fc2ブログ

ひきこもりの愛は、安上がり?

11月です。もうすぐ2010年も終わります。
毎年、この時期になると思い出す人がいます。

この時期になると、必ず彼氏を作ろうとする、あるオンナのことです。
今頃から目星をつけたオトコを、クリスマスまでに落とす。
ワタシが彼女と知り合いだった4年間、毎年そうでした。

「だって、クリスマスに初詣、バレンタイン&ホワイトデーに花見。
このイベントシーズンに独り身じゃ、寂しいじゃない?」
というのが彼女の弁。

例年サクラが散ると共に、彼女の打算だらけの恋も散るのですが。

そんな彼女のオトコ選びの基準は単純明快。
「いかにお金を持っているか」
その一点に尽きます。

イベントってお金がかかりますからね。
高級レストランでの食事。
ブランド物のプレゼント。
一流ホテルでの目くるめく夜。

バブルの申し子みたいなオンナでした。
それなりに可愛くて、スタイルも良くて、愛想がいいので、
当時は結構モテてたみたいです。

今頃、どうしてるんでしょうね?
玉の輿に乗ったはいいけど、相手の会社が潰れて、離婚とか・・・?
いえいえ、幸せでいてくれることを祈ります。

彼女は、お金で愛が買えると思っていたというより、
「お金=愛」だと信じている人でした。

いかに自分の為にお金を使ってくれるか、いかに高価なプレゼントを
贈ってくれるか、それが彼女の価値であり、愛だと考えているようでした。

そんな彼女の幸せは、もちろん、金持ちのオトコと結婚すること。

彼女は、もっと愛をロマンチックなモノだと思っているオンナを馬鹿にしてました。
「愛だけじゃ食べていけない」
「目に見えない愛なんて信じられない」
いつも、そう、言ってました。

多分、今もいると思います。イベントにかこつけて、
オトコからお金を引き出そうとするオンナや、
お金でオンナを落とそうとしているオトコが。
「お金教」の信者たちが、そこら中にウジャウジャと。

確かにね、結婚ウン十年の日本のオトコが毎日毎日
「おはよう」と「行って来ます」と「ただいま」と「おやすみ」のキスをして、
「今日もキレイだね」とか「君の作る料理は美味しいよ」とか
「君と結婚できて、僕はなんて幸せなんだ」とか、
言ってるわけないって知ってます。

「あなた、お帰りなさい。今日もお仕事ご苦労さま」とか、
笑顔で旦那を迎える妻なんて図は、もはや妄想の中にしか存在しないでしょう。

それでも、ワタシは、「愛=お金」だとは思いたくない。
お金さえあれば幸せだと、どうしても納得できない。

愛なんて、不確定で曖昧なもの、神様と同じくらい信じてないけど、
オンナの幸せは金持ちのオトコと結婚することだなんて、
死んでも認めたくない。

高級レストランでのディナーも、ブランド物のプレゼントも、
一流ホテルの夜も、要らない。

欲しいのは、ワタシを大事に思っているという気持ちであり、
キスやハグなどの態度であり、やさしい愛の言葉。

元手ゼロですよ。お買い得でしょ?

ひきこもりの愛は、安上がり。
でも、キスと言葉はケチらないでね。

今年も残り少なくなってくると、
何となく、センチメンタルな乙女になってしまうのは、なぜだろう?

どこまでも「お金教」とは縁がない、
ひきこもり、万歳。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる