スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「働き人」は言い訳三昧

身も心も、どっぷりまったり
「ひきこもり」生活に浸りきっていたワタシですが、
諸事情で数ヶ月の間「働き人」に戻っていました。

ブログの更新もせず、休みの日は基本的に
ひたすらマンガ&ゲーム三昧で、
それはそれは怠惰な日々を送っておりました。

「ひきこもり」だった頃の方が
よっぽど規則正しい生活送っていたんだけど、
これって世間のイメージとは逆なのよね。

で、考えてみたんだけど、「働き人」には
水戸黄門の印籠みたいな大義名分があるんですよ。

「だって働いてるんだから」ってヤツ。

「平日必死で働いてるんだから、
休みの日ぐらいぐだぐだしてもいいじゃん」
とか、
「頑張って働いてるんだから、好きなことに
お金使ったっていいじゃん」
とか、
「働いて疲れてるんだから、家のことまで
手が回らなくて当然じゃん」
とか。

「イロイロ我慢しながら一生懸命、働いているのに、
プライベートの時間まで努力しないといけない理由が
わからない」って言われると、「ああ、そうかな」って
納得しそうになるけど、やっぱり何か違うと思う。

労働って、自分の人生を犠牲にしてまですることなの?

働いてさえいれば、
それ以外のことが全部ダメダメでも許されるの?

「ひきこもり」ってさ、「働き人」みたいに
お金を稼いでくるわけじゃないんだけど、
それ以外のことは結構きちんとやってたりするんだよね。

だって「働いてるんだから」って言い訳できないから。

より自分を自分で律することができるのは、
言い訳三昧の「働き人」より
すべて自己責任の「ひきこもり」
なのかもしれない。

ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

同意します。
労働=お金をかせぐということに世間ではなっていますが
生活そのものが労働ですよね。
ただ質の良い生活とそうでない生活があるだけだと思います。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。