スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パセリはもう買わない。

いろんなところで、田舎に移住だとか、農業に就けとか、言われてますね。
「夢は、自給自足」って人も結構多いんじゃないですか?

実際には、今すぐ仕事やめて田舎に住めないし。畑を買うお金もない。
都会のアパート暮らしじゃ、なかなか野菜なんて作れるもんじゃありません。

でも、諦めないで。

狭いベランダでも作れるものがあるし。
小さな植木鉢一つくらい、置く場所、作れるでしょ?

もちろん、それだけで食べていけないけれど。
「庭がない」「田舎に住めない」って愚痴ってるだけより、
ほんの少しでも、緑のある生活、始めましょうよ。

自分で育てて、自分で消費するのは楽しい。
命の循環を感じるっていうか、心から「いただきます」って気持ちになる。

今日のおすすめは、パセリ。
レストランとかお惣菜とかで、お飾りのように付いてる、パセリ。
プラスチックみたいで食べない人も多いですよね。

普段良く見るのは縮れたパセリだけれど、
ワタシが育ててるのは、平べったいイタリアンパセリ。

まあ、この子が雑草並みの生命力で、一度植えたら、
こぼれ種で、毎年生えてくる。しかも年々雑草っぽくなっていく。
生命力が強いんだろうなあって思う。

プランターを一つパセリ専用にしてるんだけど、
わさわさ育ってます。

お飾りや脇役じゃなく、バンバン食べてます。
イタリアンパセリは独特の香や苦味もそんなに気にならない。

パセリって、ビタミン、ミネラルを多く含む緑黄色野菜なんですよ!
サラダに入れるし、スープに入れる。
ハーブティーにするという手もある。

放置しても勝手に育ってくれる上に、美味しくて、栄養満点の万能選手。
見てるだけで元気になれる気がします。

できることから少しづつ。
パセリに癒される、
ひきこもり生活、万歳!
スポンサーサイト

「マネージメント」はもう要らない。


ひきこもりになってから「要らないな」と思う概念、
たくさんあります。

「マネージメント」がその一つです。

もともと経営管理の分野で使われ、超資本主義的なわけですが、
全く人間的じゃないんですよね。

会社組織だけじゃなく、いまや、
タイムマネージメントとか、ストレスマネージメントとか、
セルフマネージメントとか、いろいろありますけど、

何かをコントロールできる、と思ってる時点で、傲慢というか、
アウトでしょう?

そのうち、環境マネージメントとか、バイオマネージメントとか、
健康マネージメントとか、自然や生命までも管理統括できると
思う馬鹿が出てきますよ。ってもう出現済みかも・・・。

人間が、自分や他人、組織や社会をマネージメントできると
思ってるから、歪んだり、無理したり、病んだり、
壊れたりするのだと思います。

必死で全部コントロールしようとするより、もっと謙虚になって
あるがまま、なるようになる、って大きく構えてる方が楽ですよ。

自分が身体を支配しようとするんじゃなくて、
身体の声に耳を傾ける方が、自然だと思うんですけど。

ありとあらゆることをマネージメントして、
必死で頑張って、一体その先に何があるんですか?

マネージメントとは無縁の、
シンプルでナチュラルな、
ひきこもり、万歳!

缶詰のあずきはもう買わない。乾燥豆貯蓄のすすめ①

いつ何が起こるかわからない、今日この頃。
多少、食料を蓄えておこうと思う人もおられるかと存じます。

ワタシ、ひきこもり歴数年の経験から言わせていただくと、
米より豆です。単にワタシが、あまり米を食べないからかもしれませんが。

豆をいろいろ活用できるようになると、買い物の回数を減らせる上に、
お財布にも優しいし、結構ダイエットにもなるようです。

豆乳やきなこにも変身する大豆はもちろん、
もやしになる緑豆、ヒヨコ豆にレンズ豆、金時豆なども便利です。

そして、今回のおすすめは、小豆。
作るのはもちろん、あんこ。

缶詰のゆでアズキもいいですが、美味しいものは高いし、場所も取る。
自分で作れば、250gの乾燥小豆から約900gのあんこができます。

250gの小豆をお米みたいに研いで洗って、下湯でを2分。再び洗います。
圧力鍋に水800ccを加えて、落し蓋をして、圧がかかってから15分。
火を消して、バスタオルに包んで一晩放置。
翌日火にかけながら、180gの砂糖を3回か4回に分けて、混ぜながら煮詰める。
汁が少なくなってきたら、適当なところで、塩少々振って完成。

月に一度作って、200gずつくらいに分けて冷凍しておけば、
毎週手作りあんこのデザートが楽しめます。

食物繊維にビタミン、ミネラルも豊富。

ジャムの代わりにヨーグルトと混ぜて食べても美味しいし、
牛乳と混ぜて冷凍すれば、アイスキャンディーになるし、
片栗粉と豆乳でブラマンジェ風にするもよし。
寒天で固めて、なんちゃって水羊羹にしてもよし。
ちょっと手を加えて、抹茶と小豆のパウンドケーキというのも美味。

それにしても、人間変われば変わるもんなんですね。
ワタシ、和菓子とか全く、興味なかったですから。

「どこそこのパティシエのケーキがぁ」とか
「コンビニの新作デザートがぁ」とか
「雑誌で紹介されてた、お取り寄せがぁ」とか

昔は、そんなのばっかりだったもんなぁ・・・遠い目。
まさか、自分であんこ練るようになるとは・・・。

ひきこもりになって、なるべく買い物に行きたくなくなって、
常温で長期保存できる食材に目覚めて、
しかも、できるだけ安くて、手作りで、簡単に、美味しいもの食べたいとか、
思わなければ、こんなに「あんこ大好き」にならなかったと思うんですけどね。

時間だけはたっぷりあって、ネットで好きなだけレシピ調べ放題の
ひきこもり、万歳!

「真実S」ひきこもりが学校で教わりたかったこと。

「真実S」のSは英語で言う、複数のSですね。

「真実はいつも一つ!」
なーんて毎回言い切ってる名探偵もいるようですけど、
アレはアレ。所詮アニメですから。
アレを見て、真実は一つなんだって子どもたちが本気で思い込んでしまったら、
その後、生きていくの大変でしょうね。

だって、真実は決して一つではないから。

ワタシにとっての真実と、アナタにとっての真実は違う。
権力者側にとっての真実と、被支配者側の真実は異なる。
金持ちが考える真実と、貧乏人が思っている真実にはものすごく隔たりがある。

それが、事実でしょう?

真実Sは複数なんですよ。

ワタシ自身、学校で教えてもらった記憶はないんですけど、
社会に出れば目の当たりにしますよね?
誰でも簡単に気づくことですよね?

教育、という分野に、我々は膨大な時間とお金を費やしてます。
幼稚園から大学まで、としたら18年間です。
公共教育には税金もそれなりに使われてますね。

でも、学校で習ったことって、
本当に今の生活に生かされているのでしょうか?
読み書き計算の基礎的な部分はともかく、数学や古典や、
受験の時にとりあえず暗記した世界史の記号たちが、
何か役になってますか?

ワタシ、ほとんど覚えてませんね。
それで、別に何も困ってませんね。

どうせ、教えるのなら、
社会に蔓延する、ありとあらゆる欺瞞と矛盾。
それらとの距離のとり方や、正しい目のつぶり方を
教える方が、実用的かと思うんですけど?

「嘘、偽りがまかり通り、正直者が馬鹿を見る」

社会とは、そんなもんだって知っていれば、
あとでショック受けることも減るだろうし、
ウツになったり、自殺したりする人、減るかもしれませんよ。

ひきこもり、が減るかどうかはわかりませんけどね。
だって、ひきこもり生活、とっても快適なので。

ひきこもり、万歳!

偏見に満ちた英語辞典はもう要らない。

語学はね、できた方が便利だと思う。
視野が広がり、可能性が広がるから。

でもね、語学はツールであって、ゴールではない。

ただ、「英語が話せるようになりたい」には何の意味もない。

「○○するために、英語が必要だ」って言えない人が
英語を学んだところで時間の無駄にしかならない。

ワタシは、語学ができることについては賛成だけど、
日本の語学学習のあり方とか、とらえ方とか、
語学ができることを無意味に評価したりすることや、
語学ができないからと劣等感を抱かせるようなやり方には
違和感を覚える。

だいたい、語学の教材って、なんであんなに偏ってるんだろう?

「ホントにいるのか、こんな奴」的な「いい人」しか出てこなかったり、
全く現実的じゃない「キレー言」の羅列だったり、
「もういいよ」って言いたくなるような、西洋文化や白人礼賛的なものや、
「一体いつの時代だよ」って突っ込みたくなる男尊女卑の記述だったり。

教材自体も、ウンザリするものが多い。

そして、語学学習の必需品、辞書。
これがまた、嘘っぱちばっかだったりする。

小学館「ポケットプログレッシブ」のジェンダーバイアスの高さは悪名高い。

仕事関係の主語はオトコ。えらそーでポジティブな例文の主語はオトコ。

例・あいつは出来るオトコだ。 
  彼は出先から電話した。
  願わくば彼が成功しますように。

対するオンナ像はナーバスで、ナイーブで、バカらしい。

例・彼女は世間知らずだ。
  彼女はこのところ腐ってる。
  その知らせを聞いて彼女は取り乱した。
  彼女の愚痴にはうんざりだ。

有り得なくない?

19日に出版された英オックスフォード大出版局の英語辞書
「オックスフォード・ディクショナリー・オブ・イングリッシュ」の改訂版に
HIKIKOMORIが載ったらしい。

意味は、社会との接触を異常なまでに避けること、一般的には若い男性に多い
オンラインでソースを調べると、
the abnormal avoidance of social contact, typically by adolescent males

はぁ???

確かに、ひきこもりはオトコの方が多いらしいよ。
6割から8割というデータがどこまで正しいかわからないけど、
300万人のひきこもりのうち、60万人から120万人はオンナってことでしょ?

60万人から120万人の存在、無視ってやりすぎだと思うんですけど。

しかも、「若い」っていつの時代のデータよ?!
ひきこもりの高齢化なんてもう何年も前から言われてることじゃない?

そもそも、adolescentって10代の青少年に使う言葉じゃないの?
登校拒否か何かと間違えてませんか?

こうして、またニホンジンに対する誤解・偏見が増大するんだろうなぁ。
誰か注意してやれよ。って言うか、専門家に確認取れよ。
typically by adolescent males なんて事実に反する一文認めるなよ。

単語ひとつ調べるたびに
「コレ、本当に意味合ってるの?」とか、疑わなきゃいけなかったり
「また、コノ例文、差別的だよ。」とか、イラついたりするのって、
面倒くさいんですけど。

辞書使わずに、語学が学べたら便利なのに・・・。
翻訳コンニャクが欲しいわぁ。

ロスジェネ世代・性別オンナ
オックスフォード的にはtypicallyじゃない
ひきこもり、万歳。

ちょっと追記・・・

続きを読む

化学調味料はもう要らない。自家製ブイヨンのすすめ①干し椎茸編

化学調味料、できるだけ使いたくないですね。
便利なのはわかってます。
アレを入れると、何でも「舌が美味しいと錯覚してくれる」味になるし。

化学調味料を避けるために、自分で作る、出汁というか、ブイヨンというか、
干し椎茸の場合、厳密には「戻し汁」なんだけど。
これが、また、いい味出してくれるんですよ。

ちなみに、戻した椎茸だけ使って、戻し汁は捨てるもんだと思ってた馬鹿は、
昔のワタシです・・・。
はい。超料理オンチでした。
だって、料理なんてする、時間もお金もなかったし。

人間変われば変わるもんです。

この、干し椎茸ブイヨン。
簡単なので、常備してます。

適当な大きさの瓶に水1カップにつき、干し椎茸1つ入れて冷蔵庫に保管するだけ。

翌日くらいから使えて、1週間くらい忘れてても平気です。

スープやお味噌汁に使うもよし、茶碗蒸しに使うもよし、
炊き込みご飯なんか作る時に使うと、最高です。

本当に些細なことなんだけれど、
インスタントの出汁じゃなく、自分で作った出汁を使って料理すると、
何か贅沢な気分になりますよ。

安心・安全・安上がりで、しかも美味。
ひきこもりの食卓、万歳!


水洗トイレはもう要らない。



当たり前にあるようで、当たり前じゃない。
特別意識しないけど、生きていく為に絶対必要なもの。
なさすぎても困るし、ありすぎても困る。

それが、水。

ロシアの火災では消化の為に、膨大な水が使われている。
その一方で、インド・パキスタンでは溢れる水が洪水となり
膨大な被害が出ています。

水の「有難さ」と「怖さ」が極端に現れていると言えるでしょう。

水。貴重ですよ。やっぱり。
もっと、大切に使わないといけないんじゃないでしょうか。

と、いうわけで、いろいろ考えました。

湯シャンで身体も拭くだけのワタシは、「風呂」にあまり水を使いませんが
ひきこもりで、一日中家にいるので、トイレは何度もいきます。

水洗トイレに使う水、「もったいないなあ」と思ったわけです。

節約の為に、「大」の時だけ水を流して、「小」の時は数回まとめて流す人も
いるようですが、便座を下ろしてフタをしても、やっぱり臭いますね。

もっと、いいものを見つけました。

ドライトイレです。「バイオトイレ」や「コンポストトイレ」という名前でも
呼ばれているようです。

おがくずを用いた乾式し尿処理装置
http://www.seiwa-denko.co.jp/thesis.html

すでに、開発されているんですね。あまり広まってないようですけど。

ぼっとん便所と違って、尿と便を別々に処理することで臭いを防ぎ、
使用済みのおがくずは、堆肥として土に戻すことができるなんて、
とっても素晴らしくないですか?

「ドライトイレを設置した田舎の家に住んで、自然に近い生活を送る」
ひきこもりの夢ですね。

自給自足とか、ものすごく憧れます。

希望に満ち溢れているはずの若者(?)の夢が
「田舎に隠居して悟りを啓くこと」って
一体どーなの、という突っ込みはどうぞご遠慮ください。

そんな世の中なんですよ。今って。


本当に「何か」起こるなら・・・


とりあえずお盆は無事に過ぎたようですね。

ロシアが燃え、インド・パキスタン・中国が水浸しになり、
あちこちで地震が起き、株価が前代未聞の事態に陥っていることを
「無事」と言うなら・・・の話ですけど。

いろんな人が、いろんな事を言ってて、確かに、いろんな火種が散らばってて、
本当に「何か」が起こりそうな気がします。

でも、パニックになって、慌てふためくのは、何か違う気がする。
警告を出すのは勝手だけれど、それに踊らされるのは癪に障る。
情報に煽られて、自分を見失ってしまうのはどーかと思う。

とことん天邪鬼な、ひきこもりです。

いそいそと荷物まとめて比較的安全そうな場所に移動したり、
がっぽり食料を溜め込んだり、
貯金を外貨や金に換えたり、
そういう、自分だけは生き残ろうとか、
自分だけは損しないようにしようとか、
何か、違う気がする。

どーせなら、いつ何が起こっても後悔しないように、
好きな人がいるなら想いを伝えるとか、
食べたい物があるなら、我慢せず食べるとか、
行きたいところがあるなら、行けるときに行っておくとか、
したいことがあるなら、今する。
そういう意気込みの方が、まだマシじゃないですか?

「何か」が起こりそうな気がする。
だからこそ、「今」を大事にしたい。

まあ、ひきこもりのワタシは、今までもすでに、やりたいことやって、
したいことして、言いたいこと言って、
十分好きなように生きてきたんですけどね。

強いて望みを挙げるなら、最期の瞬間まで、のほほん、としてたい。
「まあ、いろいろあったけど、幸せな人生だったわ」って
笑いながら死にたい。

必死で何かに立ち向かって返り討ちに遭って死ぬのが理想って
人もいるかもしれないけど、ワタシ、基本的に平和主義なので・・・。

捻くれた平和主義者
ひきこもり、万歳!

ひきこもり的、婚活と結婚

「夫に布ナプ使用を反対される」
「シャンプーや石鹸を使用しないことについて、夫に不潔だと非難される」

そんなコメントを見かけることがあります。

どういう理由で布ナプを使うと決めたのか、石鹸の使用を止め、湯シャンにしているのか、
ちゃんと説明ましたか?

え?ロクに話も聞いてくれない?
夫の方がアタマがいいので論破されてしまう?
頑固な夫で、自分と異なる意見を認めない?

えーっと。なんで、そんな人と結婚したんですか?
そんな人だと結婚前に見抜けなかったんですか?

価値観や、人生哲学や、自分が大切だと思うことについて、
様々な社会問題に対する自分の立ち位置、意見について、
結婚前に話し合わなかったんですか?

とりあえず正社員で、収入も安定してるから結婚を決めた、とか。
とりあえず次男で、実家も裕福だし、本人も悪い人じゃないから決めた、とか。
まさか、そんなことはありませんよね?

とりあえず顔がいいから決めた、とか。
とりあえずデキちゃったから結婚した、とか。
まさか、そんなこともないですよね?

確かに、一人暮らしより、二人の方が、家賃や光熱費を折半できて経済的。
確かに、一人より二人の方が、食事作るのも、家事を分担するのも合理的。

でも、一緒に住む相手、誰でもいいって訳じゃないでしょう?
人生を共にする相手、適当に選べる訳ないでしょう?

え?職種?収入?貯金の額?離婚歴?家族構成?持ち家の有無?趣味?
そんな数値化できるような、基準で相手を選べと?
まあ、データ上で「フィーリング」なんて曖昧なもの基準にできないでしょうけどね。

婚活を頑張れば結婚できる?そんな訳ないでしょう?
マスゴミに煽られて、洗脳されて、「打算・妥協・惰性」で結婚して幸せになれる訳ないでしょう?

出会う機会が少ないから、非婚化がすすんでるんじゃないと思うんです。

「この人となら人生を共にしたい」とか
「この人となら家族を築きたい」とか、
「この人となら苦労も分け合える」とか、
そういう気になる相手が見つからないから結婚しない人が増えているだけでしょう?

お互いがお互いの人間性に惹かれたのでも、惚れたのでもなく、
条件が合致したから結婚したってカップルが、
生活を共にする中で、価値観の相違や性格の不一致に気づいて離婚する。

そりゃ、そーでしょ。
って言うか、最初から、そんな相手と結婚なんかするなよ。
ましてや子どもなんか作るなよ。

有り得ない。

周りに流されて、安易に結婚を決める本人はもちろんだけど、
結婚するのが当たり前だと思い込んで、
結婚してない人に肩身の狭い思いをさせる「いい人」たちも。

離婚地獄や、共働きの悲惨さや、DVの現状はまるで無視して、
実際には存在しない甘―い夢見たいな結婚生活ばっかり報道して、
「結婚してる人は勝ち組。結婚してない人は負け組み。」みたいな空気を作ってるマスゴミも。

婚活ブームを煽って、婚活ビジネスであらゆる手段で金を巻き上げようとする企業も。

絶対、有り得ない。

婚活なんて、くそくらえ。

結婚なんかしない。
子どもなんか産まない。

一生独身で、悪いか!
ひきこもり、万歳!

ひきこもりの食卓。肉はダシだ。

ワタシね、ベジタリアンじゃないです。多分、無理です。
時々無性に肉、食べたくなりますから。
頻度は年々減ってますけど。

まあ、もともと、お袋の味はマ○ドって言うお家柄だし。
仕方ないです。

でもね、最近、気づいたんですよ。

「肉はダシだ」って。
昆布とか、鰹節とか、煮干とか、椎茸とか、ダシの出るものありますね。
ベーコンとか、ハムとか、ミンチとか。同じことなんですよ。
ちょっと加えると、味に深みが出るんですね。

出し昆布や、鰹節がメインにならないように、
肉ばっかりメインで食べてちゃダメなんですよ。

少量の肉と塩、それからたっぷりの野菜で味付けすることで
お米や小麦粉などの、淡白なものが美味しく食べるられるんですね。

肉は作る手間も、お金も、エネルギーもカロリーも、ものすごく濃いですからね。
そればっかりじゃダメなんです。

肉1キロの値段と、お米1キロの値段がどれだけ違うか知ってるでしょう?

ひきこもりになって、貯金切り崩し生活で、節約しなくちゃいけなくて、
食事も工夫し始めたんですけどね、炭水化物や季節の野菜や果物など
比較的値段の安いものを中心にした食卓に、
ちょっとダシとして肉や魚を加えるって風にすると、
家計にも優しいですけど、身体にも優しいんですよ。

ひきこもりになって、いろんな精神的ストレスから解放されたし、
パンプスやストッキングやブラジャーなどの身体的圧迫からも逃れられたし、
野菜たっぷりのバランスのいい食事を楽しめるようになって、
よく眠れるようにもなったし、胃腸の調子も良いし、
めったに風邪も引かないし、病院に行くような症状もないし、
持病の肩こりや花粉症も軽くなったし、
ワタシ、「健康」になったんだなあって、思います。

エコでヘルシーなひきこもり生活、万歳。

市販の梅干はもう買わない。アンズ干しのすすめ。

バレンタインと言えば、チョコレート。
あれ、洋菓子屋の陰謀らしいですね。
すっかり定着しちゃってますけど。

塩漬け果実と言えば、梅干し。
とにかく、梅干。
何ででしょう?
これも誰かの陰謀?

ウチはね、たまたま無農薬のアンズを入手できるルートが
あるので、梅の代わりにアンズを塩漬けにしてます。

ワタシ的には、別にフツーだと思ってたんですが、
あんまり梅干の話する機会もないし。

アンズ干しって、珍しいらしいですね?
大概、ものすごく驚かれます。

え?何で?
果実を塩漬けにして、酢があがって、しばらくしたら干して、
それだけでしょ?どーして梅じゃなきゃダメなの?

昔ながらの白米&梅干が好きな人にはイマイチかもしれませんが、
はちみつ梅干とか、練り梅とかが好きな人にはおすすめです。

アンズ干しって、梅干より、果肉が分厚くて、フルーティで、甘いので、
ドレッシングにしたり、パスタソースにしたり、チャーハンにしたりするには
最適です。

ちなみに、作るのも本当に超簡単ですよ。
紫蘇で色をつけないので、一次漬けとか、
本漬けとか関係ないし。

アンズの重量の15%から20%の塩と、焼酎かホワイトリカーを少々瓶に詰めて、
重石をして、酢があがってきたら全体が浸かるようにして、1週間から10日くらい
放置して、晴れた日に2日か3日干して、ウチの場合はまた酢の中に戻して、
冷蔵庫で保存。

簡単だし、味も十分美味しいし、もう市販の梅干とか買う気がしない。

脱構築中というか脱洗脳中のひきこもりにとっては、
なんで、みんな梅にこだわるのかがわからない。

生のアンズが手に入る方、ぜひ一度お試しください。

誰にも干渉されずに、好きなものを食べられる。
ひきこもり、万歳!

市販のプリンはもう買わない。

突然プリンが食べたくなった、ひきこもり、です。

産地直送産みたてタマゴを入手したからです。
これで作ったプリンとか、おいしそーだなーって。
無性に食べたくなったんです。

でも、わざわざスーパーやコンビニには行きたくない、ひきこもりです。
はい、自分で作りましょう。

例によってレシピサイトで探しました。
本当に便利です。何でもあります。
あまりにも色々ありすぎて、一つのレシピを探すのにものすごく
時間がかかってしまうのが玉に瑕かもしれませんが。

で、見つけました。

牛乳240ml と タマゴ2つ と 砂糖大さじ3 をよく混ぜて
バニラオイルか、バニラエッセンスか、ラムかブランデーをちょと垂らして、
耐熱容器に入れます。ウチでは小さめのジャム瓶3つ分でした。
蓋付きの鍋かフライパンに瓶の半分くらいが浸かるくらいまで
お湯をそそいで、そーっと瓶を置いて、蓋をして、火にかけて10分。
火を消してそのまま10分放置。

書くと長いですが、超簡単です。
ぶっちゃけ、「え?プリンってこんな簡単にできるの?」
拍子抜けしました。

まさか、こんな簡単にプリンが出来る訳ないっしょ・・・とちょっと疑っていたワタシです。
ごめんなさい。

火を消した後、ちょっと忘れてて、20分くらい放置してましたが、ちゃんとできてました。

ついでに砂糖を焦がして、なんちゃってカラメルを作って、上に流せば・・・
お店で食べるようなプリンになりました。

そして、お味は・・・「美味いじゃないか!!」

誰だ、「プリンは買うものだ」ってワタシに教えたのは!!
答え・・・ウチのハハです。

誰だ、あそこのプリンがどーたら、こっちのプリンがどーたら、って講釈垂れて、
「やっぱりプロが作るプリンじゃないとね」って思わせてるのは!!
答え・・・マスゴミです。

これまでも、「食べたい!でも、外には出たくない!」という、生きるか死ぬかの瀬戸際(?)まで
追いつめられて、いざ自分で作ってみたら、意外と簡単に安くて、安全で
美味しいものができる、ということを発見してきたワタシ、ひきこもりです。

「ピザは買うものだ」、「ゼリーは買うものだ」、「ドレッシングは買うものだ」などなど、
「○○は買うものだ」という洗脳から解放され、今は何でも来い !って感じです。

大量生産・大量消費・大量廃棄のサイクルから脱出しよう!
脱洗脳できる、ひきこもり生活、万歳!

余計な靴はもう要らない。シンプル&ミニマムのすすめ。

イメルダでしたっけ?何千足も靴を持ってたの?
靴ってそんなに必要ですか?

ネットで調べてみたところ、岡山情報文化研究所が、岡山在住40歳以上の女性66人男性51人
に行ったアンケートの結果を見つけました。

所有している靴の数、女性の平均、13,4足。男性9,5足、だそうです。
もっと持ってるか、と思ってたんですけど。まあ、個人差もありますしね。

ひきこもり歴数年のワタシが、必要だな、と思う靴、数えてみました。
4足ってとこです。

内訳は、
普段履きの健康サンダル。
夏のサンダル。
スニーカー。
冬のショートブーツ。

とりあえず以上で、フツーに生活する上では全く困りませんね。
まあ、通勤通学の必要がないのと、ほとんど家からでないからですけど。

それでも4足も必要なのか!と自分的には意外だったり。
とにかく、荷物は少なければ、少ない方が、ラクになれると思ってるので。

必要最低限のモノだけを厳選したい。
トランク一つの身軽さが憧れです。

どこかで読んだんですけど、
「あの世に持っていけないものは、いつでも手放せるようにしておかないと、
死んでも、死に切れず、魂が成仏できない。」
心に留めておきたい言葉です。

テレビや雑誌や、ありとあらゆるメディアから、
アレも、コレも、ソレも、ゼーンブ欲しがるように仕向けられてますよね?

常に、何か足りない気がして、
欠乏感、飢餓感でいっぱいの状態、って、
しんどくないですか?

どんなに努力しても、絶対に無理なことがこの世にはある。

すべてを手に入れようとして必死に足掻き続けるより、
今ある小さな幸せに感謝して生きる方がラクだと思うんですけど。

シンプル&ミニマムが信条の、
ひきこもり、万歳!

ハイヒールはもう要らない。

絹の5本指靴下に、健康サンダルを愛用してます、ひきこもりです。

ひきこもりになって、ストッキングに「さよなら」できたことも、大変嬉しいのですが、
ハイヒールから卒業できたことも、ワタシの足にとっては朗報で、とても喜んでいるようです。

ハイヒールって、本当に足だけじゃなく、健康上多大な悪影響があるらしいですね。

ウィキによると、姿勢がゆがんだり、外反母趾、むくみ、肩こりになったり、
重症の場合は、椎間板ヘルニアで手術しないといけなくなったり、
妊娠機能の低下につながったりするらしい。

そもそも、ハイヒールって、お抱え運転手がいるような、金持ちが、戸口から戸口でショッピング
したり、パーティーに行ったりする時に履くものじゃないの?

一日中歩き回ったり、自転車に乗ったりするするもんじゃないと思うんだけど。

安物スーツ着て、化繊のストッキングに、合皮のパンプス履いて、
足にマメやタコ作って、必死で営業回りしても、
オンナは昇進も給料も差をつけられて。

「若さ」で売れなくなったら、結婚したら、子供生んだら・・・、
コトあるごとに、円満退職という無言の圧力をかけられて。

やってらんねー。会社なんて糞食らえ、だ。

今や、若いオトコも、オトコってだけで、正社員ってだけで、
黙ってても給料上がって、地位が上がってく時代じゃないみたいだけどね。

年功序列も終身雇用も夢幻と崩れ去った今、何の見返りもないのに、
一生最低賃金の奴隷なんてやってられるか!

ハイヒールはもう要らない。
心と身体に悪影響を及ぼすモノには、できるだけ近づきたくない。

ひきこもり、万歳。

バッシングブーム・・・ですか?

最近のマスゴミって、やけに、民意を誘導したがってるように見えるんですけど?
あからさまに、注目を引くニュースと、できるだけ隠したいらしいニュースと
抱き合わせで発表したり・・・。

それにしても、マスゴミの情報を鵜呑みにして、感情的に馬鹿騒ぎしてる人が
これまた多いですね。

全部が全部、ヤラセの工作員さんなら、まだ救われますが、本気で流されているヒト、
見事に洗脳されてしまってそうなヒトも結構いそうで、怖いです。

そう、怖いんです。フツーのヒトたちが見せる、ある種の暴力性が、とても怖いです。
掲示板とかのコメント見てると、ひきこもりたくもなりますよ。
あ、ワタシは、すでに、ひきこもりなんですけど。

確かにね、心が痛くなるようなニュースありますよ。
小さい子どもを餓死させたり、生まれたばかりの乳児を捨てたり、とかね。

でもね、バッシングするほど、そのヒトのこと知ってるんですか?
そのヒトや、カゾクや、周囲の環境や、そういったもの、知っててバッシングしてるんですか?
何も知らないで、マスコミの言うことを真に受けて、知らない部分は勝手に想像して、
何でそんなに一方的に悪者扱いするんですか?

なぜ、断片的で一方的なマスゴミの情報だけで、鬼の首でも捕ったかのように責めまくれるんでしょう?

分かりやすい敵を作って「命を大切に」みたいな、公明正大な大義名分の元に攻撃するのって、
ラクだろうな、と思います。でも、それでいいんでしょうか?

そんなに、みんな、他人を責めたくて仕方ないんですか?
誰かをバッシングしたくてたまらない人たちばっかりなんですか?
どこかに槍玉が転がってないか、常にうずうずしてるとか?
だから、いざ見つけたら、ここぞとばかりに叩くんですか?

何かを批判することが、いけないって言ってるわけじゃありません。
自分にも非があるくせに、とかそう言ってるわけでもありません。

自分が完璧じゃなくたって、間違ってるものは間違ってるって言わなきゃいけないこともあるし。
自分の頭で考えずに、批判すらできなくなってる、お馬鹿で従順な羊さんにはなりたくないですし。

でもね、ちょっと振り返ることも大事だと思うんですよ。

あなたが、批判してる、その相手、その内容。
本当に公正な判断に基づいてますか?
八つ当たりとか、気晴らしとか、弱いものいじめとかじゃないですか?
善と悪に単純化して、自分の価値観を相手に押し付けてませんか?

バッシングするのは、よりよい世界を実現したいと思うからですか?
それとも、自分は正しいと思い込みたいからですか?

忙しくて、疲れてるだろうし、ストレスだらけで病んでるだろうけど、
もう一度、自分の言動を振り返ってみませんか?

そんな、ことできるのは、暇人のひきこもりくらいだって?
だから、いつも言ってるじゃないですか。
「ひきこもり、万歳」って。

ひきこもり的、少食健康論。

誰だ?いつまでも一日三食、食えって言ってるのは?
一日30品目摂取しろ、とか言ってたこともあったよね?

それに見合う、身体的活動を行ってる人がどれだけいるんだ?

ほとんど運動しない、ほぼ一日PCの前に座ってるだけ、とかの
働き人が、一日三食、食って、30品目摂取したら、
エネルギー過剰じゃないのか?

とりあえず、いっぱい食わせて、食品を消費させて、経済を潤そうってか?

さらに、
食いすぎで、太ったら、ダイエット関連商品が売れる。
食いすぎで、病気になったら、医療、薬関連が儲かる。

しかも、
食いすぎで、脳に血が巡らなくて、馬鹿が多くなったら、洗脳しやすくなる。

自分が食べるモノの、量と質、自分のライフスタイルに合ってますか?
なんか、調子が悪いって言ってる人。単なる「食いすぎ」じゃないですか?

一日30品目なんて、冗談じゃない。そんなに食えるか!
アレも、コレも、ソレも、買わそうとしやがって!

「みんな、食いすぎなんだよ、馬鹿野郎!」

8月1日ということで、ちょっと気合を入れようと思ったら、
いつの間にか叫んでました。

なんか、このところ、結構頻繁にブログ更新しちゃってるし、
リンク先も増えてきて、よそ様のブログにもコメント書いちゃったりして、
ちょっと行動的(?)なひきこもりへと進化してるような、今日この頃。

これからも、競争社会、資本主義からできるだけ距離を置き、
大量生産・大量消費・大量廃棄のサイクルから抜け出しつつ、
マスゴミからの脱洗脳を目指しながら、
健康的で、人間らしい生活を追及していきたいと思います。

ひきこもり、万歳!
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。