fc2ブログ

移行期の難しさ。

100%「これまでの社会」でもなく、100%「新しい社会」でもない「移行期」。

今が「移行期」だと気づいているヒト、一体どれくらいいるんだろう?
今が「移行期」だと気づいて、動き出したヒトは、どれくらいいるだろう?

調査してみるまでもなく、マイノリティでしょうね。
下手したら、キ○ガイ扱いされる危険性もあるし。

でも、周りが相変わらずの生活を送っているからといって、
自分も同じように世の中の動きに無関心でいて、大丈夫なわけがない。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」って標語、
アレ、実はすっごい恐ろしいよね。

みんなで渡ろうが、一人で渡ろうが、
ダンプカーが突っ込んでくれば、全滅するんだから。

「TPP、みんな奴隷なら怖くない」って冗談じゃない。
ワタシは嫌です。奴隷になんかなりたくない。

だからワタシは、周りに合わせるよりも、キ○ガイ扱いされる方を選ぶ。

でも、次のステップに進みだしたヒトと、
まだ旧システムの中で生きているヒトの共存は、
やっぱり、難しいと思う。

自分の周りに、これまで通りに生きているヒト、
これからも、ずっと、これまでと同じように、生きていけると
信じてるヒトが、まだ大勢いる状態。

この状態、結構キツかったりするんだな。

特に家族や親友など、自分の大切なヒトが「旧システムどっぷり系」だと
本当にやりきれなくなる。

お互いにお互いを大切に思っているけれど、理解し合えない歯がゆさ。

説得すべきか、自発的に気づくのを待つべきか、
いっそのこと「洗脳」してしまおうか・・・。

そんなヒトを見ていると、自分の方が変なんじゃないかって
思ってしまうこともある。

辛く厳しい変化に備えるよりも、このまま大丈夫って信じて、
これまでの価値観の中にとどまる方が、ラクだし、
ひょっとしたらそれが「正解」なのかも、とか。

必死で次の世界について考えている自分が馬鹿らしくなったりもする。

自分で決めたことなんだけど、諦めたくなるような誘惑がたくさんある。

だから、「移行期」は難しい。

でも、わずかに残された「猶予期間」であるこの「移行期」を
有意義に使わなければ勿体無い。

周りに流されて、動き出すのを躊躇していれば、きっと後で後悔する。

頭では、わかっているんだけど・・・。

迷いつつ、悩みつつ、3歩進んで2歩戻る。

進んで、戻って、休憩して。
それでも、少しずつ、少しずつ、前進する。

ちょっとずつ、でも着実に、移行期を生きる。

ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる