fc2ブログ

無駄な大容量は、もう要らない。

PCのメモリーについて、ちょっと考えてみました。

ワタシは、ワープロを知っている世代なので、一番最初に使ったメモリーは
フロッピーでした。

その後、MOやCD-ROM、DVDにUSB。
次から次へと、新しい記録メディアが出てきて、どんどん容量も大きくなっていった。

今、ワタシが主に使っているのはUSBです。

画像も音楽も動画もほとんど使わないので、メモリーの用途は文書の保存。
文書って、あんまり嵩張らないんですよね。

だから、ワタシのUSB、128MBと256MBです。64MBもまだ、どっかにあるかも。

今のUSBってGB(ギガバイト)が普通なんだって、最近知りました。
ワタシ、MB(メガバイト)で十分なので、買い替える必要ないし。

次々に新しいのを買う人って、「大は小を兼ねる」って思ってるからですか?
そんなに大きなメモリーが、本当に必要なんですか?
容量が大きすぎると、何がどこに入ってるかわからなくなりませんか?
内容を一つ一つ吟味しないまま、とりあえず保存したからOKって安心しちゃいませんか?

肝心のデータの質が問われないまま、
大容量が本当に必要なのか熟考されないまま、
今後、テラ、ペタ、エクサ、ゼタ、ヨタ・・・って増えていくんでしょうか?

とりあえず、「大きければ大きいほどいい」、「新しければ新しいほどいい」って
無条件に信じる人が、きっと、それを買うんでしょうね。

ワタシ、最近、単に前に進むだけが、「進化」じゃないような気がするんです。

もうこの辺で十分だって、ストップできるようになること。
これ以上は、もう要らないって、拒否できるようになること。

これからは、それが「進化」であり、「成長」なのかもしれないって思うんです。

時代遅れで結構。

「量より質」の
ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる