fc2ブログ

マスゴミのネガキャンは、もう要らない。

マスゴミの与える「ひきこもり」のイメージって
あまりにも病んでる面ばっかり強調してて、
ものすごく違和感がある。

別にワタシは、ひきこもりの代表でも何でもないけど。
苦しんでるひきこもりって、本当に多いの?
助けを求めてるひきこもりって、沢山いるの?
ひきこもりは、本当にみんな社会に復帰したいと思ってるの?

ひきこもり生活満喫中、ハッピーなひきこもりである、ワタシが例外なんですか?
それとも、多くの人が、マスゴミのネガキャンに騙されてるだけですか?

例えば、精神科で処方される薬が必要だったり、カウンセリングが必要な人を
「病んでる」と仮定したら、「病んでる」ひきこもりは、確かに存在すると思います。

「病んでる」サラリーマンや、「病んでる」親や、「病んでる」子どもや、
「病んでる」教師や、「病んでる」政治家が存在するのと同じように。

でもそれって、一部の人ですよね?

お役所の定義も統計も疑問だらけだけど、100万人とも言われる、
ひきこもりの、全員が全員、助けを求める病んだ問題児じゃないはず。

別に調査した訳でも、正式な統計に基づいている訳でもないですが、
子どもがひきこもりになった家庭で、実際に病んでるのは親だったってケースとか、
若手社員がどんどんウツで休職する部署で、本当に病んでるのは上司だったとか。
いくらでもありそうな話でしょう?

もう大分バレバレですけど、
マスゴミは、自分たちに都合が悪いことは、絶対に報道しませんね?

蛭頭事件だけじゃなく、日航123や911、その他いろいろ、真相は闇の中。
事故や自殺で公式に処理された案件が実は殺人だった、なんて、もはや日常茶飯事でしょう?

ネットユーザーに限って言えば、テレビや新聞の「報道」が真実だと信じてる人、
ほとんどいないと思いますけど。

マスゴミが悪者扱いする場合、大概ウラがある。
何もやましい事がないなら、バッシングする必要もないわけで。

残念ながら、今後、ひきこもりは、ますます反社会的な厄介者として、
叩かれそうな気がします。

世の中の喧騒から距離を置いて、少食・菜食生活を送っていると、
別に修行してるわけじゃないけど、見えてくるモノがあったりするし。

本人にその気がなくても、「目覚め」ちゃったり。
ひきこもりって、多分、フツーの人より洗脳されにくいんじゃないかな。
結構、疑心暗鬼だし。

それに、穏やかで幸せなひきこもりライフの実態が多くの人にバレて、
みんなが、ひきこもりになりたいと考え出したら、大変なことですよね?

安い賃金で命を懸けて、限界まで働いてくれる奴隷がいなくなったら困る人、
多いでしょうから。

マスゴミのネガキャンは、もう要らない。

どうぞ勝手にバッシングしてください。
痛くも痒くもないですし、屁とも思ってませんから。

幸せなひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる