fc2ブログ

使い捨てナプキンはもう要らない。月経カップ&布ナプのすすめ。

前回、布ナプの利用には注意しましょうね、って書いて、
ネガティブな反応とか、怖いなーとビビッていたのですが、
とりあえず何ともなくて、安心しています。

そもそもあまり多くないこのブログの訪問者の方にとっては、
実は既に、常識なのかもしれませんね。

そう、最低限の注意を払えば、必要以上に神経質になることはないんです。
布ナプの普及に反対してるわけでもないですし。

自分が、血液感染するウィルスを保持しているかどうか検査しましょうね。
検査で陽性なら、次亜塩素酸を含む塩素系漂白剤で処理しましょうね。
家族がいる場合は、家族が血に触れないよう気をつけましょうね。
小さな子供がいる場合は、血液の扱いについて、ちゃんと教育しましょうね。

それだけのことですから。

月経血を膣の中に溜めて、トイレで出すというスゴ技の持ち主もおられるようで、
それは、素晴らしいと思いますが、個人的には、ちょっと人間離れしてる気がしますね。

そもそも、その話の元ネタは、「オニババ化する女たち」だと思いますが、
著者の専門、疫学ですよ。公衆衛生とか、予防医学とかの統計屋さんですよ。

その人に、月経とか、生理とか、オンナの身体とか語られても、それはあくまで、「エッセー」であって、
科学的根拠に基づいて考察しているわけじゃないでしょ、と思うわけです。

もちろん、月経コントロールができるようになったなら、それは便利な事なんでしょうけどね。
オンナなら全員できて当然、と思わなくていいと思うんです。

ワタシ、別に月経コントロールしようと思ってませんが、3減キャンペーンは実施中なので、
使い捨てナプキンはできれば使いたくないですね。
そして、ネット徘徊中、見つけたのが月経カップ。

月経カップというのは、主にシリコン製で、鈴のような形をしていて、タンポンのように膣の中にいれて、
月経血を溜めるというやつですね。気になる方は検索してみてください。

実は、これ、使えるようになったら便利だなー、いいなーと思いつつ、
自分では持ってません。今後の課題です。
なので、使った感想とかは書けないんですが・・・。

でも、ごみゼロですよ。一度買えば、10年は使えるんですよ。
布ナプみたいに、漬けたり、洗ったり、干したりが面倒じゃないんですよ。
交換の目安は12時間とか書いてるし、うまく使えば漏れることもなく、
泳いだり、自転車に乗ったりもできるらしい。

いいなあ、使ってみたいなあ。
もう少し、大人になってからにしようかなあ。
って、もう十分「いい大人」なんですけどね・・・。

昔、職場の同僚で、あまりのストレスから、月経が来なくなった人もいましたが・・・。
基本的には、働いてても、ひきこもってても、「来る」ものですからねえ。

うーん。毎月のことですからねえ。
できるだけ、快適に過ごしたいですよね。
そして、エコロジーでエコノミーであれば、なお良し。

と、いうことで、今の所、最善策は、
「月経カップ&布ナプ」かな、と思うわけです。

ケミカルナプキンは、もう要らない。
現時点で安全といわれていても、化学物質を使用している訳で、100%身体に無害とは
言い切れないだろうから。

使い捨てナプキンは、(できるだけ)もう買わない。
月経カップ&布ナプが一番、ラクで、身体にも財布にも地球にも、害がなさそうだから。
でも、長時間外出する時とか、面倒くさいこともある。
だから、オーガニックの使い捨てナプキン&タンポンは、あってもいいかな、と思うわけです。
臨機応変に、テキトーに生きましょう。

それでは、長くなりましたが、しかも連続だし。
月経ネタ、これにて一件落着、とさせていただきます。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

HTLV-1(白血病ウイルス)

はじめまして

私も、布ナプキンの影響について考えたことがあります。

血液感染で一般に知られているウイルスは、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルス
そして、梅毒スピロヘータですが、

