スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販のカレールーは、もう買わない。

「自家製」に懲りだしてから、インスタント食品や、
お惣菜・ソース・ドレッシング系、全く買わなくなった。

市販のカレールーも、もう何年も買っていない。

買うのを止めた当初は、固形ルーを使わずに
美味しいカレーを作れると思ってなかったので、
カレーそのものを食べていなかった。

でも、スパイスの味が恋しくなって、
いろんなカレーレシピをネットで探すうちに、
インドカレーというのに出会った。

インドカレー、ワタシの中では最強です。

短時間で簡単に作れて、必要なのは、
シンプルな材料に最低限のスパイス、塩だけ。

フツーの手作りカレーレシピには、ほぼデフォルトで
入っている「固形ブイヨン」なんか必要ないし、
ベジレシピも豊富で飽きない。

昔のワタシはカレーと言えばジャ○カレーだったけれど、
今は、自分で作るインドカレーが定番。

使う野菜は冷蔵庫の残り物次第、入れるスパイスはその日の気分次第という超アバウトなカレー。
野菜とスパイスと塩だけで、何でこんなに美味しくなるんだろうって毎回一人で感動している。

カレーを作るには、カレールーを使わなきゃいけない。
カレーには、肉とジャガイモと人参が入ってなきゃいけない。
って、一体誰が決めたんだろう?
っていうか、固くそう思い込んでいたワタシがお馬鹿だっただけ?

カレーって給食でも人気だし、キャンプでも定番だし、
スーパーの棚にはずらーっとカレールーのパッケージが並んでるし、
なんか「国民食」みたいになってるけど、
本来カレーって、もっと自由でテキトーなモンなんじゃないかって
最近思うようになった。

「ひきこもり」になって、ネットでレシピを検索したり、
自炊する時間と余裕ができて、カレールーの呪縛から解放された。

市販のルーを使わずに自由にカレーを作れるようになった
ただそれだけなんだけれど、何か前より人生が面白くなったような気がする。

今週は、ヒヨコマメのカレーを作ろう。

ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト

市販のサンドイッチは、もう買わない。

サンドイッチが、好きです。

自分で焼いたパンに、
手作りマヨネーズを塗って、
自家製のローストポークと、
自分で育てたスプラウトを挟んだサンドイッチ。

特に、このサンドイッチが大好きです。

「ひきこもり」のくせに贅沢だなーと思うコト、
イロイロあるけれど、このサンドイッチはその筆頭。

これを食べるたびに、幸せすぎて申し訳なくなる。
今も毎日毎日、頑張ってる「働き人」のみなさんに。

ワタシが「働き人」だったその昔。

ボロボロになるまで働いて、
家には寝に帰るだけだった。

カラダもココロも疲れ果てて、
自炊する余裕なんて、全くなかった。

自分で作った方がマシだって思っていても、
ついつい買っちゃってたコンビニのサンドイッチ。

あの頃買って食べてたサンドイッチよりも、
「ひきこもり」の今、自分で作るサンドイッチの方が、
絶対美味しい。

ワタシは、きっと、もう二度と、
市販のサンドイッチを買わなきゃならないような
生活には戻れないだろう。

パンに具を挟むだけのサンドイッチすら
自分で作れないような生活には、二度と戻りたくない。

自分でパン焼いて、マヨネーズ作って、
塩豚仕込んで、スプラウト育てて、
ただそれだけのこと。

ただそれだけのこと、なのに、
「働き人」だった頃は、できなかった。
思い切って「ひきこもり」になるまで、できなかった。

美味しいパン屋さんのサンドイッチを買うために、
社会復帰して、たくさんお金を稼ぐよりも、
自分の食べたいサンドイッチを自分の好きなように作れる
今の暮らしを大事にしたい。

むしろ、今、ワタシが食べているようなサンドイッチを
誰もが食べられるような世の中になればいいな、と
願わずにはいられない。

ひきこもり、万歳。

続・市販のベーコンはもう買わない。

凝り性な「ひきこもり」のワタシ、一時「燻製」にハマってました。
ベーコンだのチキンだの、ウマかったなー。
砂肝やレバーのスモークも酒のアテにぴったりだったなー。
とちょっと懐かしんでみたり・・・。

前に記事を書いたのが2010年の10月。
参照 「市販のベーコンは、もう買わない」

結論から言うと、311以降、一度も燻製してません。

チップは大丈夫か?っていうのもあるけど、
そもそも肉を食べる量が減ったので、
わざわざ手間暇かけて燻製する気になれないんですよね。

燻製って、生きていくのにどーしても必要なモノというよりは、
あれば嬉しい嗜好品。

例えば、毎日食べているスプラウトのサラダをやめると、
カラダの調子が変わってくるけれど、
燻製肉を食べなくなっても別に何も困らない。

あってもなくても同じなら、別に要らないじゃんって、
シンプル・ミニマムが信条のワタシとしては思う。

だから、もう今は自家製のベーコンは作ってない。
でも、ハムやベーコンみたいな加工肉を食べたくなることも、たまには、ある。
代わりに作っているのが「塩豚の低温ロースト」や「てりやきチキン」。

塩豚を低温でじっくり火を通すとハムっぽくなるし、
てりやきチキンをほぐして小分けに冷凍しておくと、
ちょっと動物性蛋白が欲しい時に便利。

いっそベジタリアンになっちゃった方がラクかなという気もするけれど、
自分で調理した肉はまだ美味しいと感じるし、カラダが食べたいと欲するなら、
無理にやめなくてもいいか、と。まだ「その時」じゃないみたい。

物価が上昇して、肉を買う経済的余裕がなくなれば、
嫌でもベジタリアンにならざるを得ないだろうしね。

でもまあ、いずれにしろ、不味いくせに割高な市販の加工肉を買うことは
もう二度とないはず。

本格的な燻製は面倒くさいけど、塩豚やてりやきチキンくらいなら
簡単だし、まとめて作って冷凍庫に保存しとけばいいわけだから。

基本的に面倒くさがりで飽きっぽいワタシ。
美味しいモノは食べたいけれど、省ける手間は、とことん省く。

ひきこもり、万歳。

続・ドレッシングはもう買わない。

もう買わないとか、もう要らないとか、威勢のいいこと言っても、
その後、ついまた買っちゃったり、欲しくなっちゃったりすることが、
全くないわけじゃない。

でも、買わないと決めて、本当に買っていないモノもたくさんあるし、
なんであんなモノが欲しかったんだろうと不思議に思うモノもある。

スプラウトマニアのワタシは、
ほぼ毎日丼一杯のサラダを食べているけれど、
市販のドレッシングは、ここ数年、本当に一度も買ってない。

保存料とか添加物とか、よくわからないものは食べたくないし、
拍子抜けするくらい簡単に、自分で美味しいドレッシングが作れるから。

ちょっぴり手間をかけたドレッシングにあれこれ挑戦していた時期や、
サラダに塩とオイルを直接かけて食べてた時期を経て、今は半々くらい。

ドレッシングやソースも、嫌いじゃないけれど、
素材の味を楽しむことを忘れたくないな、と思う。

もともと大して栄養価の高くない葉っぱ系のサラダに
どばーっとドレッシングかけるヒト、たまにいるじゃないですか。

それ、サラダっていうより、ドレッシング食ってるよね?みたいな。
そのドレッシングのカロリーを考えたら、無理にサラダなんか
食べない方が身体の為なんじゃない?と言いたくなるような。

丁寧に作られた、新鮮な野菜っていうのは、
何もしなくても、そのままで十分ウマイ。

ドレッシングなんて余計なモノは要らない。
むしろ、そんなモノかけたら勿体無い。

理想は、そんな風に思える本物の野菜だけ食べて生きること。

素材そのもの味を重視するヒトが増えたら、
化学調味料なんて必要なくなるだろうに。

せめて子どもには、ドレッシングなんてかけなくても
十分おいしい本物の野菜を食べさせてあげたいけれど。

実際は、多少気をつけているワタシだって
無農薬・有機栽培じゃない野菜を買ってるし、
塩とオイルだけじゃ飽きてくるし、
まだまだ脱ドレッシングには至らない。

まあ、味のしないコンビニのサラダ買って、付属のドレッシングだけじゃ
足りなくて、さらに追加して食べてた働き人の頃に比べたら、
市販のヤツを買わなくなっただけでも十分成長してると言えましょう。

理想には、まだ程遠い。
それでも、何十種類ものソースやドレッシングが並んでいるスーパーの棚が、
もはや別次元に感じるようになった今日この頃。

ひきこもり、万歳。

丸ごと豆乳と大豆もやしの話。

ワタシ、スプラウトマニアの「ひきこもり」です。

普段サラダで食べている豆スプラウトは緑豆とレンズマメ。
大豆や小豆、ヒヨコマメは発芽させた後、加熱調理してます。

これまでも、豆乳を作るときの大豆、発芽させてました。
一晩水に漬けてから、朝晩水洗い。
ピコッと芽を出したら、水と一緒に圧力鍋で加熱。
スティックミキサーでガーしたら、丸ごと豆乳の出来上がり。
ミルサーでガーした玄米粉を少々混ぜて発酵させれば丸ごと豆乳ヨーグルト。
搾ったりしないので超簡単。

ある日、ふと思いついてですね、圧力鍋に入れる前に、
元気そうな豆を20~30粒、別によけておいて、
それをさらに数日間、一日二回水洗いして育ててみたんです。
大きくなってきたら、薄皮を取ってあげたりして。
すると、割とキレーな「大豆もやし」になったんですよ。

ポイントは、しっかり育ちそうな元気な豆を選別すること。

あと大豆は、粒が大きいからか、洗う時に芽や根が取れやすいので、
瓶ではなくザルで栽培すること。

この方法のメリットは、もともと豆乳を作る予定だから、
選んだ豆以外はそのまま調理すればよく、発芽率が悪い大豆とか、
発芽速度が遅い大豆がたくさんあっても問題ないという所。

以前大豆もやしに挑戦した時は、発育の足並みが揃わなくて失敗したので、
それ以来、敬遠していたんですけど、豆乳を作る時に選別するようにしてからは成功率100%。

ちなみに、緑豆もやしは、生で食べちゃうワタシですが、
大豆もやしは、加熱して食べてます。

炒めても歯ごたえがあって美味しいけれど、
茹でて、汁ごとスープで食べるのがお気に入り。
結構いい出汁がでるんですよ。大豆もやしって。
お米を炊く時に加えるのも手っ取り早くて便利。

自家製豆乳を作るなら、ちょっと手間をかけて、大豆を発芽させて、
ついでに「もやし」も育てちゃいましょう。

ひきこもり、万歳。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。