スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の「ひきこもり」事情


ちょっと前まで、「ひきこもり」というのは、
批判の対象にされることが多かった。
働きたくないだけの怠け者とか。

それがこの頃、ちょっと様子が違ってきたらしい。
「ひきこもり」というのは、社会になじめない可哀想な人で、
同情するべき対象として扱われることが多くなってきた気がする。


「今、何してるの?」

「えーっと、まあ、なんて言うか、ひきこもりみたいなもんです。」

「あら、それは可哀想に。いい先生紹介しましょうか?」

なんて会話が交わされる日がくるなんて、思ってもみなかった。


実際にココロを病んで「ひきこもり」になった人もいるだろうから、
むやみに一般化することはできないけれど、
個人的に「ひきこもり」は病気ではないと思っている。

だから、病院での診察をすすめられても困るし、
早く治ればいいわね、なんて哀れみの目で見られると、
どう反応していいのかわからない。

実際、平均的な「働き人」よりもよっぽど健康的で
人間らしい生活をしているわけだし。
不幸でもなければ、社会復帰を望んでいるわけでもない。

「ひきこもり」というのは、極めて自然な
生存本能に基づく行動だと思うのだけど、
このまま「ひきこもり」人口が増え続けたら
困る人たちがいるらしい。

いくらネガキャンして弾圧しても効果がないから、
今度は病人扱いして隔離でもするつもりなんだろうか?

生き辛い、生き辛いと言われていたけれど、
「ひきこもる権利」が認められていた頃は
ひょっとしてまだマシだったのかもしれない。

社会をドロップアウトする権利さえ認められなくなった
未来がどんなものなのか、想像すらしたくない。

この、どーにもこーにも「キナ臭い感じ」が、
ワタシの被害妄想であればいいけど。

ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト

生まれる順番、死ぬ順番


身近な人が亡くなると、どうしても思ってしまうことがある。

何でこんなにいい人がこんなに早く逝ってしまって、
自分はまだ生きているんだろうって。

「お前が死ねばよかったのに」って
直接言われたわけではないけど、
そう思っている人はいるだろう。
そもそもワタシが自分でそう思う。

代われるものなら代わりたい。
でも例えワタシが死んでも、
別の誰かが生き返るわけではない。

生と死の境は紙一重。

どうして、っていくら考えても答えは見つからないから、
きっと「順番」があるのだと思うことにした。

生まれてくる順番を変えられないのと同じように、
死ぬ順番も決まっているんじゃないかって。

人間、自分の力ではどうしようもないことがある。
それを運命と呼ぶなら呼べばいい。

「美人薄命」なんて言葉もあるし、
「順番」に納得がいかないケースは、
世の中いくらでもあるはず。

中途半端に生きている「ひきこもり」に限って
なかなか順番が回ってこないとか。
理不尽だけど、仕方ない。

誰しも必ず順番はやってくる。
それが早いか遅いか、ただそれだけ。
人生、長く生きればいいってもんでもない。

亡くなった人の分まで立派に生きようなんて
偉そうなことは言えないけれど、
自分の順番が来るのをぼんやり待つのはもったいない。

自分に残された時間があとどれくらいなのかはわからない。
わからないからこそ、いつ順番が回ってきてもいいように
悔いのないよう生きようと思う今日この頃。

死がすべての終わりではないといいな。
この世を去った人たちが、
あの世で元気に笑っていてくれればいいな。

ひきこもり、万歳。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。