fc2ブログ

「春だから」うきうき、わくわく、新しいコトでも始めてみようかと、
無理して明るい話題を探すのもアリっちゃーアリ。

「春なのに」相変わらず不安要素満載で、一寸先は真っ暗闇。
もーどーにでもなれ、と開き直るのもアリっちゃーアリ。

別にどっちでもいーんだけどさ。
何となくどっちも不自然なような気がして、
「春」・・・だから何?って思ってみたり。

でも、ひきこもってようと、ひねくれてようと、
「春」はやってくる。

外に滅多に出ないワタシに春の訪れを感じさせるのは、
例によってスプラウト。

冬の間は何をどう頑張っても大きく育たない緑豆が、
この時期になるとちょっとずつ根を伸ばし始める。

室内温度は大して変わらないのに、
「春」を感知するセンサーでも付いているんだろうか?

他の種は冬の間も多少発芽が遅れるくらいで、いつも通りに育つんだから、
緑豆だけ何か特別なのかもしれない

スプラウト栽培は相変わらずわからないことだらけ。

それでも、それなりに世話してれば、それなりに食べられるモノに
育ってくれるから、やっぱりスプラウトは便利。

ピコっと芽を出しただけの緑豆も悪くないけれど、
やっぱりもう少し「もやし」っぽい方が食べ応えがあるし、
皮も剥きやすいから有難い。

冬の間10日サイクルの貝割れも、もう少しすると9日サイクルになり、
夏前には8日サイクルになる。

外に出ないワタシは、別に衣替えする必要ないし、
春らしいファッションに身を包むお嬢さんたちを見かける機会もないし、
テレビや雑誌の「春」特集を目にするコトもないし、
お花見なんか行かないから、桜前線すら興味ない。

年中代わり映えしない「ひきこもり生活」を送るワタシに、
季節の移ろいを思い出させてくれるのがスプラウト。

単なる食料、栄養源としてだけではなく、
自然とのつながりを感じさせてくれるところに
なんとなく癒されてるのかもしれない。

だから、面倒くさくても続いているんだろう。

春も夏も秋も冬も。
どの季節もそれぞれ嫌いじゃないけれど、
暖かくなるのは、やっぱり嬉しい。

ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる