スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひきこもり」が玄米を選ぶ3つの理由。

ひきこもりが玄米を選ぶ3つの理由。

① 玄米の方が長期間保存できる。
つまり、買いだめができる。なるべく外出したくない「ひきこもり」向き。

② 玄米だと「味」があるので、オカズが色々要らない。
つまり、何品も料理しなくて済む。面倒くさがりの「ひきこもり」向き。

③ 玄米だと腹持ちがいいので、少食で済む。
つまり、食費を節約できる。貯金切り崩しのビンボーな「ひきこもり」向き。

ね?玄米ってとっても「ひきこもり」向きでしょう?

え?違う?

「健康」の為とか「美容」の為に玄米を選んでるヒトの方が多いって?

でも、ワタシの場合、別に玄米にしなくても、ストレスフリーで
超健康的な「ひきこもり」だし、どうせ誰にも会わないから
別にこれ以上「美人」になる必要もない。

やっぱり、「ひきこもり」の考え方って、世間とはズレてるのかも?

手間がかかるとか、食費が高くなるとかっていう先入観で
玄米を避けているヒト、もったいないなーと思います。

だって、実際は、思ったより手間もかからないし、
食費はむしろ少なくて済むから。

ちなみに、超面倒くさがりのワタシは、いちいち玄米を圧力鍋で
炊いたりしてません。

発芽させた玄米を発酵させて、ヨーグルトもどきを作ったり。
ミルサーで粉にした玄米を、3倍から4倍の水で煮て、お粥にしたり、
豆乳で煮て甘みを加えて、ライスプディングにしたり。

玄米を発芽させたり、粉にしたりしておけば、あとは簡単。

え?結構手間かかってるじゃんって?
忙しい働き人(はたらきびと)には、そんな暇ないって?

そういうヒトは、市販の発芽玄米や玄米粉を買いましょう。
ものすごく割高ですけど。

一生懸命働いてお金を稼げば、市販の発芽玄米や玄米粉を買えるかもしれない。
でも、自分で玄米を加工する時間も余裕もない暮らしって本当に幸せなの?

貯金切り崩し型「ひきこもり」のワタシは、必要最低限の原材料しか買えない。
でも、自分でテキトーに加工して、工夫して、美味しくって健康的な生活を送ってます。

家で育てたスプラウトのサラダに、手作り玄米粉のお粥、自家製の漬物。
「ああ、今日の食事は贅沢だわ」と思うワタシは、やっぱりキ○ガイ?

そのうち、発芽玄米を生でポリポリ食べられるカラダになりたいなあ、と
思うのですが、多分まだ腸がそこまで丈夫じゃない気がするので。

まあ、各人いろいろ調べてみてくださいな。
白米至上主義の眼鏡を外すと、これまで見えてなかった
さまざまな食のあり方や、健康法などに出会うことができるでしょう。

お金を稼ぐだけが人生じゃない。

雑穀&玄米で健康生活。
ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト

白米は、もう買わない。

ワタシ、「ひきこもり」になってから、いろいろ気づきました。

今まで「フツー」だと思っていたことが、決して「フツー」なんかじゃない事。
今まで「当たり前」だと思っていたことが、決して「当たり前」ではない事。

今まで「贅沢」だと思っていたことが、別に「贅沢」でも何でもない事。
今まで「豊かさ」だと思っていたことが、単に資本主義の幻想だった事。
などなど。

「白米」って、ある意味、象徴的だと思います。

ワタシは、生まれてからずっと、当たり前のように白米を食べてきました。

雑穀を食べていた昔の人は、貧しかったんだなあとか、みんなが白米を
食べられるようになった日本は、本当に豊かになったんだなあ、とか、
今思えば、有り得ないくらい馬鹿なことを考えてました。

そのうち、十六穀米とか十五穀米が流行ったり、
健康志向で玄米を選ぶヒトが増えてきて、
今は、何も考えずに「白米、万歳。」なんて思ってるヒトの方が
実は少数派だったりして。

最近、特に、イロイロと気づき始めているヒトが増えてきたように思います。

ワタシは、もう白米は買いません。
米を買うなら玄米。
あとは雑穀。

麦飯ってなんか貧乏臭いイメージがあったけど、
実際に食べてみると、別に不味くない。
押し麦の雑炊って、とろーりプチプチで、むしろ白米より好きです。

白米を食べることは、もはや「フツー」でも「当たり前」でも
「贅沢」でも「豊か」でもない。

別に、ワタシは、古きよき時代を懐かしんでるわけではなく、
ただ、資本主義や似非民主主義に騙されていたことに気づいたので、
間違いを修正しようとしているだけです。

そのうち、白米を食べ続けているヒトの方が肩身の狭い思いを
するようになる日が来るんじゃないでしょうか。
「可哀そうにね、あのヒト、まだ目覚めてないんだね」って。

麦やアワ・キビ、キヌアにアマランサス。
蕎麦の実も美味しいよ。

日々新しいコトを発見している、
雑穀大好きな、
ひきこもり、万歳。

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法  その16 出家する。

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、
論外とします。が、提案の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、
っていう方法も出てくるかもしれません。

その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもりになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

続きを読む

漬物は、もう買わない。

自分で作ろうと思えば、作れるはずなのに、
なぜか、「買うもの」だと思い込んでいたモノ。

漬物。

スーパーに行くと、いろんな種類のお漬物、ありますね?
お取り寄せのサイトや雑誌なんかでも、あちこちの有名な
「お漬物屋さん」紹介されてますよね?

実家の冷蔵庫には、いつも市販の漬物が数種類ありました。

確かに、スーパーで買えば、便利で手っ取り早いし、
名人が作ったものは美味しいと思う。

時々は、ラクして、プロの味を楽しむのも悪くないでしょう。

でも、日常的に「自分で作れるもの」を、わざわざお金を出して買うのって、
改めて考えてみると、なんか変。

特に、なんで、あえて着色料や保存料や、わけのわからない食品添加物が
使われているものを買い続けてるのか、意味不明。

浅漬けなんて、別に市販の「浅漬けの素」がなくても、
ぶっちゃけ塩振って揉んで放置すりゃ、それなりに食べられるモノができる。
ネット上には、ありとあらゆる漬物のレシピが溢れてる。

なんで、みんな家で自分で作らないんだろう?

確かに、ぬか床は冷蔵庫の中で邪魔になるし、キムチ作ったら家中臭うし、
野菜を洗ったり、切ったり、混ぜたり、漬けたり・・・手間もかかる。

でも、余計なお金は使いたくないし、白砂糖や精製塩を使った、
カラダに悪そうな市販の漬物なんか、絶対買いたくない。

だからワタシは、自分が食べる漬物を自分で作るようになりました。

自分で作れるはずのモノを、お金を出して買うヒトがいるから、
それを作って金儲けしようとするヒトが出てきて、
ビジネスが成り立っている。

資本主義や新自由主義に巻き込まれたくないなら、
「なるべくお金を使わない」とか、「自分で作れるものは自分で作る」とか、
自分自身の毎日の生活を変えていく覚悟が必要だと思う。

自分が食べるものは、食べたい時に、食べたい分だけを、
安全な材料を使って、自分好みの味で作りたい。

ネットで色々レシピを調べて、アレコレ挑戦してみることができる、
自由な時間とココロの余裕がある、今の生活に感謝。

ひきこもり、万歳。

ドレッシングは、もう買わない。

ワタシ、乳酸菌が乳製品にしか含まれないと思い込んでたお馬鹿ですが、
さらに恥を忍んで暴露しましょう。

ワタシ、長い間ドレッシングって買うものだと信じてました。

ゴマドレッシングとか、シーザードレッシングとか、
○○亭のドレッシングとか、そんなのが「ドレッシング」なんだと
思い込んでました。

ひきこもりになって、やっと目が覚めたんですけど、
「ドレッシング」ってもっと単純なものなんですよね?

極端な話、塩と油と酢を混ぜればいいだけ。

塩の代わりに醤油使ったり、味噌使ったり、梅干し入れたり。
油も、オリーブオイルやごま油や、いろんな種類があるし。
酢だって、米酢でもワインビネガーでもレモン汁でもいいわけで。

それに、ニンニクやショウガや胡椒やハーブやスパイスなんかを
適当に足したり引いたりすればいいんでしょう?

基本的な原理がわかれば、超簡単。

なのに、なんでワタシは、ドレッシングは買うものだなんて、
思ってたんでしょう?

なんで、材料がたくさん必要な、複雑なドレッシングばかりを
美味しいと思ってたんでしょう?

思い込みって怖いですね。

最近は、ドレッシングの作り置きしないで、
サラダボールに直接、塩と油とレモン汁を掛けてます。

とってもシンプルで、とっても美味しい。
なんで、今まで気づかなかったんだろう?

情報を吟味し、意識してシンプルな生活を送っていると、
これまで「より手間がかかるもの」、「よりお金がかかるもの」を
好んで選んでたのが自分自身だということに気づいて、
愕然とすることがあります。

だって、それが「豊かさ」であり「贅沢」なのだと思ってたんだもん。

その頃は、高級な有名シェフのお取り寄せドレッシングこそが、
一番美味しいと、本当に本気で信じてたんです。

ハイ。とっても大馬鹿者です。
思いっきり洗脳されてました。

「ひきこもり」になって、やっと目が覚めました。

今のワタシにとっては、シンプルな生活こそが「豊かさ」です。
今のワタシにとっては、ミニマムな生活こそが「贅沢」です。

ひきこもり、万歳。

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法 その15 ホームレスになる。

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、
論外とします。が、提案の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、
っていう方法も出てくるかもしれません。

その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもりになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

続きを読む

(今度は本当に)ヨーグルトは、もう買わない。


ワタシ、なるべく外に出たくない「ひきこもり」なので、
鮮度が大事な「牛乳」を買うのを止めました。

ワタシ、実はもともと牛乳をほとんど飲まないヒトで、
いつもヨーグルトを作るために買ってました。
(cf. 個別パックのヨーグルトは、もう買わない。)

だから、牛乳を止めると必然的にヨーグルトも食べなくなる訳です。
牛乳がなくても別に困らないけれど、ヨーグルト食べられないのは
困るかも、とちょっと思いました。

だって、ヨーグルトってカラダにいいんでしょう?
乳酸菌って健康の為に取った方がいいって言うじゃないですか。

でも、ワタシ、どうやら勘違いしていたみたいです。
乳酸菌って乳製品にしか含まれないわけじゃないんですね?

そんなの当たり前ですか?
ごめんなさい、お馬鹿で。

味噌や醤油にも乳酸菌が含まれるって、ワタシ、知らなかったです。

ということは、ヨーグルトに拘って、わざわざ牛乳買い続けなくても、
味噌汁飲んで、漬物食べて、ついでにキムチやザワークラフトでも
作ってれば、バッチリ乳酸菌を摂取できるってことですよね?

なーんだ。じゃあ、牛乳止めても別に問題ないじゃない?

とうことで、改めて「ヨーグルトは、もう買わない。」

シンプルに生きましょうよ。シンプルに。
ひきこもり、万歳。

牛乳は、もう買わない。

ワタシは「ひきこもり」なので、なるべく外に出たくなりません。
だから、買い物はいつも億劫です。

でも、こうも寒い日が続くと、「ひきこもり」じゃなくても、
買い物に行きたくないと思うヒトが多いと思います。

冬野菜って結構日持ちするので助かります。
肉や魚も冷凍してしまえばOK。
問題は・・・「牛乳」です。

常温で日持ちする牛乳なんていうのも試してみましたが、
あんまり美味しくないんですよね。高いし。場所取るし。

牛乳って健やかな成長の為に欠かせないって思われてて、
実家の冷蔵庫には、いつも当たり前のようにあったし、
毎日給食にも付いてたけれど、
本当に、カラダにいいモノなのか、実は疑問らしいですね?

いろいろ調べてみたら、「牛乳はむしろ害になる」と
言っているヒトもいるようです。

確かに、牛乳アレルギーのヒトも結構いますし。

牛乳飲んだら背が伸びるとか、キョニューになるとか、
骨が強くなるとか、っていうのは嘘なのかも?

カラダへの影響や環境への影響など、賛否両論ある牛乳ですが、
とりあえずワタシの場合は、買い物に行くのが面倒なので、
飲むのを止めようと思います。

で、最近は、牛乳の代わりに、豆乳やアーモンドミルクなんかを
作ってるんですが、これがとっても美味しい。

豆乳はちょっと手間がかかるけど、アーモンドミルクなんて、
一晩水に漬けて置いて洗った後、ミキサーにかけるだけ。
超簡単です。

穀物や豆、ナッツやドライフルーツは、通販で買えるモノも多いし、
常温で長期間保存できるので、健康志向のヒトだけじゃなく、
なるべく外出したくない「ひきこもり」
にとっても、便利な食料だということですね。

本気で食餌療法に取り組んでいるヒトや、健康に気を使っているヒトには
申し訳ないくらい不純な動機で脱牛乳。

どんどん菜食化する、
面倒くさがりの
ひきこもり、万歳。

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法 その14 パトロンを見つける。

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、
論外とします。が、提案の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、
っていう方法も出てくるかもしれません。

その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもりになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

続きを読む

豆の加工食品は、もう買わない。乾燥豆貯蓄のすすめ②

ワタシ「ひきこもり」になって、自炊するようになるまで、
豆は好きじゃないんだって、ずっと思ってました。

でも、実は、すでに加工されている豆が好きじゃないだけで、
自分で乾燥豆を調理したものは、ちゃんと美味しいと感じるんです。

豆の水煮缶や真空パックのミックスビーンズ、確かに便利です。
お惣菜コーナーの五目大豆や豆入りのサラダも、ヘルシーで
美味しそうに見えます。

でも、加工食品の原材料や添加物って、必ずしも全部表示されて
いる訳じゃないみたいだし、どんな塩を使ってるのか、
どんな砂糖を使ってるのか、どんな醤油を使ってるのか
全くわからないのって不安じゃないですか?

自分で作ることの最大の利点は、何が入っているのか、
どんな材料を使っているのか、明白だということでしょう。

そう考えると、市販の豆加工食品って、本当に安全して食べられる
ものなのかどうか、わからなくなる。

だからワタシは、豆くらい自分で煮ましょうよって思います。

ワタシ、自分で煮る豆は、小豆も大豆もヒヨコ豆もレンズ豆もみんな、
調理前に発芽させてるんですが、そうすると調理時間が短縮できるだけ
じゃなく、栄養価も上がるらしいです。

市販の豆の水煮や加工食品って、そんな手間なことしてないですよね?

豆を発芽させるのって、一晩水に漬けた後、2,3日の間、朝晩洗い流すだけ。
決して難しいことじゃありません。

世の中の働き人(はたらきびと)は、毎日毎日忙しくって、
豆の調理なんて時間のかかることしてるヒマないのかもしれません。

でも、自炊もできないほど朝から晩まで働いて、クタクタになってるのって、
一体何のためですか?

日本経済に貢献するため?

まさか、ね?

本気で、今の日本社会に、自分の時間や、健康を犠牲にするだけの価値が
あると思ってるんですか?

ワタシは、一度きりの人生、自分で豆を煮る時間すらないような、
あわただしい生活を送るのは、もったいないなーと思います。

だから、「ひきこもり」なんですけど。

「ひきこもり」にでもならなきゃ、安心・安全・ヘルシーな食事に
ありつけない社会って、一体どーなの!?って感じです。

今は、完全自炊で、豆も大好き。
発芽させた豆って、ホコホコで本当に美味しいんですよ。

穏やかで健康的な毎日に感謝。
ひきこもり、万歳。

(今度は本当に)白砂糖は、もう買わない。

「健康の維持」と「消費の縮小」という点から生活を見直すと、
身の回りのものすべて、本当に無駄ばっかりだな、ということに
気づく毎日ですが、特に、深刻なのは、「食」だと思います。

当たり前のように家にあるけれど、実はなくても生きていけるもの、
たくさんありますね。白砂糖もその一つ。

前に、白砂糖は、もう買わない。(できるだけ・・・)
なんて、へたれな記事を書きました。

白砂糖じゃないとプリンのカラメルソースを作れないので、
できるだけ食べたくないけど、白砂糖、ウチにあります・・・。
っていうような、矛盾万歳の記事でした。

ワタシ自身は、相変わらずいい加減で、テキトーな人間で、
まあ、それでもいいか、と思ってますが、それでも、やっぱり白砂糖は、
なるべく使いたくないなあ、と思い続けてた訳です。

で、カラメルソースの代わりになるもの、
とうとう、見つけました。

知っているヒトも多いでしょうが、ワタシは、初めて食べたんですよ。
本物のメープルシロップ。

高いし。100%オーガニックの商品はあまり見かけないし、
ずっと買うのを迷ってました。

でも、砂糖よりもカラダにいいって聞くし、一度くらい食べてみたいなあ、
と思っていたら、たまたま通販で見つけたので、ついに買っちゃいました。

コレ、本当に美味しいです。

100均のホットケーキミックスに付いてるような、なんちゃって
メープルシロップしか食べたことなかったワタシには、
ものすごく衝撃的でした。

そして、試しに、プリンに掛けてみたら、いつものカラメルソースよりも、
メープルシロップの方が好みだということを発見。

メープルシロップ、久しぶりに贅沢したなあ、という感じで、
確かに出費は痛いですが、量より質がモットーのひきこもり。
デザートの頻度を減らせば大丈夫なはず。

そして何よりも、カラメルソースから卒業できれば、
もう他に白砂糖の用途はないので、これで堂々と宣言できるようになりました。

ということで、改めて「白砂糖は、もう買わない。」

たまーの贅沢は、メープルシロップ!?
ひきこもり、万歳。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。