fc2ブログ

優雅で快適な、ひきこもりライフを実現するための20の方法。その8 家でできる仕事をする。アーティスト・クリエイター、販売系。

基本理念として、犯罪に手を染める、という方法と、貧困ビジネスを立ち上げる、という方法は、論外とします。が、今後提案予定の中には、グレーゾーンというか、微妙だろ、というか、人間としてどうよ、っていう方法も出てくるかもしれません。その場合は、ケースバイケースということで、ご了承ください。

ちなみに、適当に考えた方法なので、一つ一つ吟味し、実験し、確認した訳ではなく、
実際に記事の方法を試した結果については、なにも保障できませんので、あしからず。

ひきこもになるもならないも、決めるのは自分。

「この物語はフィクションです。実在する人物、団体、社会とは一切関係ありません。」
とでも書いておくことにしましょうかね。

*************************************

えー、前回に引き続き、在宅ワーク型ひきこもりのご紹介です。
「一体何が違うねん」というご指摘はごもっとも。
もともと一つの記事だったんですけど、長くなってしまったので、区切ったんです。

でも、違いがないわけではないのです。

前回の在宅ワーク(SOHO・アフィリエイト・FX・内職など)が、
既存の社会システムを利用してお金を得ようとするという方法であるのに対して、
今回の在宅ワーク(アーティスト・クリエイター、販売系)の最大の特徴は、
生産者は自分、ということです。

自分で作った・造った・創ったモノを、ネットを介して、消費者個人に直接売る。

これって、何でもないように見えますが、結構重要なポイントなんですよ。

なぜなら、資本社会・消費社会における大多数のビジネスは、中間搾取で成り立っているから。

産業革命って言うと、何かすごいことみたいだけれど、1から10まで個人がチマチマ
作ってたら大量生産できないから、Aの部品を作る工場、Bの部品を作る工場、
Cの部品を作る工場、AとBとCの部品を組み立てる工場を分けました。
その方が効率が上がりましたってだけのことでしょう?

そして、規模が大きくなったので、出来上がった製品を宣伝する人、売り込む人、
会計する人、メンテナンスを請け負う人など、タスクごとに分担しました、って
いうのが企業でしょう?

で、労働力を搾取しまくって、すべてを仕切ってる人が富と権力を独り占めし、
社会を支配し始めましたって、いうのが資本主義であり新自由主義でしょう?

今、何が問題かというと、この資本主義や消費社会が上手く機能しなくなって、
人間らしく、幸せに生きられない人が増えているってことだと思うんです。

だったら、やめればいいじゃないですか。

どこか遠くで大量生産された心のこもっていない品物よりも、生産者の人が誇りを持って
作った品物を選ぶとか。

とにかくお金を使わせようと消費者を煽りまくっている、デパートやスーパーやコンビニで
買い物するよりも、多少送料はかかっても、ネット通販で生産者から直接購入するとか。

現在消費している何割かの購入元を変えるって、そんなに難しいことですか?

まあ同じ予算なら、量販店で買い物するよりも、購入頻度や品数が相当減るでしょうけど。

だいたい、今の日本って、中間搾取や情報操作で喰っている、第三次産業がデカイ顔
しすぎだと思うんですよね。医療や福祉、教育は全然充実してないくせに。

第一次産業および一部の第二次産業の価値をもっと見直した方がいいと思うんですよ。
最低限の生活が保障されて、若い世代が魅力的な職業だと思えるくらいにね。

というわけで、また話が大きく脇道に逸れましたが、自分で生産したモノを
ネット経由で販売することで、生活の糧を稼ぎましょう、という話でした。

オンラインショップ経営型ひきこもり、と名付けておきましょう。
考え方としては、昔の市場や物々交換の仕組みに近いかもしれません。

気になるのは、実際に何を生産するか、ということだと思います。

それにしても日本語って不思議ですよねえ。
「つくる」という音にどの漢字を当てるかで意味が変わるなんて。

農作物を作るでも、酒を造るでも、アクセサリーを創るでも、何でもいいじゃないですか。

その人が、愛情を込めて生産できるものなら、何でも。

生活に密接した、衣食住に関したモノが妥当かなという気はしますが。

別に、ひきこもり志願でなくても、自分なら何を作る・創る・造る人になりたいか、
一度考えてみると、人生ちょっとは面白くなるかもしれませんよ。


今回のまとめ。
ひきこもりになる方法 その8 家でできる仕事をする。アーティスト・クリエイター、販売系。

長所・・・ネットでオンラインショップを立ち上げるのは比較的簡単。
     今後、大量生産・大量消費・大量廃棄のサイクルが崩壊して、
     本当に欲しいモノだけをネットで生産者から直接買うという選択をする人が
     増えれば、将来的に安定収入が見込めるかもしれない。
短所・・・実際に売れる、魅力的なモノを生産できるようになるのは簡単ではなく、
     修行や初期投資が必要な場合も。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる