fc2ブログ

緑豆もやし(グリーンマッペ)の育て方


冬の間はどんなに室内を暖かくしていても
大きくならない緑豆もやしが育ち始めました。
つまり、「春」です。

ほぼ一日中暖房を付けている真冬よりも、
暖房を入れない春先の方が室内温度は低いこともあるのに、
一切関係ないらしい。

緑豆の一体どこに「春」を探知するセンサーがついているんだろう
と毎年不思議に思います。

さてさて、何度か書いてきた緑豆のもやし。
グリーンマッペとかムング豆という名前で
呼ばれていることもあります。

スプラウト入門編としてはピッタリだと思うので、
育て方を復習しましょう。

ワタシが育てている一回分はティースプーン3杯分。
(1)ハチミツ1キロが入っていたガラス瓶に水を入れて一晩漬ける。
(2)翌朝水を捨てて、さっと洗って、水を切って瓶に戻す。
(3)夕方水でさっと洗って、水を切って瓶に戻す。
(4)好みの大きさに育つまで数日間、朝と夕方
「さっと洗って、水を切って瓶に戻す」を繰り返す。

簡単でしょ?

海外のスプラウトのサイトを見ていると、
割と早いうち(全長1~2センチくらい)で
緑の皮ごと食べている人が多いようです。

ワタシはもう少し育てます(全長5~10センチくらい)。
緑の皮は食べません。自然に取れていない分は
一つ一つむきます。
食感が、というよりは、消化に悪そうな気がして・・・。

ちなみに、緑豆もやしを育てている人の中には、
皮と根を両方取り除いている人もいるようです。

ワタシはそこまではしません。
根っこがあると確かに食感はよくないかもしれないけれど、
食べられないわけじゃないし。
季節によっては、根っこを取るとほとんど残らなかったり
するんですよね。

皮は取り除くけど、根っこはそのまま、というのが
ワタシのスタイルです。

ご参考までに。

ひきこもり、万歳。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる