fc2ブログ

チョコトリュフは、もう買わない。

混ぜ物たっぷりチョコは、もう買わない
市販のチョコムースは、もう買わない。」に続いて、
「ひきこもりの脱チョコ宣言パート3」

昔はしょっちゅう食べてた「チョコトリュフ」。
買って食べて、作っては食べて。
バターとラム酒と蜂蜜を隠し味で入れるのが好きだった。

思えばすっごいカロリーだよなあ。
生クリームは動物性の脂肪分の高いヤツ使ってたし。

もう二度と買うことも作ることもないけど。

ワタシが比較的簡単に「脱チョコ宣言」できた理由は、
やっぱりキャロブパウダー。

キャロブパウダーを知ってから、フツーのチョコを
食べたいと思わなくなったから。

まあ、時々フェアトレードのオーガニックチョコを齧ることもあるけれど。
チョコ中毒だった頃に比べれば、十分「脱チョコ」したと言えるでしょう。

でも、キャロブパウダーって、味が似ているから
チョコの代替品になる訳じゃないんだよね。実際、味は似てないし。

ただ単純に、フツーのチョコトリュフより、
ロートリュフの方がワタシ好みなんだと思う。
元々、ナッツもドライフルーツも好きだし。

それに、カフェインフリーで、乳製品フリーだからかもしれないけど、
キャロブパウダーを使ったデザートは、「カラダ」が喜ぶ気がするんだ。

作り方は「ローフードレシピ」「トリュフ」とかのキーワードで検索すると
簡単に見つかると思うので省略。
ちなみにワタシは、某ヴィーガン王子のレシピをアレンジしてます。

このトリュフ、まとめて作れる所がまた便利。
まとめて作って、小分けにパックして冷凍庫へ。
食べたい時に自然解凍。

しかもね、ここだけの話、このロートリュフ、
お酒に合うんだなあ。

フルボティの赤ワインとか甘いデザートワイン、
ウィスキーとかブランデー系にもバッチリ。

あるじゃんね、ちょっと飲みたい時って。
でも、乾き物がオツマミじゃ寂しいし、
かと言って何か作るのも面倒くさい。
そこで登場するわけですよ。冷凍庫のロートリュフが。

ということで、ワタシは昔から酒飲みでしたが、
相変わらず酒好きという話でした。

それでも昔に比べれば、
随分ヘルシーな飲み方するようになったもんです。

「こってり」より「あっさり」が好きになったのって、
単に歳とっただけって可能性もあるけどね。

ひきこもり、万歳。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

酒豪くらいは飲めるけど、甘いもの好きのあんこはラム酒が入っているトリュフがいいな。

トリュフがお口のなかで溶けていくとき、能天がパラダイスになる。

お口にトリュフを、ぽんって入れられる人に出会いたいなあ。

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる