fc2ブログ

「真実S」ひきこもりが学校で教わりたかったこと。

「真実S」のSは英語で言う、複数のSですね。

「真実はいつも一つ!」
なーんて毎回言い切ってる名探偵もいるようですけど、
アレはアレ。所詮アニメですから。
アレを見て、真実は一つなんだって子どもたちが本気で思い込んでしまったら、
その後、生きていくの大変でしょうね。

だって、真実は決して一つではないから。

ワタシにとっての真実と、アナタにとっての真実は違う。
権力者側にとっての真実と、被支配者側の真実は異なる。
金持ちが考える真実と、貧乏人が思っている真実にはものすごく隔たりがある。

それが、事実でしょう?

真実Sは複数なんですよ。

ワタシ自身、学校で教えてもらった記憶はないんですけど、
社会に出れば目の当たりにしますよね?
誰でも簡単に気づくことですよね?

教育、という分野に、我々は膨大な時間とお金を費やしてます。
幼稚園から大学まで、としたら18年間です。
公共教育には税金もそれなりに使われてますね。

でも、学校で習ったことって、
本当に今の生活に生かされているのでしょうか?
読み書き計算の基礎的な部分はともかく、数学や古典や、
受験の時にとりあえず暗記した世界史の記号たちが、
何か役になってますか?

ワタシ、ほとんど覚えてませんね。
それで、別に何も困ってませんね。

どうせ、教えるのなら、
社会に蔓延する、ありとあらゆる欺瞞と矛盾。
それらとの距離のとり方や、正しい目のつぶり方を
教える方が、実用的かと思うんですけど?

「嘘、偽りがまかり通り、正直者が馬鹿を見る」

社会とは、そんなもんだって知っていれば、
あとでショック受けることも減るだろうし、
ウツになったり、自殺したりする人、減るかもしれませんよ。

ひきこもり、が減るかどうかはわかりませんけどね。
だって、ひきこもり生活、とっても快適なので。

ひきこもり、万歳!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる