fc2ブログ

きのこ組長「発酵本」出版記念企画第三弾。

ブログ「建築とかいろいろ」の管理人、
きのこ組長が「発酵」についての本を出版されました。

本が届くのをこれほど待ち遠しいと思ったのは久しぶり。
はーやーくーこいーこいー「発酵マニアの天然工房」

ということで、きのこ組長の「発酵本」出版に勝手に便乗して、
ひきこもりの発酵論も語っちゃおうという企画第三弾。

テーマは「発酵と腐敗」。

似て非なるもの。

発酵させると保存食になる。
発酵させると美味しくなる。
発酵させると栄養価が高くなる。

腐敗したら臭くなって
腐敗したらカビが生えて
腐敗したら食べられない。

どちらも微生物による食物の変化。
ニンゲンにとって有益であれば発酵。
ニンゲンにとって有害であれば腐敗。

ポジティブなイメージの発酵。
ネガティブなイメージの腐敗。

ニンゲンが自分たちの都合で勝手に分類して
勝手に名前を付けただけの話。

発酵と腐敗。
そのボーダーは限りなく曖昧。

発酵に見せかけた腐敗。
腐敗に見える発酵。

発酵という名前がついているからと言って、
必ずしもカラダにいいわけじゃなく、
腐敗というイメージがあっても、
必ずしも悪いモノじゃないかもしれない。

表向きの言葉じゃ、本質までは分からない。

誰かが自分たちの都合で勝手に分類して
作り上げたイメージに振り回されるのは御免だ。

ちょっとくらいは自分で調べて理解してないと、
言葉のマジックに騙される危険性あり。

絶対に腐るわけないと思い込んでいるものが
本当は腐敗してたり、
絶対に腐ってるに違いないと思ってるものが、
本当は発酵しているだけだったりもする。

奥が深いぞ、発酵道。

でも「発酵」についてある程度理解できるようになったら、
「腐敗」しているモノも見分けれるようになるんじゃないかな。
本当に腐っているモノには、カラダが拒否反応を示すようになるだろうし。

きのこ組長の「発酵本」で勉強しよう!
ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

胡散臭さも野生と直感で嗅ぎ分けて欲しい。
世の中は腐っているから。
結局、不食に行きつくしかない放射能まみれの日本。

クールダウンにチョコトリュフをお口に「ぽん」やね。

No title

「胡散臭さ」ってもちろんマスコミ!!!

可憐な乙女のきのこさんは、逞しさもあって憧れる。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる