fc2ブログ

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法。その3 配偶者もしくは同棲相手に寄生する

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、論外とします。が、今後提案予定の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、っていう方法も出てくるかもしれません。その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

**********************************************

配偶者もしくは同棲相手に寄生する。

ひきこもりに理解のある妻・夫もしくは恋人に養ってもらうってことですね。
つまりは、専業主婦・主夫ってことですけど。

専業主婦・主夫って微妙ですよね?
ライフスタイルとしては限りなく「ひきこもり」に近い人、結構多いでしょう?
ただ、「ひきこもり」という自覚のある人は、あまりいないかもしれない。

でも、まあ、稼ぐ人と家を守る人の両者に合意があれば、それでいいんじゃないですか?

主婦バッシングなんてものもあるけど、あれ、ワタシは嫌いです。

不況になったからって、主婦がお気楽に見えるからって、
日本の経済成長に主婦がどれだけ貢献してきたか、わかってないの?
24時間会社奴隷のオトコを誰が支えてきたと思ってるの?

仕事に没頭して、帰宅したら、食事が用意してあって、
洗濯や掃除などの家事、面倒な子育てには手間を取られない生活って、
働き人にとっては、本当にラクだし、ある意味、理に適った分業だと思う。

全部を完璧にこなそうなんて、本当に超人でもなきゃ無理。

仕事も家庭もって、そんなに欲張らなくってもいいじゃない?
どっちかでも十分だよ。

主婦バッシングしてる愚か者たちよ。
君たちは一体どこから来たんだい?
君たちを一生懸命育ててくれたのは誰だい?

今の社会において、主婦という地位が、特権的なものになり、
主婦以下の生活しかできない人が増えているのは知ってるけど。

でも、それって主婦のせいでも、社会進出を望んだオンナのせいでもないでしょ?
だいたい、過去に、なりたくて主婦になったわけじゃないオンナが、どれだけいると思ってんだ?

羨ましいからって、バッシングするのはやめようよ。

母性本能に溢れ、誰かの妬みやストレス解消のために、バッシングの矢面に立つことも厭わない、
マリアのような主婦もいるかもしれない。

主婦を叩くことで、誰かの気が晴れるなら、よろこんで叩かれますっていう
女神のような主婦もいるかもしれない。

でもね、だからってそれに甘えていいの?
あんまりにも、こどもっぽすぎない?
みっともないと思わないのかな?

主婦バッシング。ワタシは、嫌いです。

養ってくれる相手がいるなら、扶養家族になって何が悪い?
主婦・主夫だって、立派に社会貢献してる、とワタシは思う。

そして、最近の専業主婦願望の拡大って、
ひきこもり願望が高まってるだけじゃないかと勘ぐったりもしてる。

今、農業がブームだったり、田舎暮らし願望が高まってたり、半農半Xなんてものが流行ったり、
自給自足を目指そう、なんて運動が盛り上がってたり。

誤解を恐れず、正直に言おう。
みんな「ひきこもり」になりたいでしょう?

ある程度のお金と、住む所が確保できるなら、今すぐ隠居したいって思ってるでしょう?

そう思っても当然なのではないでしょうか。

病んでますから。今の社会。
狂ってますから、今の日本。

今はまだ、ひきこもりって、ネガティブなイメージの方が強いけど、
そのうち、ひきこもりという生き方が、一番、ラクで健康的で、幸せで、人間らしい生き方だって、
多くの人が気づく時が来る、と思う。

資本主義やグローバリズム、ネオ自由主義が崩壊する時、かな?
「その時」は。

労働者としてお金を稼いでいなければ、生きている価値がないという社会は了見が狭すぎる。

ひきこもりで何が悪い?
専業主婦・主夫で何が悪い?

金持ちがより金持ちになるために、企業に尽くす奴隷じゃなくてゴメンなさい。
政治家が浪費する税金を納めるために、身を削って働かなくてゴメンなさい。
ワタシ、健康で、幸せな「ひきこもり」でゴメンなさい。

ただ、注意しなきゃいけないのは、養ってくれる人を見つけて寄生することがゴールじゃないってこと。

「誰に喰わせてもらってると思ってるだ!」とか、
「自分ばっかり苦労して働いて、お前は家でのんびりしやがって!」とか、
言われるのはウザいですからね。

双方の間で、分業の合意が絶対に必要だし、
限られた収入で豊かに生活するという節約術やサバイバル術を身に付けることも大切。

さらに欲張るなら、「外でお金を稼いでくる役」と「家を守りながら生活の質を高める役」を
交互にできる条件と環境が整えられたらベストでしょうね。

半年毎でも1年でも3年でも5年でも。
「今は働けてるけど、疲れてどうしようもなくなったら、交代してね」って、
「今は、ひきこもって充電してるけど、次はワタシがお金を稼ぐ番ね」って、
言える関係。

悪くないと思うんだけどなあ。



今回のまとめ。
ひきこもりになる方法 その3 配偶者もしくは同棲相手に寄生する

長所・・・愛する人に尽くすという素晴らしい建前が得られる
短所・・・現状で、ひきこもりに理解があって、しかも、ひきこもりを養う甲斐性がある
     相手を見つける事は、非常に非常に、ひっじょーに困難
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ワタクシ立派な専業主婦引きこもりですww
(子供ができるまでは働いていたけど・・)
だって、仕事と家事両方なん私には無理なのですもん・・
人が怖いし。

外に出て稼いでも、それに付随して出費も増えるわけで・・
そんなら家に居て、出費を抑えるほうが、私の体にも心にも良いのです。

テレビなんかで女性も働けば、経済は潤うとか言われたら、肩身狭いけど。
でも仕事の需要そんなにいっぱいあるのかしら?男の人でも、新卒者でもお仕事無いって言っているのにね・・
変な世の中ですね・・

大賛同

>今はまだ、ひきこもりって、ネガティブなイメージの方が強いけど、
>そのうち、ひきこもりという生き方が、一番、ラクで健康的で、幸せで、人間らしい生き方だって、
>多くの人が気づく時が来る、と思う。

あまりに多くの人がそう気づくと、もう引きこもらないで済む社会になりそうですがね(^-^;)
私は完全に引きこもりではありませんが、ほんの小遣い程度を稼ぐ、自分の好きな仕事をさせてもらって、実質は会社員の旦那に食わせてもらってます。
旦那は家事も手早く上手いので、私は自分のことを「ヒモ」と言ってはばかりません。(苦笑)
だって、お互いに納得してるから幸せに生活してるのですから。

気の合う人同士が共同生活すれば、引きこもり・障害者・老人、他の大丈夫な誰かが経済を担えばイイだけの話ですよね。こんな単純でステキな助け合いのライフワーク、考えない人の気が知れないくらいです。
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる