スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステーキソースは、もう要らない。


この前、久しぶりにステーキを食べました。

ここ数年、平日はほとんどベジタリアン、
週末ちょこっと鶏肉や豚肉を食べるって感じで、
牛肉はあんまり食べません。

なぜって?

牛肉って高いじゃないですか。

ひきこもりのワタシが菜食に興味を持った
きっかけは、美容のためでも、ダイエットのためでも、
健康のためでもなく、食費を節約するためですから。

で、今回食べたステーキ。
普通に美味しかったです。
毎日食べたいとは思いませんが、
たまに食べるのは悪くないかなって感じでした。

多分、相当いいお肉だったんだと思うんですよ。
ごちそうになったから、わからないですけど。

ステーキソースも用意してくださってたんですが、
上等なお肉そのものの味を堪能したかったので、
シンプルに塩と胡椒だけでいただきました。

ちょこっと味見させてもらったソースは、
確かに美味しかったんですけど、お肉と一緒に食べると、
ソースの味が勝っちゃうんですよね。

せっかくのお肉がもったいないような気がしちゃうんですよ。

ワタシ、焼き鳥は、タレより塩の方が好きだし、
豚肉も、しょうが焼きや味噌漬けより、
塩豚のローストが好きです。

お肉をあまり食べなくなってから特に、
お肉そのもののを味わいたいと思うように
なったような気がします。

美味しいお肉は、ただシンプルに焼いただけで
十分立派なご馳走です。

手間暇かけて調理して、あれこれ混ぜ合わせた
ソースをつけないと食べられないような、
味のないお肉なら、いっそのこと
食べない方がマシだと思うんですよね。

まあ、上等なお肉って当然値段も高いので、
年に数回しか食べられないかもしれないですが、
それでいいんじゃないですか。

普段は、菜食・粗食、質素に暮らして、
たまーに、ちょっと贅沢するくらいで。

肉も野菜も、食材本来の味を楽しみたい。
だから、ステーキソースなんてものは、
もう要らない。

ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト

ラディッシュの種取り。

やっと終わりました。
ラディッシュの種取り。

去年、夏の終わりに植えたラディッシュ、
一株だけ、そのままほったらかしにしてたら、
冬を越して、春になってぐんぐん伸びて
花が咲いたんですよ。

花が咲いたあとは、ぷっくりした房がたくさんできて、
夏ごろ枯れ始めたので、種が入っているだろう房を
収穫して、乾燥させてました。

ぱんぱんに膨らんだ房いっぱいに種が詰まっている
のかと思っていたら、実はほとんど空洞で、
中の種は3つか4つ。

房のまま保存するのは場所も取るし、
来年撒く時、房ごとじゃマズイだろうということで、
房を一つ一つ開いて、種の取り出し作業をしました。

たった一株から収穫しただけなのに、けっこうたくさん
あって、3時間くらいかかっちゃいました。

まあ、ワタシは暇な「ひきこもり」だからいいんですけど。

今は、小さい瓶に入れて、冷暗所に保管してます。

元気なラディッシュが育ちますように。

あ、そー言えば、作業中BGM替わりに「精神科は今日も、
やりたい放題」の著者の講演を聞いてたんですけど、
今思えば、種の胎教によくなかったかも。

でも、バジルを収穫して、葉っぱをチョキチョキ
してた時のBGMは小出さんだったけど、
美味しいペーストが出来たから大丈夫かな。

今度作業する時は、キヨシローでも聞こう。

あんまり変わらないか。

ひきこもり、万歳。

続・豆の加工品は、もう買わない。

相変わらず、豆が好きです。
参照;豆の加工品は、もう買わない。

ヒヨコマメが好きです。
煮ても焼いても揚げても美味い。

乾燥豆をたっぷりの水に浸して、
朝晩洗ってピコっと芽が出たら
圧力鍋で15分。火からおろして、バスタオルで巻いて放置。

塩振っただけでも美味しいんだけど、
夏はフムスの出番が多い。

今までいろんなレシピで作ってきたけれど、
最近見つけたトマトのフムス。

タヒニもニンニクもスパイスもレモンもなし。

ヒヨコマメと生のトマトの角切りと、
生たまねぎのミジン切りを一緒にガーするだけ。
FPでもスティックミキサーでも可。

調味料は塩とオリーブオイル。
タバスコを加えると、さらに美味。

超シンプルなフムス。

出かける用事がある時でも、ニンニクなしだから、
気にならないし、ほんのりピンクでカワイイし、
トマトと玉ねぎの旨みがヒヨコマメにマッチしてて絶妙。

煮汁を多目に入れて、冷製スープにしてもいい。

この夏のヒットレシピ。

本場では、家庭ごとにそれぞれ「お袋の味」があって、
同じ味には絶対出会わないらしいけれど、
このトマトと玉ねぎのフムス、なかなかオススメです。

通販でまとめ買いできて、常温で保存できる乾燥豆は、
ひきこもりの強―い味方。

ひきこもり、万歳。

続・パセリは、もう買わない。

自給自足に憧れつつも、庭がないので、
仕方なく、ベランダ菜園に勤しむワタシ。
参照 パセリは、もう買わない。

今年はイタリアンパセリがでっかく育った。
育ちすぎて、プランターが倒れそうなくらい。

有難いけど、全部すぐには食べられないから、
保存する方法をいろいろ考えた。

乾燥させるのは色が変わるから避けたくて、
冷凍することにした。

でも、普通に冷凍するのは、
小分けにするのが面倒くさいので、
葉っぱだけ収穫して、FPでガーした後、
粉チーズと混ぜてみた。

粉チーズと混ぜたパセリを袋に詰めて、
空気でパンパンにして、冷凍庫に入れる。
一時間に一回シャカシャカ振って、三時間後。
パラパラに凍ったのを、容器に移す。

これ、便利です。
パラパラだから、使いたい量だけ取り出せる。
パスタにリゾットに、スープにオムレツに、
大活躍してます。

玄米クリームに混ぜて、胡椒を振ると、
めっちゃ洋食っぽくなります。

もしくは、FPでガーしたパセリに
おろしニンニクとバターを混ぜて、
ラップで棒状にまとめて冷凍庫。

パセリガーリックバターの出来上がり。

これをスライスしたヤツをパンに乗せて焼くと、
即席ガーリックトースト。
おつまみになるよ。
白ワインが飲みたくなるかも。

あーあ。こんなことばっかりしてるから、
食べ過ぎちゃうんだろうね。
仙人への道はまだまだ遠い。

でも、折角おおきく育ってくれたから、
食べてあげないと勿体無いかなって。

パセリだろうと、バジルだろうと、
食べられるハーブが豊作なのは単純に嬉しい。

今年はシソが全滅だったから、
来年は元気に育ってくれればいいな。

ひきこもり、万歳。

最近の丸ごと豆乳ヨーグルト。

ひきこもりの丸ごと豆乳ヨーグルト。
ちょっと発芽させた大豆を圧力鍋で煮て、
スティックミキサーでガーして後、
ミルサーでガーした玄米粉を混ぜて、
容器に移してほったらかす。

気温によって前後するけど、
2日くらいで完成。
ヨーグルトっぽくなったら冷蔵庫で保存。

最近はお昼に食べることが多いので、
そのままだとちょっと寂しい。

オートミールやシリアルを入れたり、
小豆の炊いたのを入れたり、
りんごの煮たのを入れたり、
ヒマワリの種とか干しブドウを入れたり、
なんやかんや加えてボリュームを出して食べてる。

黒糖か蜂蜜で甘みを出すことが多いんだけど、
この前何となく思いついて、
味噌もちょっぴり入れてみた。

甘じょっぱさがなんとも言えずクセになる美味しさ。

塩スイーツ(ハート)みたいなモンが
一時流行ってたけどさ、
甘じょっぱいおやつなんて、
日本には昔っからあるじゃんね?

砂糖醤油の磯部巻きとか、煎餅とか、五平餅とか。
五平餅の味噌と胡桃と砂糖と混ぜたタレ、
あれ、スゴイ好き。

折角ウチには、美味しい手前味噌があるんだもの。
味噌をおやつにもっと活用しよう、と決めたのでした。

しばらくは、豆乳ヨーグルトに味噌を入れて、
甘じょっぱいのを楽しもう。

っていうか、考えてみるまでもなく、
大豆から作った豆乳と、大豆から作った味噌が
合わないわけがない。

ついでに手作りきなこもかけて、
トリプル大豆にしちゃおうかな。

ひきこもり、万歳。

続・市販の味噌は、もう買わない。

市販の味噌は、もう買わない。

ひきこもりの手前味噌。
何だかんだ言って毎年仕込んでる。
だって簡単なんだもん。

今年はちょっと仕込が遅かったから、
9月になってから天地返しをした。

しゃもじで少しずつ取り出しては丸める。
まるで泥遊び。

上と下を間違えないように
お皿の奥から順番に並べる。

容器が空になったら、アルコールで消毒して、
今度は上下が逆になるように戻す。

全部容器に戻したら、平らにならして
塩を振って、ラップして、フタをする。

もうちょっと熟成してもらいましょう。

そう言えば、自分で味噌を作るようになって
初めて気がついたんだけど、
味噌って呼吸してるのよ。

使う分だけタッパに移して
冷蔵庫で保存してるんだけど、
しばらく使うのを忘れてると、
フタがパンパンになってるの。

閉める時空気を抜いてるはずだから、冷蔵庫の中でも
発酵し続けてる味噌から炭酸ガスが発生してるんだと
思うだけど、以前買ってた市販の味噌の時は
こんな風にはならなかったんだよね。

どうせ食べるなら、生きてる味噌がいい。

ひきこもり、万歳。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。