HTLV-1(白血病ウイルス)を、ご存知でしょうか?
この白血病ウイルスは、妊娠時にも検査されておりません。

以前から知られているウイルスなのに、最近になって、やっと騒がれだしたウイルスです。
昔、一部の地域で大流行しましたが、今は全国的に広まっています。

この白血病ウイルスの感染者は、エイズウイルス感染者の100倍以上います。
今、ある地域では、HTLV-1(白血病ウイルス)の撲滅運動も行われているようですが
エイズウイルスに比べると認知度が大変、低いです。

この場をお借りして、
多くの皆さんに、このHTLV-1(白血病ウイルス)の存在を知ってほしくて投稿させて頂きました。

少し、ブログの内容からそれてしまって申し訳ありません。

血液は危険

ただ書きたいことを書いているだけで、すみません。

「危険」と「汚い」を、ごちゃ混ぜに考えてしまって、感情的になってしまう女性が多いようですが、
「危険」と「汚い」は違います。

血液は、汚いのではなく「危険」なものです。

前回、管理人様が書かれているように、
私も、子供に、【他人の血液には絶対に触れてはイケナイ】ということを
きちんと、教えてあげるべきだと考えています。

最近の子供は初潮が早いです。
つまり、学校等のトイレで、他人の血液に触れてしまう可能性が高くなっています。
月経血だけでなく、体育の時の怪我や工作の時間にカッターや彫刻刀で手を切ることもあるわけです。

B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス、エイズウイルスに感染している子供は少ないにしても、
前回、書いたHTLV-1(白血病ウイルス)は、子供でも感染していることが多いです。

なぜなら、
このHTLV-1(白血病ウイルス)は、赤ちゃんがお腹の中にいるうちに母親から感染したり、
母乳を与えることにより、確実に感染してしまうからです。

感染のしかたはエイズウイルスと同じです。
つまり、血液でも感染します。

そして、このHTLV-1(白血病ウイルス)は、妊娠時の感染症の検査で、検査されていません。
私は、検査するべきだと思います。

一部の地域では、妊娠時の検査項目に入れているそうですが。

日本の多くの人は危機感がなく、血液が恐いものであるという認識が無さ過ぎると思います。

昔は、エイズウイルスは針刺し事故では感染しないと言われていましたが、
現に、針刺し事故でエイズウイルスに感染してしまった医療職員が沢山、います。

もう少し、他人の血液に触れることの危険性について自覚がほしいと思います。
日本の皆に叫びたい!

月経カップ

はじめましてー。いなばと言います。
私月経カップ使ってますが、非常に良いです。
挿入と取り出しに若干こつがありますが、そこさえ慣れれば捨てるものが一切ないのがものスゴク快適。
ナプキンもタンポンも、本体プラス外装プラス捨てる時にくるむトイレットペーパーで膨大なゴミを排出してたんだなあと言うことがわかります。トイレにサニタリーボックスを置かなくてすむようになるのも掃除が楽で良いです。
エコとしては楽にできて成果が実感できる良いエコかなって思います。感想、ご報告でした。

No title

>いなば さん

はじめまして。
やっぱりいいですか、「月経カップ」。

ワタシも、ここ数年、気になってはいるものの、
未だに挑戦できずにいるのですが、今年こそ使ってみようと思います。

エコな上に、布ナプみたいに漬け置きや洗濯の手間もかからないし、
ぜひとも上手に使えるようになりたいです。

貴重な感想・報告を、有難うございました。

No title

私、2008年~月経カップを愛用してます。
詳細はブログに記載しました。
参考になれば、嬉しいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/2004baby/

2003年~布ナプキンを愛用していましたが、
バケツに漬け置きしている時など、夫には見られたくなかったり、
2児の母となり、子供の視線もあり、真っ赤に染まったバケツの水を見られるのも嫌で、
そんな時に出会ったのが月経カップです。

結論を言えば、1個の月経カップを5年以上繰り返し使っていますが、
まだまだ5年以上使えるだろうし、シリコンカップが若干曇ってきた程度です。

使い慣れれば本当に便利、何よりお手入れ簡単、熱湯消毒は定期的にしています。
経産婦さんや、タンポン派の方にはお勧めします。
さすがに10代の若い子には難しいかも知れませんが。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる