fc2ブログ

「気づき」はボトムアップ?

慈善か、偽善か。

いろいろな人が、いろいろな事書いてますね。
「伊達直人現象」。

良くない事だと思ってるわけじゃないんですが、
何となくスッキリしない。
どこか違和感がある。
なぜか後味が悪い。
例によって、何の根拠もない、単なる「ひきこもりの直感」なんですけど。

多分ね、ワタシが手放しで喜べない原因は、この現象に賛同している人たちというのが、
いわゆる「金持ち」連中じゃないような気がするからだと思うんですよ。

前にも記事に書きましたが、(cf.優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法。)
貧富ピラミッドの頂点近くにいる、腐るぐらい金を溜め込んでいるヤツらには、
もう金儲けなんてやめて、引っ込んでくれって思ってます。

でもね、今匿名で寄付しているのは、おそらくピラミッドで言うなら、中間層、もしくは
真ん中より下に近い位置にいる人たちなんじゃないかという気がするんですね。
まあ、家賃が払えないとか、明日食べる物がないとかいう貧困レベルではないでしょうけど、
そんなにお金が余っているわけでもないはず。

じゃあ、なんで今、寄付をするのか。
お金なんて持ってても仕方ない。という一種の悟りはどこから来ているのか。

「身軽になればなるほど、楽に、幸せに、穏やかに暮らせる」というポジティブな悟りではなく、
「もうこんな社会には、うんざりだ。どうせ悪い方にしか変わらない」というネガティブな悟り
だったら、ちょっと危ないですよね。

お金なんて持ってても仕方ないって開き直ってしまったら、人生なんてどーでもいいし、
ある意味ヤケッパチってことでしょう?
この現象の元になっているモノが「諦め」なら、そこに漂っているのは、悲壮感や絶望。
もう自分に希望なんて残ってない、そう思い込んでしまった人が暴走したら、大変ですよ?

そんな嫌ーな予感がするから、どーもスッキリしないんだろうなあ、と思います。

まあ理由はどうであれ、それで救われる人がいるのなら、悪い事ではないと信じたい。

ピラミッドの底辺が、脱消費でシンプル・ミニマムに生きようとしているように、
ピラミッドの中間層も、モノに執着することの無意味さに気づき始めているということなら、
それも悪くないのかもしれない。

少しずつ、社会が動き始めているというサインなら嬉しいんだけど、ねえ?
なーんか、胡散臭い。

やっぱり天邪鬼な
ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる