スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「働き人」の食生活

諸事情で数ヶ月の間「働き人」に戻っていた間、
休止のお知らせも出さずにブログを放置していたのですが、
それでも見捨てずに遊びに来てくださっていた
推定数名のみなさま、本当に有難うございます。

臨時の「働き人」から「ひきこもり」に戻った後、
特にペースを取り戻すのに苦労したのは、食生活です。
なんせ、ほとんど自炊していなかったので。

日常的に外出するようになって改めて感じたんですけど、
世の中、便利すぎるし、誘惑が多すぎます。

家から職場までの間に
スーパーなりコンビニなり弁当屋があれば、
自炊なんてしなくても生きていけるし、
馬鹿らしくてやってられなくなるってもんですよ。

「ひきこもり」のワタシが自炊に目覚めたのは、
ただ単に「外に出たくないから」という理由なので、
それさえクリアできるなら、自炊なんて
一生しなかったかもしれないです。

第一ですね、外で働いていれば、
家に帰って料理するのが面倒くさかったり、
何となく外で食べて帰りたい気分の日があったり
するじゃないですか。
そうすると、なかなか、まとめ買いできないんです。

「ひきこもり」のワタシは、買い物に行くのを
最小限に抑えるために、一か月分のメニューを作って、
必要な食材をリストアップしてましたが、
それって、毎日きちんと料理して食べるっていうのが
大前提なわけです。

一日でもサボったら、その分冷凍したり、
翌日に繰り越したりしなきゃならなくて、
結局すべてがズレてしまうんです。

折角計画を立てたのに、一々変更しなきゃならないなら、
始めから計画なんて立てなくなるってもんです。

自分だけの世界で、誰からも干渉されることなく、
何もかも自分の好きなようにできる。

「ひきこもり」生活って、実は
ものすごく贅沢な環境なのかもしれないと
改めて思った次第です。

ひきこもり、万歳。

ひきこもり、復活

このブログに足を運んでくださる極数名のみなさま、
お久しぶりでございます。
すっかり放置しておりました。

とうとう姥捨て山に登ったのかと思われていたかも
しれませんが、まだ生きています。
ご心配をおかけして申し訳ありません。

ただ、この数ヶ月、やむをえない事情で、
「ひきこもり」ではなくなっていたのであります。

もう二度と「働き人(はたらきびと)」になんか
戻るものかと思っていたのですが、なぜか
戻ってしまっていました。

まあ、人間をウン十年やっていると、
どーしても断れないシガラミの一つや二つ
あるじゃないですか。

「働き人」に戻ったと言っても、24時間拘束されるわけでは
ないんだから、ブログの更新ぐらいできるわ、と思っていた
ワタシが甘かったです。

自分のブログが更新できないばかりか、非常に勉強になっていた
ブロ友さまの記事も、結局ほとんど読めませんでした。

恐るべし「働き人」ライフ。
イロンナ意味で昔働いていた頃よりも数段
パワーアップしていたような気がします。
いやー、ホント無事に戻ってこられてよかったです。

というわけで、以前のようなブログに加えて、
優雅で快適な「ひきこもり」生活を満喫中だったワタシが、
気がつけば「働き人」になってしまっていた間の
「血迷い顛末記」も、ぼちぼち綴ってみたいと思います。

それではまた、テキトーにお付き合いいただければ幸いです。

ひきこもり、万歳。

緑豆もやし(グリーンマッペ)で節約&ダイエット

「もやし料理を使って節約クッキング」
みたいな特集が時々あるけど、「節約」を語るなら、
もやしは買わずに「育てる」というとこまで突っ込もうよ、と
いつも思う。

緑豆もやしばっかり、毎日食べられるように作ったら、
本当に結構「節約&ダイエット」になるよ?

「節約&ダイエット」が目的なら、
緑豆もやしはサラダで食べるよりも
主食(ご飯OR麺類)に混ぜるのがオススメ。

この場合は、カサ増しが目的だから、
塩もみする必要はなくて、食べやすいように
ざく切りにしておくだけ。

ポイントは、緑豆もやしに火を通しすぎないこと。

チャーハンや焼きそば、リゾットやパスタなら、
食べる直前に火を止めてから混ぜればOK。
カレーやどんぶりの場合は、ご飯の上にざく切りにした
「生もやし」を置いてから、ソースや具をかぶせるようにすればいい。
ラーメンなら、それこそ乗せるだけ。

余熱で温めるくらいの方が、シャキシャキ感が楽しめるし、美味しい。

ざく切りにした緑豆もやしを主食に混ぜるって方法は、
サラダとメインを別々に作るのが面倒な夏によくやるんだけど、
何が優れているかって言うと、お米や麺(パスタ)が少しでも
お腹一杯になるってこと。

