fc2ブログ

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法 その14 パトロンを見つける。

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、
論外とします。が、提案の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、
っていう方法も出てくるかもしれません。

その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもりになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

********************************************

前回まで、公的資金がセーフティーネットとして、上手く循環していないということを
見てきましたが、「公的」に頼れないなら、「私的」にお金を回してしまいましょう
というのが、今回の「必殺技」です。

題して、お金を持ってる「個人」から、お金を持たない「個人」へ。

いい意味でも悪い意味でも一番社会に根付いているのが、パトロン制度じゃないですか?
愛人でも、タニマチでもスポンサーでも、まあ呼び方は色々ありますよね。

問題は何を担保にするか。ですが、若さでも美貌でもセックスでも、芸術的才能でも
運動神経でも、何でもいいと思います。

何でもいいと思いますが、とりあえず一芸に秀でた人しか使えない技です。

上手く使えば、格差も解消できるし、
合理的なシステムだと思うんですけど、どうでしょう?

パトロンシステム。遠―い昔から存在してますよね?
画家や音楽家、作家など、パトロンの存在を否定してしまったら、
芸術なんか成り立たないわけです。

そうすると、エンコーでもランコーでも何でもOKってことになりそうですが
どうでしょう?倫理的にダメですか?

ワタシは、基本的に「個人の勝手」でいいんじゃないかと思ってます。
若年層の場合、性を「売る」とか「買う」ということがどういうことか、
キチンと考えた上での判断なのかどうか、ビミョーなとこですけど。

そもそもね、性の乱れだとか、規制だとか言う前に、とりあえず
「お金さえあれば幸せになれる」とか「お金のない人生は惨めだ」とかいう、
お金教の信者を何とかするべきだと思うんですよ。

だって、性を売る最大の理由は、お金でしょう?
好きでやってるって人もいるのかもしれない。
でも、仮に働かなくても、最低限生きていけるだけの収入が保証されたら、
「それでもセックスワーカー続けますって人」が一体どれだけいるんでしょうね?

だから、本気で性の乱れを心配するなら、どっかの知事みたいにサブカルバッシング
してないで、「そこそこ真面目に働けば、そこそこの収入が保障される社会」を実現する
方が先なんじゃないの?

「お金なんて最低限しかなくても、幸せに生きて行けますよ」って考え方を広めた方が
絶対に有効だと思うんですけどね。

まあ現状では、お金がなきゃ生きていけないし、限界まで必死で働いても最低限の
収入さえ保障されない。しかも、公的支援は全く期待できないので、
とりあえず、パトロンが見つかるくらい、魅力的な「ひきこもり」を目指すっていう手も、
アリ、なんじゃないですかね?

なんか、ちょっと論点がズレたような気もしますが、とりあえず、
優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法 
その14 パトロンを見つける。

長所・・・ある人から、ない人へお金が回って、格差解消につながる。
短所・・・貢いでもらえるだけの武器がある人にしか使えない。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる