは留意しておいたほうがいいでしょう。

大きな成功を引き寄せすぎて、奴らに狙われたのか、代償を払わされたのかはわかりませんが、
何かウラがありそうな死に方してる人、何人も思い浮かびますからね。

もうちょっと自分の頭で考えて、判断しましょう。

意地悪な人が増えるのは嫌だけど、素直ないい人が増えるのもマズいかもしれない。
ファシズムが台頭しちゃいますよ。

平和運動とか、差別撤廃とか、人権擁護とか、人道支援とか、そういう団体にも、
陰謀の手が伸びてますからね。

誰かがいいって言うから、それをやるんじゃなくて。
誰かが危ないって言うから、それをやめるんじゃなくて。

誰かの言うことを真に受けて右往左往しても仕方ないでしょう?
間違ってても、正しくても、その人があなたの人生の責任を取ってくれる訳じゃないんですよ。

自分のアタマで考えましょう。

馬鹿とハサミは使いよう。
ひきこもりと引き寄せ理論も使いよう。

それじゃ、いけませんかね?

ひきこもり、万歳。

もうちょっと自分の頭で考えましょうよ。

金玉爺と枯れ井戸さんのバトルですか?
いいじゃないですか、それぞれ勝手に言わせとけば。
なんで、外野がそんなに騒ぐんですか?

実は、出来レースかもしれませんよ?
実は、二人とも、陰謀を企ててる側の手先かもしれませんよ?

アナタはなぜそれを信じてるんですか?
どっかのブログで読んだから?
テレビで偉い人が言ってたから?

「自分で興味持ったことを、自分で調べて考えた結果、自分はこう思います。」

なぜ、そう言えないんですか?

まあ、今の教育は、知識を詰め込むばっかりで、自分の頭で考えることを放棄させようとしてますからね、
しかたないのかもしれませんが。

「だって自分は、いい大学でて、いい会社入って、いっぱいお金稼いでる誰かさんみたいにえらくないし。」
「だって自分は、語学が出来るわけでも、重要な情報を握ってる人とコネがあるわけでもないし。」

だから、何ですか?謙虚でいることって、必ずしも美徳じゃないと思うんですけど。
なんで、自分を卑下する人がこんなに多いんでしょうね?

いわゆるエリートと言われる人って、結構知識が偏ってたりしませんか?
偏差値ばっかり高くても、人間的には全然魅力的じゃない人もいますよね。
いろんな情報を抱えれば抱えるほど、真実から遠ざかってるかもしれませんよ。

もっと、自分の直感を信じましょうよ。
もっと、自分の心の機微に触れるものを大事にしましょうよ。

もっと、ひねくれ者になりましょう。
もっと、天邪鬼になりましょう。

もっと、自分に自信を持って、自分の頭で考えましょうよ。

え?ひきこもりのお前に言われたくないって?
そりゃ、そうでしょうよ。
ひきこもりですら理解できることが理解できないって、情けないですよね。

でもね、ひきこもってるからこそ、余計な雑音や雑念から解放されて、見えてくることも
あるんです。

ひきこもり、万歳。

テーマ : 考える
ジャンル : その他

市販のドレッシングはもう買わない。自家製シーザードレッシングのすすめ。

玉さま、お忙しいみたいですね?
課金ブログでがっぽり稼いで、トンズラなんてコトはないですよね。

折角、ポータルサイト作ったのに、更新されてなくて残念です。
キチ○イ集団のブログを更新情報から、ピックアップしてお散歩するのが
楽しみだったのに。また、再開してくれることを願ってます。

ひきこもりになって、外食もあんまりしなくなって、普段割りと
質素な食生活ですけどね、たまにはオシャレなモノも、食べたくなったり
するじゃないですか。

イタリアーンな横文字系ね。

単純なワタシ的にとっては、イタ飯と言えば、

シーザードレッシングのサラダとトマトソースのパスタ。

え?ダメ?十分でしょ。

昔は、シーザードレッシングとか、レストランに行かなきゃ食べれないものだと
思ってましたよ。

スーパーで瓶詰めを見つけたときには、これで家でも食べられると喜んだものですよ。

今や、自分で作ります。本当に、ネットって便利。作り方とか、本当に何でも
見つかるじゃないですか。

食べるラー油とか、流行ってるみたいですけど、数日後には、自分で作る為の
レシピ、上がってましたし。情報を共有する力って言うんですか?すごいですねえ。

と、言うことで、今日のお題は、シーザードレッシング。
ウチは、なんちゃってレシピで十分なので、

カレースプーンに1杯分の、マヨネーズとヨーグルト
カレースプーンに半分の、レモン汁とオリーブオイルと蜂蜜
さらに、おろしにんにくと粉チーズと塩胡椒を適量加えて混ぜるだけ。

超簡単。でも、美味しいですよ。

水菜とかルッコラとか、ちょっとクセのある葉物が合いますね。
ウチでは、ベランダで育ててる二十日大根と、自家製の貝割れも一緒に
トッピングしますけど。

そうだ、ベランダ栽培とかスプラウト栽培の話も今度しましょうね。
あ、もやしについてはもう書きましたっけ?

ヘルシーでエコで、幸せなひきこもり生活。
とっても豊かで、気づきに満ち溢れてるので、
書きたいネタがありすぎて困っちゃいますね。

でも、ネットばっかりだと、肩凝るし、目が疲れるので、
ぼちぼち、のんびり、更新しますね。
仕事じゃないわけですから。

では、また。

テーマ : 簡単レシピ
ジャンル : グルメ

一番じゃなきゃ駄目ですか?自分の人生を自分のために生きちゃ駄目ですか?

いましたね?「二番じゃ駄目なんでしょうか?一番じゃなきゃ駄目なんですか?」って言った人。

なら、ひきこもりのワタシも言わせていただきましょう。

「一番とか二番とか言う前に、最初から勝負に参加したくないんですけど・・・それじゃ駄目ですか?」

別に働きたくない訳じゃないんです。

でもね、常に上を目指せ、もっともっと成長しろ、とか言われて、
自分の給料に還元されるわけでもないのに、毎回ノルマが厳しくなって、
会社の業績は絶対赤字じゃ駄目で、利益が前年比を上回らなきゃ人件費を削除されたりして。

そんな状況の中ではもう、生きていけないんです。無理なんです。身体も心も。

戦後ゼロから這い上がって、ひたすら経済成長を続けてた頃は、それでよかったのかもしれませんけどね、
今や、経済頭打ち。ゼロ成長ですよ。ゼロ成長。これ以上大きくなりようがないでしょう。

この状況で業績を伸ばそうとしたら、方法は一つですよ。誰かを犠牲にすることですね。限りなく犯罪に
近いグレーな方法でお金を稼ぐとか。若者や高齢者、外国人の労働力を安価で搾取するとか。
じゃなきゃ、もう成長なんて出来ません。

「えーっと。成長しないと駄目なんでしょうか?現状維持じゃ駄目なんですか?」

今あるものを大事にしながら、必要最低限のモノで満足できるようなシンプルな生活を送りたいだけ
なんですけど、それじゃ駄目ですか?

とりあえず、誰も傷つけずに、自分も傷つかずに、人間らしい生活がしたいだけなんですけど、
それじゃ駄目ですか?

ひたすら上を目指して、必死になって、がむしゃらに働きたくない人は、生きてちゃ駄目ですか?

それなりに働いたら、それなりに生活できるよーになればいいなあ、っていうのは夢物語ですか?

ワタシね、一応、働いたことあります。自由な時間を失い、精神的余裕を失い、果ては健康な身体すら
も失いましてね、こりゃ無理だなと悟ったんです。それだけ犠牲を払っても、生活はカツカツでしたしね。

ある日、働いても働いても、幸せになれないなら、働くの、やめちゃえ、って思ったんです。

でね、ひきこもりになったんですけど、今、毎日本当に幸せなんです。

いろんな呪縛から解放されて、生まれて初めて、自分のために自分の人生を生きてる、
って実感したんです。

ひきこもりになるまでは、親のためだったり、教師や学校のためだったり、会社のためだったり、
社会のためだったり、常に自分じゃない誰かのために生きてたんだ、って気づいちゃったんですね。

一度きりの自分の人生を自分のために生きたい。
そう願うことって、駄目ですか?贅沢ですか?我がままですか?

申し訳ありませんねえ。ワタシ、誰に何と言われようが、もう決めました。
今の、この幸せなひきこもり生活を継続するために、全力を尽くすことを。

ひきこもり、万歳!


テーマ : 幸せに生きる
ジャンル : 心と身体

「3足のわらじ」って何?

よく理解できないんですが・・・。

今回の選挙で比例代表で当選した、「3足のわらじバッシング」を受けている彼女。

何で「3足のわらじ」、なの?

政治家・オリンピック強化選手・主婦、って書いてる記事もあったし、

政治家・オリンピック強化選手・母、って書いてる記事もあったけど。

主婦とか母って、何でカウントされてるの?

仕事してる家庭持ちのオンナはみんな、就業者と主婦の「2足のわらじ」をはいてるってこと?
仕事してる家庭持ちのオトコもみんな、会社員と夫の「2足のわらじ」をはいてるってこと?

仕事してる家庭持ちのオンナは、フツーにいっぱいいるでしょ?
子育てしながら働くのって、今、別に珍しくないでしょ?

批判されるべきなのは、どちらか一方をやり遂げるだけでも膨大な努力を必要とし、
国家を代表するという責任のある立場でもある、政治家とオリンピック強化選手という
2つを同時にやろうとしている点だと思うんですけど。

家庭を持ちオンナが、政治家になったって問題ないでしょ?
家庭持ちのオンナが、オリンピック目指したって問題ないはずでしょ?

子持ちのオンナが、政治家になっちゃ駄目なんですか?
子持ちのオンナが、オリンピック目指しちゃ駄目なんですか?

家庭を持って、子どもを産んだら、専業主婦になれとでも言うんですか?
いつの時代の話ですか?

家庭持ちで、子持ちのオトコが政治家になっても何も言わないくせに。
家庭持ちで、子持ちのオトコがオリンピック目指しても何も言わないくせに。

知事で、作家で、4人の子どもの父って、3足のわらじじゃないんですか?
知事で、弁護士で、タレントで、7人の子どもの父って、4足のわらじって言わないんですか?

与野党の議員で、政治家以外の仕事も兼業している人、結構いるんじゃないんですか?
家庭持ちも、子持ちも、たくさんいるでしょう?

何で、今回だけ、3足のわらじにしたんでしょうね?

2足のわらじでも、十分バッシングできたと思うんですけど?

政治家とオリンピック強化選手なんて、誰がどう考えても両立できないでしょうから。

何でわざわざ、今回に限って、母とか主婦とか、家庭の事情を持ち込んだんでしょうね?

政治家とオリンピック強化選手なんて、とちらも公的な税金を費やしている訳だから、
公に非難されても仕方ないでしょうけど、どんな母であろうと、どんな妻であろうと、
個人の家庭の事情に他人が口出すことじゃないでしょう?

3足のわらじって言い出したの、誰ですか?

何で、公的な問題と、私的な問題をごっちゃ混ぜにするんですか?
何か、恨みでもあるんですか?

オンナが政治に口出すんじゃねーとか
オンナがオリンピック目指すなんて思い上がってんじゃねーとか、
オンナは黙って家事と育児してりゃいーんだよ、とか

まさか、そんなこと、思ってないですよね?
って勘繰りたくもなるワタシが間違ってるんですか?

政治家とオリンピック強化選手の両立なんて言ってる本人も、もちろん論外で、
有り得ないと思ってます。

でも、3足のわらじとか何とか騒いでるマスコミの言うことを鵜呑みにして、
個と公の区別もせずに、馬鹿みたいにバッシングしている人たちの煽られやすさ
も有り得ないと思うんですけど?

ワタシ、考えすぎですか?

もっと、かるーく、自分の頭は使わずに、流れに逆らわずにいれば、
ラクーに生きられるんでしょうかね?

テーマ : 2010参院選
ジャンル : 政治・経済

コンビニはもう要らない。便利さを求めない生活のすすめ。

コンビニ好きですか?「便利」ですものね。
24時間営業してるし、都会じゃ200mごとにコンビニがあるとか?

わざわざ家から持っていかなくても、コンビニに寄れば何でも手に入るし。
事前に予定を立てて、荷物の用意したり、しなくていいのって「便利」ですよね。

必要なときに、買って、消費して、捨てれば、
ゴミは増えても、自分の荷物は増えないですもんね。
身軽なのって、「便利」ですよね。

でもね、
コンビニがあるせいで、余計な仕事、増えちゃったりしませんか?
コンビニがあるせいで、余計なモノ、買っちゃったりしませんか?

コンビニがあるから、忙しくなるのか。
忙しいから、コンビニが必要なのか。

コンビニ、本当に必要ですか?
コンビニがないと、幸せになれないですか?
コンビニがないと、生きていけない、とか?

私たちは、「便利さ」を求めて、一体何を得たのでしょう?
時間?
ゆとり?
豊かさ?
ホントに?

私たちは、「便利さ」と引き換えに、一体何を失ったのでしょう?
時間?
ゆとり?
豊かさ?
かもしれない・・・。

ワタシは、便利さを必要としない、ひきこもり、ですから、
コンビニなんて、別になくても困りません。
平和で穏やかなひきこもり生活を満喫中です。

スローなひきこもりライフ。万歳。



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

カ○ピスはもう買わない。手作り乳酸菌飲料のすすめ。

暑い夏に、冷たいカ○ピス。いいですねえ。
カキ氷のシロップにしても、ソーダ割りにしても、おいしいですよねえ。
ワタシ、あれ、子供の頃、憧れてましたね。

ウチはびんぼーでしたから、そんな洒落た物なくて、友達の家に遊びに行った時、
初めて飲んだんですね。そこのお宅では、お中元にもらったとかどーたらこーたら。
ウチには縁のない話でしたけど・・・。

で、小さかったワタシは思った訳です。お金がいっぱいあれば、
こんな美味しいものが飲めるんだぁ、と。

今、ひきこもりで、お金はいっぱいありませんが、
カ○ピスもどきは好きなだけ飲めるようになりました。

なぜか?自分で作っちゃえるからです。
もちろん、似非カ○ピスですけどね。十分美味しいです。
レシピサイト万歳。
クックパッドで見つけました。
http://cookpad.com/recipe/374934

ワタシ、これの半分量で作りますけどね。
寒天ゼリーにしたり、ホットで飲んだり、本当に便利です。

これ程ネットが発達して、情報があふれていなければ、
買わなきゃ手に入らない、と思い込んでたモノ、たくさんあります。

でも、実は自分で作れちゃうんですね。
もちろん、完璧じゃないですけど、手軽さと安全さが手に入って、
しかも、節約になるんですから。

エコで、ヘルシーで、手作り大好きな、ひきこもりでした。

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

お金と食べ物では、遊んじゃいけんと思うんよ。


このブログを始めるきっかけになった、玉さんが、株や投資の専門家たということは知ってましたが、
ここ最近は、随分丸く、好々爺にならはったようで、安心してたんです。

が、課金記事として、また書いておられるようで、ちょっと引いてしまいました。

いえ、いいんですけどね。やりたい人が勝手にやれば。

ワタシ、貯金切り崩しの、ひきこもりですから、パソコン通信さえできれば、
お金が稼げるなんて、夢のような話だと思います。

自分もできたらいいな、と思ったこともあります。
でも、昔から、苦手なんです。株とか投資とかマネーゲームとか。

きっと、ワタシの中にある動物的DNAが、拒否反応を起こすんですね。
ワタシ、原始的なひきこもりですから。

ワタシの細胞の中に、「食べ物を粗末に扱ってはいけない」っていうのと、
「お金で遊んではいけない」っていう危険信号が埋め込まれているんですよ、きっと。

食べ物を粗末にするっていうことは、もちろん命を粗末にすることですから当然なんんでしょうが、
なーんで、お金を稼ぐことに、こんなに躊躇するんだろーって、昔は不思議に思ってました。

ひきこもり、になって、やっと分かった気がするんです。
お金って、つながってるんですよ。

自分が得したら、その分、どこかで誰かが損してるかもしれない。
特に、不当な方法で稼いだお金とか、労働に見合っていない報酬とか、
誰かを不幸にして得たお金で、本当に幸せにはなれないと思うんです。

ワタシが、ナイーブ過ぎるんですかね?そうでしょうね。
良心が捨てきれないんです。キレー言で申し訳ないですね。

でも、すっごくお金持ちなのに、幸せそうに見えない人、いるでしょう?
とても質素な生活のはずなのに、いつも笑顔で満ち足りた顔してる人、いるでしょう?

無意味に莫大なお金を所持している人がいる一方で、必死で働いても最低限の
生活を維持するだけの収入すら得られない人がいる。

美食やグルメや外食産業の発達で、膨大な量の食料が廃棄される一方で、
餓死する人がいる。

なんか、間違ってるよなー、と思うワタシは病んでるんでしょうか?

株や投資やマネーゲーム、したい人はすればいい。稼ぎたい人は稼げばいい。
でも、その前に、すべての人に最低限の人間らしい生活を保障する方法を
考えてみませんか。

金持ちだから勝ち組とか、貧乏だから負け組っていうんじゃなくて、
「お金はないけど、人間らしい生き方ができて幸せ」っていう選択肢が
あってもいいと思うんですよね。

その結果、ワタシ、ひきこもりになったんですけどね。

いずれ、食べるものがなくなって、ライフラインも閉ざされたら、
自分で姥捨て山に登るかもしれませんけど。

でも、後悔はしないと思うんです。

利益を出すことだけに全神経を集中させ、お金に執着し、お金=自分の価値だと
信じて、お金がないと不安になるような、強迫神経症的経営者の下で働いていた
頃よりは、今、心穏やかな毎日を送れていますから。

お金さえあれば、幸せになれると思っている人、いますね?
騙されていませんか?それ、幻想かもしれませんよ。

ワタシ、ひきこもりですけどね。きっと、このまま、ひきこもり生活を
続けられる限り、続けるんだと思うんですけどね。

負け犬と呼ばれようが、逃げてるだけだと後ろ指をさされようが、
社会のお荷物と邪険にされようが、仕方ないです。
だって、幸せなんですから。


幸せな、ひきこもりライフ、万歳。








ペットボトルはもう要らない。水筒、魔法瓶活用のすすめ。

ペットボトルねえ。
あれ、びっくりするくらいの速さで、馴染んじゃいましたよね。

ワタシ、小学生のころは、まだ水筒でしたよ。

それが、高校生になる頃には、あちこちにコンビニができて、
登校途中に一本、帰宅途中に一本。とか、毎日買ってる子いましたねえ。

ワタシ、びんぼー人の子ですから、どこにそんな小遣いがあるねん。って
感じでしたけど。毎日コンビニ寄って、500円使ったら、月1万円ですよ。
そんなお金ありませんって。

と、言うわけで、ワタシ、家で作ったお茶を見かけだけペットボトルに入れて、
学校に通ってました。

なんとなく、水筒ってダサいイメージになってて、当時は、ウブだった
もので、自分一人だけ水筒とか、できなかったんですよ。

今は、面の皮の厚いババァ一歩手前ですので、全然平気ですけど。

ペットボトル、飲みたい時に、飲みたいものを、飲みたい温度で
買えて、便利かもしれないですけど、節約にはならないし、ゴミに
なりますよ。超もったいない、ですよ。

材料費とか人件費とか輸送費とか、ものすごく無駄ですよ。

そろそろ、ペットボトル依存症から卒業しませんか?

洗って繰り返し使える水筒。
今は、タンブラータイプとか、いろいろオシャレなのも売ってるし。
スポーツ用の軽いのとかもあるようですし。

確かに荷物になりますけどね、自分で用意したドリンクの方が安心
じゃないです?お金出して、水とかお茶買うのってどうかと思うんです。

水筒なら、水でもお茶でも、ジュースでもハーブティーでもOKだし。
冷たいのでも、暖かいのでも、ある程度の時間は保温してくれるし。

ちなみに、災害時など緊急用に、2リットルとか、1,5リットルのボトルは
あってもいいと思ってます。

でもね、自分でドリンク用意して、水筒持ち歩くのが面倒ってだけの
500mlのペットボトルは、本当に、消えて欲しいです。

リサイクルとか何とか言う前に。
水筒使いましょうよ。

ちなみにでっかい魔法瓶、お家で眠ってたりしませんか?
アレでね、煮豆を作ったり、ヨーグルト作ったりもできるんですよ。
一度、検索してみてくださいな。結構便利ですから。

それでは、ヘルシーでエコな、ひきこもりの呟きでした。

ペットボトルはもう要らない。






テーマ : ロハス&エコロジーライフ
ジャンル : ライフ

ひきこもり的、引き寄せの法則。


ワタシはね、別にスピリチュアルな人ではないんです。
全く、信じないって訳でもないんですが。
でも、最近ね、不思議なことが起こるんですよ。

毎日、ネットでメールとかニュースとか一通りチェックした後は、
「金玉ブログとその仲間たち」のサイトで気になった所に
ちょっと散歩したりするんですね。

そうするとね、ワタシがちょっと前に書いたこととか、次に
書こうと思っていたネタとか、これは要注意だな、と感じてた
話題とかに遭遇するんですよ。

一度や二度じゃないんです。びっくりする位の頻度でそれが
起こるんですね。

なんか、本当に思想やらエネルギーやらが循環してるのかも、
そういう気がしてきますね。

それなら、やっぱり気持ちいいことを引き寄せたいですね。

楽になれること、幸せになれることを、積極的に受信して、
自分からも発信して、快のボールをみんなでパスし合ってる
感じですか。

今、必要としている大事なことを、引き寄せの法則で循環させながら、
内的な充実と安定を維持しつつ、現実の世界で具体的な行動を
起こすことができるなら、ひょっとしたら、ひょっとするかもしれませんね。

できるだけたくさんの人が、「人間らしい生き方」を取り戻すことを
心から願っています。

できるだけたくさんの人が、今世界を覆っている息苦しさから解放される
よう心から祈っています。

ワタシ、ちっぽけな、ひきこもりですが、今、感じている幸せや、感謝の
気持ちを大切にしながら、少しでもベターな未来を呼び寄せたいと思います。

否定的なモノを避け、肯定的なモノだけを引き寄せられる、ひきこもり生活、万歳。

使い捨てナプキンはもう要らない。月経カップ&布ナプのすすめ。

前回、布ナプの利用には注意しましょうね、って書いて、
ネガティブな反応とか、怖いなーとビビッていたのですが、
とりあえず何ともなくて、安心しています。

そもそもあまり多くないこのブログの訪問者の方にとっては、
実は既に、常識なのかもしれませんね。

そう、最低限の注意を払えば、必要以上に神経質になることはないんです。
布ナプの普及に反対してるわけでもないですし。

自分が、血液感染するウィルスを保持しているかどうか検査しましょうね。
検査で陽性なら、次亜塩素酸を含む塩素系漂白剤で処理しましょうね。
家族がいる場合は、家族が血に触れないよう気をつけましょうね。
小さな子供がいる場合は、血液の扱いについて、ちゃんと教育しましょうね。

それだけのことですから。

月経血を膣の中に溜めて、トイレで出すというスゴ技の持ち主もおられるようで、
それは、素晴らしいと思いますが、個人的には、ちょっと人間離れしてる気がしますね。

そもそも、その話の元ネタは、「オニババ化する女たち」だと思いますが、
著者の専門、疫学ですよ。公衆衛生とか、予防医学とかの統計屋さんですよ。

その人に、月経とか、生理とか、オンナの身体とか語られても、それはあくまで、「エッセー」であって、
科学的根拠に基づいて考察しているわけじゃないでしょ、と思うわけです。

もちろん、月経コントロールができるようになったなら、それは便利な事なんでしょうけどね。
オンナなら全員できて当然、と思わなくていいと思うんです。

ワタシ、別に月経コントロールしようと思ってませんが、3減キャンペーンは実施中なので、
使い捨てナプキンはできれば使いたくないですね。
そして、ネット徘徊中、見つけたのが月経カップ。

月経カップというのは、主にシリコン製で、鈴のような形をしていて、タンポンのように膣の中にいれて、
月経血を溜めるというやつですね。気になる方は検索してみてください。

実は、これ、使えるようになったら便利だなー、いいなーと思いつつ、
自分では持ってません。今後の課題です。
なので、使った感想とかは書けないんですが・・・。

でも、ごみゼロですよ。一度買えば、10年は使えるんですよ。
布ナプみたいに、漬けたり、洗ったり、干したりが面倒じゃないんですよ。
交換の目安は12時間とか書いてるし、うまく使えば漏れることもなく、
泳いだり、自転車に乗ったりもできるらしい。

いいなあ、使ってみたいなあ。
もう少し、大人になってからにしようかなあ。
って、もう十分「いい大人」なんですけどね・・・。

昔、職場の同僚で、あまりのストレスから、月経が来なくなった人もいましたが・・・。
基本的には、働いてても、ひきこもってても、「来る」ものですからねえ。

うーん。毎月のことですからねえ。
できるだけ、快適に過ごしたいですよね。
そして、エコロジーでエコノミーであれば、なお良し。

と、いうことで、今の所、最善策は、
「月経カップ&布ナプ」かな、と思うわけです。

ケミカルナプキンは、もう要らない。
現時点で安全といわれていても、化学物質を使用している訳で、100%身体に無害とは
言い切れないだろうから。

使い捨てナプキンは、(できるだけ)もう買わない。
月経カップ&布ナプが一番、ラクで、身体にも財布にも地球にも、害がなさそうだから。
でも、長時間外出する時とか、面倒くさいこともある。
だから、オーガニックの使い捨てナプキン&タンポンは、あってもいいかな、と思うわけです。
臨機応変に、テキトーに生きましょう。

それでは、長くなりましたが、しかも連続だし。
月経ネタ、これにて一件落着、とさせていただきます。


ケミカルナプキンはもう要らない。でも布ナプの使用には注意しましょうね。

6月27日の「もう買わない」シリーズのネタを提供してもらいました。の、記事のコメントで、またまた、
ネタを頂きました。こんにちは さん、有難うございます。

提供していただいたネタは、はっきり書かれていたわけではありませんが、「布ナプのすすめ」的なものか
と解釈しましたので、今日は布ナプについて語りたいと思います。書こうかどうしようか、迷っていたネタ
でもあるので。

男性の方とか、詳しくない方もおられるかもしれないので、簡単に説明すると、女性の月経中に使われる、
いわゆる「ナプキン」には、3種類あるわけです。(個人的意見ですが。)

1、 石油系原料、化学薬品から作られ、一般的にCMとかもバンバン流れている、
使い捨てのケミカルナプキン。

2、 オーガニックコットンから作られていて、一部の通販やオーガニックショップなどで購入できる、
使い捨てのオーガニックナプキン。

3、 オーガニックコットンや、使わなくなった、ハンドタオル、ハンカチなどで作る、もしくは買う、
洗って繰り返し使える、布製のナプキン。(通称、布ナプ)

と、まあ、こんな感じでしょうか。で、この3番目の、布ナプが、自分の身体も環境も大事にしたい、
という女性たちの間で、じわじわ広まっている訳ですね。

念のため書いておくと、3減キャンペーン実施中のひきこもりであるワタシは、ここ数年、オーガニック系の
使い捨てタンポンとナプキンと、手製の布ナプと、を併用しております。ので、布ナプのメリットもデメリット
も一応、理解しているつもりです。もちろん、ケミカルナプキンの使用は論外で、とっくに買うの止めてます。

ちなみに、3減キャンペーンとは、ワタシが一人でやっている運動で、

1.いかにゴミを減らすか。
2.いかに無駄な出費を減らすか。
3.いかにに外出の機会を減らすか。

という3つが目標です。ので、確かに、布ナプ、悪くないんですよ。ゴミは明らかに減るし。
布ナプは繰り返し使えるので、長い目で見て、出費も減るし、買い物の回数も減る。
一見いいこと尽くめなんですね。

ああ、でも、どうしよう。これ以上書くと、敵を作るかも・・・。でも、スルーするのも後味悪いし・・・。
ああ、この、無駄な正義感のおかげで、今まで、どれだけ叩かれ、傷ついてきたことか・・・。

しかも、今から書くことで、「人間と自然に優しい、いい人」である布ナプユーザーさん達にショックを与えて
しまうかもしれないなあ・・・。世の中、知らない方が幸せでいられることも沢山あるし・・・。

って言うか、もう誰もこんなブログ、見てくれなくなるかもしれない・・・。

でも、仕方ないです。所詮、ワタシ、一匹狼のひきこもりですから。
書くべきだと思うから、書くんです。それだけです。

はい。ちょっと独り言でした。で、何を書こうとしているかというと、布ナプの安全性についてですね。

詳しくは、薬学博士の方が運営されている「uki☆uki☆せっけんライフ」というサイトに記事があるので、読んでみてください。リンクフリーのようなので、アドレス貼っておきます。
http://www.sekken-life.com/life/Nunonapkin.htm

上記のサイトで、記事がアップされた後、掲示板とか、結構大変なことになってたんですよね。
ワタシ、傍観していただけですけど。でも、大事なことだと思うんです。

前置き、長すぎですね。ズバっといきましょう。布ナプの何に注意が必要なのか。
それは、血液を媒介とした感染症のリスクという問題です。

使い捨てナプキンと違って、布ナプの場合、血液を大量に含んだ布をバケツに漬けておき、洗って再び使います。
一人暮らしでない場合、家族に血液が触れる可能性が高くなり、血液を含む排水が下水など公共水域に流れる
わけです。

ワタシは、布ナプを使っていますが、ワタシは、自分が、B型、C型肝炎や、HIV等の血液感染の可能性のあるウィルス検査に陰性だと知っています。

ワタシは、不特定な相手との性交渉もしないし、ピアスや注射針の共有もしないし、刺青も入れないし、輸血も受け付けないし、血液製剤も使っていないし、他人の血液に触れる可能性がある生活を送ってないと自覚しています。

ワタシは、ワタシの布ナプを漬け置きバケツも、布ナプを洗う洗面所も、洗濯機も、誰も触らない生活をしています。簡単に言うと、一人暮らし、ということです。

ワタシは、布ナプ使用に伴う、血液を媒介とした感染症のリスクを知った上で、布ナプを使っています。
が、世の中の、布ナプユーザーの何%が、血液感染のリスクを自覚しているのでしょうか?

身体にやさしい、とか、環境にやさしいとか、なんとなく、柔らかくて、ふわふわした、居心地よさ気な雰囲気に
流されて、布ナプ、使っていませんか?

自分の血液に、感染症のリスクがあるかどうか、知っていますか?

自分が感染しているかどうか不明確な場合は、次亜塩素酸を含む塩素系漂白剤を使うことをおすすめします。
次亜塩素酸を使うことによる環境や身体へのリスクよりも、ウィルスの含まれた血液を処理しないというリスク
の方が、危険性が高いと思うからです。

それから、小さな子供のいる家庭の場合は、特に注意して欲しいことがあります。

何にでも興味を示す子供が、漬け置きバケツに絶対触らないという保証がどこにあるでしょうか?

「血は汚くないんだ、洗えば綺麗になるんだ」という部分的に正しくない知識を与えてしまう可能性を否定できる
でしょうか?

確かに、血液は自分の身体を流れているもので、他の排泄物と同様、「汚物」という呼び方は適切ではないでしょう。でも、今後、感染症がさらに拡大していくことが予想される社会の中で、「他人の血液に素手で触ってはいけない」
という知識は、絶対に絶対に子供に教えるべきだと思います。

必要以上に神経質になる必要はないと思いますが、ある一方の主張だけを盲目的に信じてしまうのは、危険です。

布ナプ、アメリカから流行りだした、と書いているサイトも見つけましたが、ヨーロッパでは、あまり見かけ
ませんね。

ドイツとかフランスとか、環境意識・社会意識の高い国だと思うのですが、どうなんでしょう?ヨーロッパの地方に
よっては、下水処理が都市部ほど整っていなくて、生活排水がそのまま川に流されている所もあるらしいです
からね。HIV保持率の高い国からの移民が多いことも関係しているかもしれませんね。

布ナプ、こんなに無条件に「よいモノ」として受け入れられているのは日本だけのような気がするのです。

メディア・リテラシーという言葉があります。情報メディアを主体的に読み解いて、必要な情報を引き出し、
その真偽を見抜き、活用する能力のことです。ウィキペディアで解りやすく、説明されています。
よろしければご一読を。

時間に余裕のある、ひきこもりでもない限り、いろいろな情報を見比べて、真偽を確かめるなんて暇、
どこにもないよ、というツッコミ、ごもっともです。

でも、他人を疑うことを知らない、純粋で素直な人ほど、民意を誘導したい、権力者にとっては、格好の
ターゲットにされてしまいます。いい人ほど、洗脳されやすいのです。

キレーな心の持ち主に、根性のひねくれた、ひきこもりが、横からゴチャゴチャ言うのは、大変心苦しいのですが、
書いてしまいます。

布ナプの使用には、注意が必要です。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。