ワタシは、普段、雑穀入り発芽玄米を一度に2合炊くんだけど、
これを4分の1ずつ分けて冷凍している。

野菜たっぷりのチャーハンやリゾットに
さらに緑豆もやしを加えると、1/2合で十分満足できます。

雨にも負けず、風にも負けない誰かさんは
「一日に玄米4合と味噌と少しの野菜」を食べるらしいけど、
肉体労働をほとんどしない現代人に玄米4合は多すぎです。

パスタの場合も、一人前100gが標準らしいけど、
ざく切り緑豆もやしを混ぜて食べるなら、
一人前50g~75gに減らせます。

お米やパスタを食べる量が少なくなれば、節約になるし、
炭水化物の摂取量が減るということは、ダイエットにもなります。

昔、こんにゃくの粒々をお米に混ぜて炊くっていう
ダイエット食品みたいなのがあったけど、あれみたいなもんです。

自家製の緑豆もやしを使えば、育てる手間はかかるけど、
お金はほとんどかかりません。

まさに一石二鳥。

スプラウトマニアな「ひきこもり」一押しの
「緑豆もやしダイエット」。
流行ればいいな。

ひきこもり、万歳。

緑豆もやし(グリーンマッペ)の食べ方

さて、緑色の皮は取り除くけど、根っこはそのまま
というワタシの緑豆もやし。

基本の食べ方は「生」です。
ローフードとか酵素なんかについて知ってしまうと、
加熱するのがもったいなくなっちゃうんですよね。

「もやし」を「生」で食べるのに抵抗があるという場合は、
一度、塩もみバージョンを試してみてください。

育てた緑豆もやしに塩を振ってワシワシと手でも揉むだけです。
カサが減って、下味が付くので、だいぶ食べやすくなりますよ。

あとはこれを、そのままサラダに混ぜるだけです。

ワタシのお気に入りは、おろしニンニクとごま油を加えた
「生もやしのナムル風」をカイワレスプラウトや
わしゃわしゃ系スプラウト(アルファルファやクローバー)と
一緒に食べること。

緑豆もやしはどちらかと言うと淡白なので、
割とどんな味付けにも馴染みます。

春雨やきゅうりと一緒に中華風サラダにしてもいいし、
切り干し大根やツナと一緒にマヨネーズであえてもいいし、
シャキシャキの「生もやし」はバンバンジーに混ぜても美味しいです。

まあ、早い話が何にでも合うということです。
それぞれお好きなようにお試しください。

ひきこもり、万歳。

緑豆もやし(グリーンマッペ)の育て方


冬の間はどんなに室内を暖かくしていても
大きくならない緑豆もやしが育ち始めました。
つまり、「春」です。

ほぼ一日中暖房を付けている真冬よりも、
暖房を入れない春先の方が室内温度は低いこともあるのに、
一切関係ないらしい。

緑豆の一体どこに「春」を探知するセンサーがついているんだろう
と毎年不思議に思います。

さてさて、何度か書いてきた緑豆のもやし。
グリーンマッペとかムング豆という名前で
呼ばれていることもあります。

スプラウト入門編としてはピッタリだと思うので、
育て方を復習しましょう。

ワタシが育てている一回分はティースプーン3杯分。
(1)ハチミツ1キロが入っていたガラス瓶に水を入れて一晩漬ける。
(2)翌朝水を捨てて、さっと洗って、水を切って瓶に戻す。
(3)夕方水でさっと洗って、水を切って瓶に戻す。
(4)好みの大きさに育つまで数日間、朝と夕方
「さっと洗って、水を切って瓶に戻す」を繰り返す。

簡単でしょ?

海外のスプラウトのサイトを見ていると、
割と早いうち(全長1~2センチくらい)で
緑の皮ごと食べている人が多いようです。

ワタシはもう少し育てます(全長5~10センチくらい)。
緑の皮は食べません。自然に取れていない分は
一つ一つむきます。
食感が、というよりは、消化に悪そうな気がして・・・。

ちなみに、緑豆もやしを育てている人の中には、
皮と根を両方取り除いている人もいるようです。

ワタシはそこまではしません。
根っこがあると確かに食感はよくないかもしれないけれど、
食べられないわけじゃないし。
季節によっては、根っこを取るとほとんど残らなかったり
するんですよね。

皮は取り除くけど、根っこはそのまま、というのが
ワタシのスタイルです。

ご参考までに。

ひきこもり、万歳。

プロフィール

KIKI

Author:KIKI
今、必要なのは、情報に流されず、変化を恐れない「強かさ」と「しなやかさ」。シンプル・ミニマム志向で、消費の縮小と健康の維持に取り組む「ひきこもり」のブログ。(コメントは有難く読ませていただいていますが、現在お返事をする余裕がありません。何卒ご了承ください。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。