fc2ブログ

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法。その4 ある程度お金を貯めて、貯金切り崩し型ひきこもりになる

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、論外とします。が、今後提案予定の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、っていう方法も出てくるかもしれません。その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

**************************************************

「ひきこもりになりたい」そう思った時に、一番気になるのがお金の問題ではないでしょうか。

ぶっちゃけ、いくらあれば、ひきこもりになれると思いますか?

自分が、ひと月生活するのに、いくら必要か、計算したことありますか?

多ければ多いに越したことないだろう、なんて、新自由主義者的な答えは、ご遠慮します。

とりあえず一億くらいあれば、死ぬまで遊んで暮らせるかな、なんて、
「お金さえもらえれば、何でもしますぜ、げへへへへ」的な答えも、無視させていただきます。

必要最低限、人間らしく生活するのに必要な金額ってことです。

例えば、海外に留学したいという人向けのガイドブックなんかで、最低でも、航空券を除いて、
1年間100万円は必要だと書かれているのを見たことがあります。

これは、一つの指標になるでしょう。
だいたい、ワタシ、海外留学なんて、ひきこもりの亜種だろうと思ってますから。
「外こもり」とか呼んでる人もいるようですし。

とりあえず、ここでは海外か国内かという点は置いておいて、ひと月約8万円あれば、
貯金切り崩し型ひきこもりになれる、ということに注目してみましょう。

あとは、どのくらいの期間、ひきこもり生活を送りたいか、という年数を掛け算すれば必要な貯金額を
割り出すことができますね。

とりあえず、ひきこもって、自分の人生を見直して、また出直そうと思っているなら、
まあ、3年くらいが妥当かと思います。

「三年寝太郎」という話もあるし、「石の上にも三年」とも言いますし。
「若者はなぜ、3年で辞めるのか」という不思議な本もありましたね?
(なんであんなマーケティング的デンツー本が売れたのか不思議って意味ですけど。)
とにかく、3年なんです。

つまり、1年間100万円として、3年で300万です。
ポンッと払える額ではありませんが、絶対に貯められない額でもないところが微妙でしょ?

500万あれば、1000万あれば、ってハードルを上げることは簡単ですが、正直、お金の問題って
避けては通れないけど、一番大事な問題ってわけでもないと思うんですよね。

いざという時の為に、貯金しなきゃ、って言う人多いですけど、「いざ」っていつですか?
その「いざ」が来る前にジコやビョーキで死んじゃったら、折角貯めたお金、無駄じゃないですか?

三年なんて、短すぎる、十年分くらい、いや、平均寿命から現在の年齢を引いた分の年数を
蓄えなければ不安だ、なんて、どうか思わないでくださいね。

平均寿命まで生きることに何の意味があるんですか?
長く生きれば生きる程、幸せってわけじゃないでしょう?
濃く短く、太く短い人生でもいいじゃないですか?

ひきこもりになる時に、嫌でも自分がどんな人生を送りたいか考えざるを得ないのは、
「終り」が見えるからだと思います。

今、いくら貯金があるのか、月にいくら必要なのかって、計算したら、勝手に自分のひきこもり人生の
終りが見えちゃうんですよ。

で、「じゃあ、その最後の日まで、一日一日を大切に生きましょう」と悟りを啓く気分を味わっちゃう
わけです。

その後、貯金切り崩し型ひきこもり人生を終えて、どうするかは、人それぞれだと思いますけどね。

再び奴隷人生に戻るのもありだろうし、別の方法でひきこもり人生を継続してもいいだろうし、
そのまま姥捨て山に登るという選択肢を選んでもいいんじゃないですか?

でも、別にデータに基づいている訳ではなく、単なる直感ですが、多分、ほとんどのひきこもりは、
多かれ少なかれ、誰かに寄生している気がします。

なぜか?

単純なことです。

寄生すれば、必要な貯金額が少なくて済む、もしくは、ひきこもれる期間が長くなる、からです。

もし、家賃を支払う必要がなければ、ひと月4万でも十分でしょう。
ということは、150万円あれば、3年ひきこもれる、もしくは、300万で6年間ひきこもれるってことです。

もし、家賃も食費も光熱費も払わなくて済むなら、ひと月2万円でも生きていけるでしょう。
ということは、72万円あれば、3年ひきこもれる、もしくは、300万円で12年間ひきこもれるってことです。

この違いは大きいですよ?

まあ、1年100万という数字も、とりあえず3年という数字も、ワタシが勝手に引っ張ってきただけなので、
なんの根拠も説得力もありゃしないので、テキトーに聞き流してください。

貯金切り崩し型ひきこもりになるなら、少なくとも算数の計算が出来た方が便利らしい、ということだけ
知っておいていただければ十分かと思います。

今回のまとめ。
ひきこもりになる方法 その4 ある程度お金を貯めて、貯金切り崩し型ひきこもりになる

長所・・・ちょっとは蓄えがあり、ビンボー生活が平気で、ひきこもり生活を送りたい期間が短ければ、
     割と簡単に実行できる。
短所・・・誰かに寄生するなど、他の方法と併用でなければ、寿命が短くなるかもしれない。
     っていうか、そもそも、今「ある程度のお金を貯めること」って可能なのだろうか?




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

良いですね?w

私も、現在自立したひきこもりを体現しようと孤軍奮闘中です。
先々月まで小さいながらも会社を経営していたのですが、この不景気下、なかなか業績が回復せず結果辞める事に致しました(汗)

…で、残預金の200万程で月2万のワンルーム(礼金・敷金ゼロ、保険・2年契約縛り有り、ユニットバス、キッチン、冷蔵庫、ベッド、オートロック、光ファイバー導入済み物件)を貸り、FX、保険のアウトバンド営業(フルコミ制)並びにちょっとした商材の通販にて生計をたてております。

ヘタなバイトや派遣社員をするよりは稼げますし、私自身の趣味がインドア系(読書、映画鑑賞、ネットサーフィン、ゲーム等々)と言う事も相まって、かなり「お気楽ライフ」を満喫しております。

後、ひきこもりと言えど、私の場合あくまで自由意思による「ひきこもり」ですので、自転車散策にも出ますし、スーパーなどでも買い物を致します。

当然、節約も兼ねた自炊は趣味と言えますし、ひきこもりにありがちな運動不足は自転車での散策(1日20km程、ミニベロを使った輪行ですので、途中雨が降っても市バスや鉄道を使い何食わぬ顔で手荷物にして直ぐに帰宅出来ますw)でばっちり解決です!(笑)

週に一回は狭いユニットバスを離れて散策がてらに色々な銭湯を発見しては「リラクゼーションスパライフ」も楽しんでおります。

後、湯上りのプチ贅沢に「フルーツ牛乳」や「コーヒー牛乳」それに自炊を離れた「B級グルメ」なども精神衛生上かかせません(笑)

話がそれましたが、これからも楽しみにしておりますので、情報交換などをよろしくお願いします。
それと、最後になりましたがホビージャパン刊の「ビバひきこもり」と言う書籍が、私の座右?wにあり随分と勇気づけられましたので、「前向きなひきこもりライフ」を検討中の方々にはオススメします。
ではでは、季節の変わり目お身体を壊さぬよう頑張って下さいね。!(b^ー°)

No title

>ちなすき~さん

コメント有難うございます。こちらこそ、よろしくお願いします。

快適な、お気楽ひきこもりライフを満喫中とのこと、素晴らしいです。

「ビバ!ひきこもり」という書籍も、紹介していただき嬉しいです。
インタビューを寄せている面々が、ちょっと胡散臭いのと、「働いたら負けかなと思っている」
という副題が微妙ですが、機会があれば読んでみますね。

ワタシは働きたくない訳ではなく、資本主義や消費社会からできるだけ距離を置きたいだけの、
へたれな、ひきこもりで、勝ち組や負け組という分類や生存競争なんかも要らないと思ってます。
ワタシが知りたいのは、戦い方ではなく、戦わずに済む方法であり、
新自由主義者たちが画策する混乱に、できるだけ巻き込まれずに済む方法なのです。

まあ、今の所、平凡な日常に感謝して、日々を丁寧に生きることくらいしかできてないんですけどね。
それでも、何も意識しないよりはマシかな、と。

お互い、お気楽ひきこもり生活をエンジョイしましょう!
プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる