fc2ブログ

出来合いのお節は、もう買わない。

何か、大変なことになってたみたいですね。
某クーポンサイトから注文したお節。
スカスカだっけ?カスカスだっけ?

って言うか、ワタシ、出来合いのお節を注文する意味がわからないんですけど。
家で作る時間ないくらい忙しいなら、わざわざお節食べなくてもよくない?

そもそも、「専業主婦」っていう存在が多くの家にいて、その人たちが、
お年始をゆっくり過ごすために、日持ちのする酒のツマミを作り置きして、
それを詰めたものがお節でしょ?

昔は、仕事を休むのは正月だけ、酒を飲むのも正月だけって人も多かったらしいし、
そりゃ、年に一度のお節ぐらい美味しいもの食べても罰は当たらないでしょう。

けど、今や専業主婦なんていないし、正月にしか酒を飲まないなんて殊勝な働き人も稀。
それにもかかわらず、「お節」という贅沢で豪華な習慣だけ、伝統の継承なんて名の下に
ビジネス化してるのに違和感があるんだよねえ。

どーしてもお節を食べたいなら、年末にお節が作れる環境を整えるとか、一年間ひたすら
倹約して、工場で大量生産されたものじゃない、どこぞやの料亭系のお節を奮発するとかさ。

忙しいのも、お金がないのも棚に上げて、クーポンで半額叩き売りされてるお節を買うことに
何の意味があるの?

「心がこもってない代わりに、保存料、添加物、着色料、香料は、たっぷりサービス」
そんな、工場で大量生産されたお節、本当に食べたいですか?

人々の生き方も、生活の仕方も、考え方も、社会のシステム自体が変わってるのに、
ビジネスになるであろう「伝統」だけ守りましょうって言われても、ねえ?

受容すべきモノ、保存すべきモノ、変えるべきモノが、全部ぐっちゃぐちゃ。

パラダイム転換が必要であることを利用して、大衆をよくない方向に先導しよう
としてる人たちがいるような気がする。気のせいであるといいんだけど。

守られるべき大切なモノが守られず、保障されるべき最低限のモノが保障されていない今、
ただ単に金を巻き上げるための手段に成り下がっている、出来合いのお節を買う意味がわからない。

伝統を守るのも結構。
でも、今はもっと大事なことがあると思う。

スカスカのお節を買って食べたいと思わない。
ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる