fc2ブログ

スプラウトとコンポスト

暖かくなってきたら、猫の額ほどのベランダで、なんちゃって「土いじり」に勤しむワタシ。
なるべく外に出たくない「ひきこもり」だけど、いいの。
ベランダは、外だけど外じゃないから。

ベランダ菜園と言っても、いわゆる野菜は二十日大根だけで、
あとはバジルやパセリなんかのハーブ系を育ててるだけなんだけどさ。
だって狭いんだもん!

段ボールコンポストで分解されて美味しそうな堆肥になった生ゴミ。
ベランダ菜園の鉄則「土は繰り返し使わない」というルールは一切無視して、
新しい土、古い土と混ぜて、プランター栽培に再利用してます。
(基本的にオススメしません。マネする場合は自己責任でどうぞ。)

このコンポスト堆肥、毎年予測不可能な出来事が起こるんですよね。

去年はちゃんと分解されていかなかったカボチャの種があちこちから芽を出したし、
今年は、極小種のわしゃわしゃ系スプラウトがびっしり発芽。

「種」というのは分解されにくいらしく、土と混ぜた後に芽を出すことがあるみたいなんです。

バジルの種を撒いたのに、なんでクローバー?とか不思議がっている場合ではなく、
室内栽培している時は、愛しくて美味しいスプラウト君も、プランターに生えてきたら、
もはや雑草。さっさと撤去しなくてはならない。

室内栽培の時にはすくすく育って欲しい、でも、コンポストに混ぜた後は発芽しないで。
って、我ながら勝手なこと言ってるなと思うけれど、
それでなくても狭いベランダの、数に限りがあるプランターが雑草だらけになるのは困る。

スプラウトを洗った後の種皮や発芽しなかった種がいっぱい浮いている水を茶漉しでこして、
中身を生ゴミとしてコンポストに混ぜているヒトは要注意です。

それにしても、一ヶ月近く乳酸菌に浸かり、バーミックスの波に揉まれ、
光の当たらない地中ですら発芽するスプラウトって一体ナニモノ!?

あと1年か2年、段ボールコンポストの中に入れておけば、種も分解されるんだろうか?
それとも休眠するだけで、プランターに移せば発芽するんだろうか?

っていうか、去年発芽した「雑草」はカボチャだけだったから、
スプラウトの種は分解できていたのか?
今年、異様に元気よく芽を出したのは、ひょっとして乳酸菌に浸かっていたから?
発酵せずに、生命力UPさせちゃったとか?

乳酸菌を活用した農業の話は聞いたことあるけれど、
種を乳酸菌に漬けたら、活性化したりするってこと?
今度ナッツや豆を浸水する時に、ちょっと乳酸菌を加えてみようかな。

うーん。不思議だ。

ウチのベランダ菜園は、雑草と化したスプラウトを取り除いて、
土を変えて再挑戦することにしましょう。

土地も畑も庭も持ってないけれど、
スプラウト×コンポストの実験はまだまだ続く・・・。

ひきこもり、万歳。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる