fc2ブログ

臨機応変

例えば、ミルクを飲むのか飲まないのか。
例えば、野菜の皮をむくのかむかないのか。
例えば、小魚を丸ごと食べるのか食べないのか。

移行期の今、臨機応変に対応するしかない。

ワタシも昔はイロイロ勉強したんだ。

アーユルベーダではね、「牛乳」は素晴らしい健康食品なんだ。
病人も妊婦さんも、みんなたっぷり飲むように推奨されている。
でもね、3000年前の偉い人はね、きっと人間が、牛にホルモン注射したり、
肉骨粉を与えたりするなんて考えもしなかったんじゃないかな。

ホールフードやら一物全体やらもね、理論はわかる。
共感したいのもやまやまなんだけど、
残留農薬とか放射能汚染とかを考えるとね、
やっぱり野菜や果物の皮は剥いて食べた方がいいと思うんだよね。

甲田療法とかいくつかの断食療法ではね、小魚の摂取を推奨してるんだ。
チリメンジャコとか頭も内臓も骨も全部食べれるようなやつ。
でもね、放射能によって海がコレだけ汚染された今、
魚の骨やら内臓やらは避けるべきだと思うんだ。

他にも海草とか、キノコ類とか、これまで散々、
健康にいいって言われてきたもの、たくさんあるよね。

でも、今、それらが本当にカラダに良い安全な食品なのかどうかは、非常に微妙。

最先端の情報にしろ、何千年もの間実践されてきた英知にしろ、
決定的な「何か」が欠けている気がするのは何故だろう?

今のエライ人は、とかく問題を軽視して、対策を先送りにしがちだし、
昔のエライ人は、現在の壊滅的な状況を予測していなかったかもしれない。

何を信じようと、何を食べようと、個人の自由なんだけれど、
コレまで以上に「自己責任」っていうのが覆いかぶさっていて、
それぞれが自分なりにイロイロな情報を集めて、総合的に考えて、
日々の細々した選択を一つ一つしていかないといけない。

誰が正しいのか、何が正しいのか、ワタシにもわからない。
今のワタシにできるのは、とりあえずピンと来たモノを自分自身で
試してみること。ただ、それだけ。

首尾一貫してなくても、矛盾してても、今は仕方ないんじゃないかな。
「移行期」に大切なのは「臨機応変」に生きることだと思うから。

別にね、ワタシは、長生きしなくてもいいんだけど、
「何か」がおかしい今の状況に対して、
何もしないまま、無抵抗のまま死ぬのは嫌なんだ。

ひきこもり、万歳。


スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【臨機応変】

例えば、ミルクを飲むのか飲まないのか。例えば、野菜の皮をむくのかむかないのか。例えば、小魚を丸ごと食べるのか食べないのか。移行期の今、臨機応変に対応するしかない。ワタシも昔はイロイロ勉強したんだ。アーユルベーダではね、「牛乳」は素晴らしい健康食品なんだ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる