fc2ブログ

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法。その2 年金暮らしの高齢者に寄生する

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、論外とします。が、今後提案予定の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、っていう方法も出てくるかもしれません。その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

*************************************

「親に寄生する」の次に手っ取り早いのは、年金暮らしの祖父母に寄生することでしょう。

基本は肉親頼みということでしょうか?
やはり、血は水よりも濃し?
うーん、だんだん薄まってる気もしますが・・・。

ぶっちゃけ、本当の祖父母でなくてもいい、と思ってるんです。
年金暮らしの高齢者と、社会に馴染めないひきこもりの組み合わせ。
悪くないんじゃないですか?

老人の年金にたかる若者って、そんなに非難されるべきですか?
住み込みのヘルパーさんを雇ったようなもんだと思ってはどうですか?

年金は受け取っているけれど、老人ホームに入るほどの余裕はない、とか。
要介護ではないけど、一人暮らしの日常生活は不便、とか。

たくさんいるでしょう?
日本は、超高齢者社会ですよ?
今後、高齢者が、もっともっと増えるんですよ?

田舎の家で最期を迎えたい老人と、農業に興味があったり、
自給自足願望あったりするひきこもりの組み合わせ。
WIN-WINだと思うんだけどなあ。

核家族が増えて、孤独死や病院死の老人が増えた訳ですが、
もともと日本では、老人の面倒は家で身内が看ていたんですよね?

高齢者とひきこもりの同居生活。
知恵や技術の伝承という点においても、メリットがあるのではないでしょうか。

必死で介護士の資格を取って、不規則な勤務時間、最低賃金で、
雑務に追われながら、慌しく不特定多数の高齢者のお世話をするよりも、
一緒に住んでいる、一人の老人のお世話をする方が、
お互い気がラクだと思うんですけど。

根本的に、福祉や介護がビジネスになってる時点で、
ワタシ的にはNGなんです。

だから、それよりは、一人暮らしの高齢者とひきこもりの、
人間同士のつながりに期待したい、そう願うのは、理想主義者すぎ、ですか?

もちろん、年金の不正受給とか、高齢者虐待とか、
いろんな危険性もあるでしょう。

でも、そんなの今すでに存在してる問題だし、
高齢者とひきこもりの同居を推奨したところで、
今以上に社会が生き辛くなることはない気がします。

まあ、年金暮らしの高齢者と組織では働けないひきこもりがタッグを組めば、
両者の生活の質は上がるでしょうが、政府としては経済発展につながる
わけではないので、お金にならない事業ということで、
あっさり斬り捨てられるでしょう。

だから、実現性は低いかも。
やっぱり、夢物語、ということですか。

今回のまとめ。
ひきこもりになる方法 その2 年金暮らしの高齢者に寄生する

長所・・・誰かの役に立つという経験ができる
短所・・・相性・条件の合う相手を見つけることが困難
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる