fc2ブログ

ひきこもりが理想になる日?

閑古鳥が鳴いているはずの、当ひきこもりブログが
最近なんか騒がしい?と思ってたら、
どうやら別のブログで紹介してもらったらしい。

ひきこもり擁護論なんて、叩かれるに決まってるでしょうに、
物好きな人もいるもんだ、と他人事のように傍観していたら、
思ったよりも、ひきこもりに寛容な人がいるようで、
このブログにも応援メッセージのようなものを頂いてしまいました。

バッシングの対象であるはずの、ひきこもり的生き方に
共感を持ってしまう人が増えているということは、
それだけ社会が病んでいるということなんでしょう。
本当にギリギリの生活を強いられている人が多いということなのだと思います。

女子高生が選ぶ憧れの職業に「キャバ嬢」が入るような今日この頃。
もう、何が起きてもおかしくない、そう思いませんか?

なんか、アチコチで、ひきこもり的生き方を推奨しているような、
そんな有り得ない錯覚を起こすことも度々あるし。

いろんなコトを、いろんな視点から検討していくと、
最終的に何とか実現可能な、妥協案を探っていくと、
ひきこもり的生き方にたどり着く、そんな感じ。

積極的に誰もが望んで選ぶ策ではないかもしれない。
でも、どーしても受け入れられないことを避けていくと、
ひきこもり的生き方しか、残らない、そんな感じ。

ひきこもりに対する理解者が増えるのは、
ワタシ個人としては有難いけれど、
社会全体としてはどうなんだろう?

ひきこもりこそが理想の生き方だ、なんて思われるようになったり、
諸事情が許せば、今すぐにでも、ひきこもりになりたい人が、
大勢いるかもしれないなんて。

異常でしょう?歪んでるでしょう?

ひきこもり当事者のワタシが言う事じゃないかもしれないけれど、
子供たちが描く将来の夢は「ひきこもりになること」
そんな社会は絶対におかしい。

社会的認知度が高まることを素直に喜べなくてゴメンなさい。
天邪鬼なひきこもり、万歳!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

高校生の選ぶ理想の職業にキャバ嬢なんて狂ってる。



No title

おい!ひきこもり!! 今日も元気にひきこもっているな。
なんだか嬉しいぞ。
どーしても受け入れられないことはうけいれるにょ。
うっ!何か打ち間違えたら、へんなものになってしまった。 まあいい。
元気であればいいんだよ!

No title

>異常でしょう?歪んでるでしょう?

それだけ社会が病んでいるということですね。

「普通がいいという“病”」も蔓延しているような気がします。

あなたのような方を「病んでいるとする」社会ならば、
裏返せばまるっきり社会が「病んでいる」と考えることは難しくありません。

夢や希望に溢れる社会を作っていきたいものですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

いつもKIKI様の記事で
癒されております。

こんな話し見つけました。
よろしければ、参考に・・・
http://homepage2.nifty.com/motoyama/index.htm

No title

ひきこもりの利点をちょっと書いてみましょうか。

これから世界は修羅対修羅、餓鬼対餓鬼の様相を呈してきます。
奪い合いと蹴落としあいです。 でも貧民はあまり関係ありません。
これは、上に立つもの同士の戦いです。心のレベルが修羅餓鬼レベルにも関わらず
そんな人間が上に立てるという現在の経済システムに一つの原因があります。
これは完全な“潰し合い”になります。 戦うものはお互いに、「蹴落とし方」の高度な技術を
持っています。 「奪い方」の高度な技術を持っています。 そして、それに従う人間も
「民意」を自分の所に引き付けようと、更に高度な情報戦を世の中に仕掛けてきます。
我々のような貧民は、実はどちらが勝とうとメリットはほとんどありません。
ただ、勝ったものは負けたものより更に“邪悪”であるということを覚えておかなくてはなりません。
この「邪悪さ世界一決定戦」は大将が決まるまで続けられます。
そしてそれが決まったら、民主主義国家最大の武器である「民意」で潰さねばなりません。
貧民が痛みを被るのはこの時だけです。 少しの時間で済むでしょう。
その時が来るまで、ひきこもりだろうがフリーターだろうが、取りあえず元気に生きていれば大丈夫です。
戦っている者や奪い合っているものどもに波長を合わせていては生きた心地はしません。
寿命も確実に縮めます。 「民意」は怒りを溜めず、しかるべき時に「うりゃ!」とひっくり返すだけですので
のほほんと人生を楽しんでおくことが先決でしょうね。

私はちょっと霊性を受ける体質ですので、ここで一つ言っておきましょう。

“ひきこもりが 世間にひょこっと顔を出すときが 岩戸が開けるときである!!”
 
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる