スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人畜無害な「ひきこもり」

最近「ひきこもり」の何が悪いのかよくわからないんだよね。
麻痺しちゃってるのかしら?

だって、原発を爆破させたわけでもないし、
放射能をばら撒いてるわけでもないし、
子どもの疎開を邪魔してるわけでもないし、
お金をもらってウソ情報を垂れ流しているわけでもないし、
汚染された食べ物を給食に出してるわけじゃない。

「ひきこもり」なんて、むしろ人畜無害だと思うんだけど。

人間関係が苦手で外に出たくないってそんなに罪なコトですか。
ブラック過ぎる会社じゃ働けないのってそんなに駄目なコトですか。
お金の余裕があるヒトに寄生してるってそんなに悪いコトですか。

放射能を垂れ流しにしたり、子どもを被曝させ続けたり、
日本という国を消滅させようとすることよりも
非難されるべきコトなんでしょうか?

この期に及んで「ひきこもり」のネガキャンしてるヒトって、
何か別の意図があるんじゃないかと勘繰りたくなる。

ガス抜き?スケープゴート?目くらまし?

「ひきこもり」のお前が言うなって感じだけど、言っちゃおう。

もう「ひきこもり」なんかに構ってる場合じゃないでしょ?
今の社会にそんな余裕がどこにある?

人畜無害な「ひきこもり」なんかほっときゃいいじゃん。
もっと他に大事なことがあるんじゃないの。

ワタシはただの「ひきこもり」だけど、今やるべき最優先事項が、
「ひきこもり」バッシングでないことだけはわかる。

ひきこもり、万歳。

スポンサーサイト

ココロを病まない「ひきこもり」

「ひきこもり」になることで、ココロを病むヒトがいるらしい。

きっとそのヒトは、フツーの生活に未練がありすぎるんだと思う。

だから、自分が実際に置かれている状況と、
なりたい自分との乖離に苦しむことになるんだろう。

でもワタシは、とっくの昔にそんなレベル超えちゃった
気がするんだよね。

心から今の生活に満足してる。

足りないモノがあったとしても、
それを得るために、奴隷生活に戻ろうとは思わない。

例えば、公務員の職がもらえるとしよう。
残業なしの定時帰宅、ボーナス満額で有給も取り放題。

ただし仕事は「放射能は安全です、と市民を納得させること」

一切躊躇せずその場でお断りする。

例えば、大手企業でエリート管理職のポストをもらえるとしよう。
交際費は無制限で、退職金もたっぷり。

ただし仕事は「なんとしても原発を稼動させること」

億の金を詰まれても嫌だと言える自信がある。

世間の目が冷たかろうが、極貧生活を送ろうが、
もうお金では動けない。

知ってしまった以上、後戻りはできない。

そこまで悟れれば、多分「ひきこもり」生活で病むことはない。

最低限のモノだけに囲まれた質素な暮らしって、
慣れると結構快適なんだよね。

ひきこもり、万歳。

健康で健全な「ひきこもり」生活

「ひきこもり」は不健康で不健全だと
一体誰が決めたんだろう?

「ひきこもり」のワタシよりも
不健康で不健全な生活を送らざるを得ない「働き人」
きっと大勢いるだろうに。

少なくともワタシが「働き人」だった頃、
今より睡眠時間は足りてなかったし、
今より食生活は乱れていたし、
今より部屋は散らかっていた。

「ひきこもり」のくせに健康で健全な生活を
送っているワタシは「働き人」のみなさんに
申し訳ないなと思うことはあっても、
自分の良心に反した生き方をしているとは思わない。

人を欺こうが傷つけようが平気で、
どんな卑怯な手を使ってでもお金を稼ぐことが
健康で健全な生き方だとは思わない。

お金を稼いでいなくたって、健康で健全な生き方はできるはず。

健康で健全な「働き人」もいれば、
健康で健全な「ひきこもり」もいる。

不健康で不健全な「働き人」もいれば、
不健康で不健全な「ひきこもり」もいる。

ただそれだけのことじゃないの?

健康で健全な生活を送るのに、
「ひきこもり」かどうかなんて、
本当は関係ないのかもしれない。

ひきこもり、万歳。

リズムのある自由な「ひきこもり」生活

「ひきこもり」の生活は基本的に自由だ。
好きな時間に起きて、好きな時間に寝て
好きな時間に食べて、好きな事をして生きている。

あまりにも自由なので、
最初は戸惑うかもしれない。
不安になるかもしれない。
必要以上に怠惰な生活を送りたくなるかもしれない。

でも、ある程度慣れてくると、
自然にリズムが生まれてくる。
自分で自分の生活を管理できるるようになってくる。

親や世間や仕事に縛られなくても、
自分でリズムを作ればいいだけのこと。

朝起きて、満員電車に揺られて、
企業の利益を上げるために必死で働いて、
サービス残業なんかもしちゃったりして、
コンビニ弁当食べて、虚しいバラエティ見て寝る。

自炊する時間も、
部屋を片付ける時間も、
モノを考える時間もなく、
ひたすら社会の歯車として働くだけの一生。

そんな囚人みたいな生活を、
リズムのある健全な暮らしと呼ぶならば、
ワタシは自由な「ひきこもり」のままでいい。

自分でリズムを作るより、
誰かが作ったリズムに身を任せる方がラクかもしれない。

でも、誰かが作ったリズムが、
自分にとって心地のいいものだとは限らない。

だから、自分のリズムは自分で決める。

ひきこもり、万歳。

ひきこもりの「豊かさ」考。

「豊かさ」ってイロイロあると思うんだ。

経済的豊かさ。
精神的豊かさ。
時間的豊かさ。
人間的豊かさ。

ワタシ、昔は、経済的に豊かになれば、
精神的豊かさと時間的豊かさも得られて、
人間的豊かさを手に入れられると思ってたんだ。

でも、違ったみたい。

経済的豊かさを求めれば求めるほど、
精神的余裕を失い、時間のゆとりをなくし、
どんどんツマラナイ人間になっていった。

経済的豊かさっていうのは、
精神的豊かさを時間的豊かさを犠牲にしないと
手に入らないモノなんだろうか?

精神的豊かさと時間的豊かさを維持できるほど、
経済的豊かさを持っているヒトは、ほんのごく一部。

しかも、そのヒトたちが、人間的に豊かかどうか、
本当のトコロどーなのか、よくわからない。
でも、あんまり幸せそうに見えないことも多い。

ワタシは、経済的豊かさを追い求めるのをやめて、
「ひきこもり」になったわけだけど、
その結果、精神的豊かさと時間的豊かさが付いて来たんだよね。

不思議だなとつくづく思う。

ワタシは「ひきこもり」で、人間的にまだまだ未熟だけれど、
とりあえず幸せなのは、今の生活が、精神的・時間的に
それなりに豊かだからなんだろう。

経済的には今より豊かだったけれど、
精神的・時間的には全っ然豊かじゃなかった「働き人」だった頃の生活。

経済的には全っ然豊かじゃないけれど、
精神的・時間的に豊かな今の「ひきこもり」生活。

どっちが幸せかなんて、ホント比べるまでもない。

ひきこもり、万歳。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。