fc2ブログ

お金と食べ物では、遊んじゃいけんと思うんよ。


このブログを始めるきっかけになった、玉さんが、株や投資の専門家たということは知ってましたが、
ここ最近は、随分丸く、好々爺にならはったようで、安心してたんです。

が、課金記事として、また書いておられるようで、ちょっと引いてしまいました。

いえ、いいんですけどね。やりたい人が勝手にやれば。

ワタシ、貯金切り崩しの、ひきこもりですから、パソコン通信さえできれば、
お金が稼げるなんて、夢のような話だと思います。

自分もできたらいいな、と思ったこともあります。
でも、昔から、苦手なんです。株とか投資とかマネーゲームとか。

きっと、ワタシの中にある動物的DNAが、拒否反応を起こすんですね。
ワタシ、原始的なひきこもりですから。

ワタシの細胞の中に、「食べ物を粗末に扱ってはいけない」っていうのと、
「お金で遊んではいけない」っていう危険信号が埋め込まれているんですよ、きっと。

食べ物を粗末にするっていうことは、もちろん命を粗末にすることですから当然なんんでしょうが、
なーんで、お金を稼ぐことに、こんなに躊躇するんだろーって、昔は不思議に思ってました。

ひきこもり、になって、やっと分かった気がするんです。
お金って、つながってるんですよ。

自分が得したら、その分、どこかで誰かが損してるかもしれない。
特に、不当な方法で稼いだお金とか、労働に見合っていない報酬とか、
誰かを不幸にして得たお金で、本当に幸せにはなれないと思うんです。

ワタシが、ナイーブ過ぎるんですかね?そうでしょうね。
良心が捨てきれないんです。キレー言で申し訳ないですね。

でも、すっごくお金持ちなのに、幸せそうに見えない人、いるでしょう?
とても質素な生活のはずなのに、いつも笑顔で満ち足りた顔してる人、いるでしょう?

無意味に莫大なお金を所持している人がいる一方で、必死で働いても最低限の
生活を維持するだけの収入すら得られない人がいる。

美食やグルメや外食産業の発達で、膨大な量の食料が廃棄される一方で、
餓死する人がいる。

なんか、間違ってるよなー、と思うワタシは病んでるんでしょうか?

株や投資やマネーゲーム、したい人はすればいい。稼ぎたい人は稼げばいい。
でも、その前に、すべての人に最低限の人間らしい生活を保障する方法を
考えてみませんか。

金持ちだから勝ち組とか、貧乏だから負け組っていうんじゃなくて、
「お金はないけど、人間らしい生き方ができて幸せ」っていう選択肢が
あってもいいと思うんですよね。

その結果、ワタシ、ひきこもりになったんですけどね。

いずれ、食べるものがなくなって、ライフラインも閉ざされたら、
自分で姥捨て山に登るかもしれませんけど。

でも、後悔はしないと思うんです。

利益を出すことだけに全神経を集中させ、お金に執着し、お金=自分の価値だと
信じて、お金がないと不安になるような、強迫神経症的経営者の下で働いていた
頃よりは、今、心穏やかな毎日を送れていますから。

お金さえあれば、幸せになれると思っている人、いますね?
騙されていませんか?それ、幻想かもしれませんよ。

ワタシ、ひきこもりですけどね。きっと、このまま、ひきこもり生活を
続けられる限り、続けるんだと思うんですけどね。

負け犬と呼ばれようが、逃げてるだけだと後ろ指をさされようが、
社会のお荷物と邪険にされようが、仕方ないです。
だって、幸せなんですから。


幸せな、ひきこもりライフ、万歳。








スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回もとても良い内容ですね。

私も常々、
「危険な商品を作ったり、強引な営業をしたり、
 私のしている仕事もそうですが、
 世の中、無くてもいい仕事がたくさんあります。
 そんな仕事をやめて、
 みんなで楽しく農作物を作ったり、魚を釣ったりしたら
 どんなに楽しくて豊かな世界になるだろう・・・。」
と考えております。


No title

初めまして。
今回の玉蔵さんの集金には私もちょっと寒さを感じた一人です。
物々交換システムを作る前提の資金集めも結構ですけど、
システム化するならその前に実働できる数人のコミュニティーを組むのが先ではないだろか、
と思うのですがね。
改めてお金って何だ?と皆が素で考えるところまできてて欲しいです。

No title

今日の記事を読んですぐに、
長島龍人さんの「お金のいらない国」というのを思い出しました。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~nagaryu/

お金教の信者がほんとに多くなってしまいましたね。
お金で買えないものばかりで、この世界は
できているというのに。(大自然や生命、精神の安定など。)

私はお金とモノ(食べモノや道具など)は同じようだなと思います。
必要なところに流れればいいのだけど、どこかに溜まってしまったり、悪循環したりして。
やり方次第ではうまく循環させることができるのかもしれませんね。エネルギーとして。

No title

>いずれ、食べるものがなくなって、ライフラインも閉ざされたら、
 自分で姥捨て山に登るかもしれませんけど。
 でも、後悔はしないと思うんです。



私も無収入で、その考えがよくわかります。
私の場合、姥捨て山ではなくて、放浪ですけどね。
どこかで労働力を求めているところが見つかれば、そこで暮らすつもり。
少食ですから置いてくれるでしょう。
自分に合わなければ、放浪を繰り返すだけです。

いいところが見つからなければ、・・・まぁ、いいか。みたいな感じです。(笑)

No title

記事の内容に感動しました
とっても素敵な内容でした
世の中にこんな価値観の人も存在するんだと知って
希望が持てました。ありがとうございます。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる