fc2ブログ

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法。ちょっとブレイク。

働かずに定期的にもらえるお金、公的な制度についていくつか紹介しました。
ひきこもりになる方法 その10 定年まで粘って、年金で暮らす。
ひきこもりになる方法 その11 失業保険(雇用保険)を利用する。
ひきこもりになる方法 その12 精神疾患で障害者保険をもらう。
ひきこもりになる方法 その13 生活保護をもらう。
これらは、どれも公的な制度を利用したものです。
なので、今回は公的なセーフティーネットについてちょっと考えて見ましょう。

財源は主に税金。それでなくても生活カツカツなのに、さらに増税とか訳のわからん
ことを抜かしてる人もいるようですが、何やかんや、バンバン「取る」方には熱心な
くせに、「配る」方は異様に審査が厳しかったり、年々額が減ったり、「ケチケチすん
なよ」って言いたくもなる、そーゆーよく分からないお金のことです。

税金ってそもそも、誰の為のお金やねん?一体何に使われてるねん?
と、突っ込みたくなったことありませんか?

まあ、とりあえず、年金だろうが、失業保険や障害者保険であろうが、
条件や環境が合致する人は、もらえるもん、もらっておきましょう。
利用できるものは、利用すればいいんじゃないでしょうか?

それにしても、公的制度を使って、人間らしく穏やかに暮らしましょうという提案が
ものすごく胡散臭くって、ものすごくインチキ臭い気がするのはなぜか?

ワタシは、大きく分けて二つの理由があると思います。

一つは、システムが真っ当に機能していないということ。

「何であの人お金もらってるのん?働けるやん?」って人が
イロイロ公的支援を受け取ってて、本当に困っている人が何ももらえない、とか。
そんな制度には、不信感を抱いて当然だと思います

二つ目は、今、他人を思いやれる余裕のある人がほとんどいないこと。

困っている人がいても、自分だって困ってるんだと思う。
他人を助けるくらいなら、自分がまず助かりたい。
偽善プロパガンダ工作員じゃないフツーの人は、自分が不幸の真っ只中で
もがき苦しんでいる時に、他人を救ってる暇なんてない。

だから、働かずにのうのうと暮らしている人を見ると腹が立つ。
自分は必死で努力しているのに、ラクしやがって、と憎しみさえ覚える。

そこそこ頑張って働いたら、そこそこ幸せに生きていける。
そんな社会でなら、人間はもっと寛容になれると思うんです。
でも、必死で頑張っても、全然幸せになれない今の社会じゃあ、
心が狭くなってしまうのも無理はないでしょう。

以前、ネットゲリラさんで「日本丸ごと生活保護でお願いします
って記事があったんですけど、生活保護等のセーフティーネット、
ものすごく批難されてますね。妬み、僻み、やっかみ・・・本当に強烈です。
穏やかにのほほんと暮らしてる「ひきこもり」なんて、袋叩きにされるでしょうね。

でも実際に今の日本には、全員に「生活保護的なモノ」が必要だと思うんですよ。
そうなると、もはや生活保護とは呼ばなくなるでしょうけど。
まあ、その話は長くなるので持ち越しということで。

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法
このシリーズも残りあと7つ。もう少しお付き合いください。

ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる